大胸筋に厚みが欲しいTシャツが似合う体になるための胸トレメニュー

 

 

悩んでいる人
筋トレを始めたからには男らしい、デカい大胸筋が欲しい!Tシャツが似合うと言われたい!どうしたら大胸筋って厚みが出るの?

 

って疑問に答えます

 

 

 

筋トレをやり始めてから、特にベンチプレスをやっているからには、やはりカッコよくTシャツを着こなしたいですよね?

 

でもなかなか目に見えて発達もしていないと不安になっちゃいます。

そんなあなたに、筋トレ歴2年でベンチプレスのMax重量も100キロを超えてきた僕が、少しアドバイスしたいと思います。

 

 

 

この記事の内容はコレ!

・厚みの不足は大胸筋の上部が発達していないから

・いつも同じトレーニングだと筋肉の反応も弱くなってしまう

・いつも行なっている種目の入れ替え、動作の変化もかなり重要

と言う内容でお送りしていきますので、大胸筋に厚みが欲しい人は、少しお時間をいただきたいです。

大胸筋の厚みが欲しいなら上部を鍛える

Young bodybuilder with muscular arms Free Photo

大胸筋を厚くする種目にベンチプレスがありますがベンチプレスだけだと大胸筋の上部はあまり発達しません。結果的に上部だけが発達せず見た目的にも大胸筋の厚みが目立たなくなります

 

なのでまずは、大胸筋の上部を鍛えるトレーニング種目を加えてやる必要がありますよ

 

上部を鍛えるトレーニングメニューの代表としてインクラインで角度をつけて行うというのが王道ですね。

 

 

大胸筋上部といったらインクラインの種目は必須

 

スミスマシンでもダンベルでも良いのですが、しっかりインクラインで角度をつけ、大胸筋上部を意識してトレーニングを行う、そうすることで大胸筋上部が発達して、見た目にも厚みのある大胸筋に仕上げることができますよ

 

なのでトレーニング的にはベンチプレスで高重量で追い込んだ後(6レップが限界のセットを3セットほど)

インクラインで角度をつけたバーベルベンチプレスか、ダンベルインクラインベンチプレスを、10~15レップができる位の強度で4セットほど行います。

これだけで見た目的にも、だいぶ厚みが出てかっこいい大胸筋を手に入れることが可能になるのでやってみてください

 

大胸筋に厚みが欲しいならトレーニングに変化をつける

gym woman muscles health exercise Free Photo

トレーニングは大胸筋に限らず、いつも同じトレーニングだと、筋肉の反応も弱くなってしまいます

 

例えば、同じ種目だけの筋トレだと、だんだんと筋肉痛が来なくなってきませんか?

 

これは筋肉に効いていないわけではなく、筋肉が刺激に慣れてきていると言うことですね

 

筋肉は新しい刺激に敏感に反応し、今よりもっと大きくなろうとします

 

 

なので同じ種目だけやりこむと言うのは、あまり効率が良いとは言えないと言うことですね

 

 

 

例えば、僕は大胸筋上部のトレーニングは、ベンチプレスの後、同じラックを使用して、ついでにベンチ台でバーベルインクラインをやってますが、たまに変化につけるときは、インクラインをダンベルで行い、しっかり深く収縮を意識したり、ケーブルやフライで収縮のみの日を作るなどしてをメインにしたりして、刺激に慣れないようにしてます。

 

 

 

こうすることによって、筋肉がいつもと同じ刺激に慣れないようになるので、筋トレの効果を最大限にさせていると言うことですね

 

ちなみに、独学ですが、しっかり筋肥大はしています。脂肪も乗りましたけどね

 

大胸筋に厚みをつけるなら種目の入れ替え、動作の変化もかなり重要

Close-up of a man doing workout in gym Free Photo

筋肉の刺激に慣れさせない為にも種目の入替や、インターバルの調整もめちゃくちゃ大事です

 

 

例えば、いつもはプレス系で追い込んでからフライ系をやるって人は、プレス系をやる前にフライ系から始めてみる

 

 

具合的な種目としてはベンチプレスからではなく、バタフライマシンから始めてみるとかですね

 

 

他にもフライ系で、とことん追い込んだり、フライ系しかやらない日を作ってみたりするってのも、筋肉にとってはいい刺激となり、筋肥大も加速するはずですよ

 

 

大胸筋で、言ったら上部と中部、下部とキッチリ分けたトレーニングの日を設けるのもいいですね。

 

 

インクラインしかやらない日とかもいいので、色々工夫して、筋肉を慣れさせないようにしましょう

 

まとめ

Woman with dumbbells lying on bench Free Photo

大胸筋に厚みが欲しいなら、目に見えるくらいしっかり発達するまで大胸筋上部のトレーニングをする必要があります

 

 

他にも種目を入れ替えて、いつもはベンチプレスをメインで行っている人なら、1種目目にインクラインベンチプレスを取り入れてみるとか、バーベルではなくダンベルでインクラインベンチプレスをやってみるとかですね

 

他にもスミスマシンで極限まで追い込むとか、やり方はいろいろあるので、大胸筋に厚みが欲しい人は少し工夫して、3ヶ月程やってみてください

 

何故3ヶ月?と言われそうだけど、目に見えて発達が感じられる期間が3ヶ月位、理由は細胞が全て入り代わる期間が約3ヶ月なので、3ヶ月間きちんとトレーニングをして、栄養を適切に摂取し、休養をしていれば、ふと、鏡を見たときに「アレ?いつもとお胸が違う感じ?」みたいな感じで発達が感じ取ることができますね

 

 

そうすればモチベーションもアップするので、筋トレ自体が楽しくなってきて、大胸筋の厚みも出てきますよ

 

コレで解決したので上記のことを意識して、大胸筋の上部を鍛えてTシャツが似合う体を作っていきましょう

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事