【ダイエット向け】筋トレで太らない食事のタイミングは3つです

ダイエット中の人
太らない食事のタイミングを知りたいな。
できれば太らない食事も知りたい。

このような悩みを解決します。

この記事を書いているボクは30代から筋トレを始めてベンチプレスなら100キロを超えてある程度マッチョの仲間に入れてももらえるかな?くらいです。

一時期は体重90キロ付近でしたが、最近は75キロ代を維持。そんなボクが太らない食事のタイミングについて解説します。

※ネタバレすると太らない食事のタイミングは3つです。

記事を最後まで読むと、ダイエット中でもある程度しっかりとした食事を楽しむことが

可能になりますよ。

 

3分後には、筋トレもダイエットも体作りが楽しくて楽しくて楽しすぎるようになるでしょう。

 

ダイエットにおける太らない食事のタイミングは3つ

 

結論:下記3つのタイミングなら基本的に食べすぎなければ太ることはないでしょう。

 

太らない3つのタイミング

  1. 活動前
  2. 筋トレ前
  3. 筋トレ後

 

解説します。

※実際にこれらのタイミングでの食事は、ちょっと食べすぎたかもと思う量でも全然太りませんでしたので記事にしました。

 

タイミングその1:活動前

 

活動前の食事なら食べても太りません。

エネルギーとして消費されるからです。脂肪として蓄えられる前に食べたエネルギーをサクっと消費しちゃいましょう。

 

普通に働いている方であれば、出勤前の朝食がそれにあたります。

つまり朝食はある程度しっかりとした食事をしてもOK。

活度前の朝は、太らない食事のタイミングと言えるでしょう。

 

例外あり

ちなみに活動前と言っても、全然体を使わないであろうデスクワークなら食べすぎは太りますし、痩せません。

ボクの仕事は体は使いません、バイク通勤が重なると1日の歩数にしたら1000歩ほど。

運動量が少ない場合は、いくら活動前の食事で太らないタイミングといっても太ります。

 

自分の活動量に合わせて食べる量を計算するようにしましょう。

自分の活動量とPFCバランスについてはPFCバランスの計算方法を実例を交えて解説【これで10キロ痩せました】で解説しています。

 

タイミングその2:筋トレ前

 

筋トレ前の食事は太らないタイミング。

食べた分は筋トレ時のエネルギーになるので太らないでしょう。

 

先日、ボクはダイエット中に空腹が我慢できなくなり、カップ焼きそばを2個食べましたが太るどころか痩せました。

 

筋トレ前の食事のタイミングは、エネルギーとして消費されるだけでなく、筋トレの強度も維持できるので太らないタイミングとしてはバッチリですよ。

 

注意点

筋トレ前に食事をするなら

  • 軽食なら1時間前
  • ガッツリ食事なら2時間前

を目安にしましょう。

 

消化不良の原因になり、集中力の低下を招きます。

高重量のウエイトトレーニングでの集中力の低下は思わぬ怪我につながる場合も。

筋トレ前に食事をするなら、消化の時間を必ず設けるようにしましょう。

筋トレは食後何時間あけるの理想?2時間が最適な理由【実践しました】

 

タイミングその3:筋トレ後

 

筋トレ後の食事はタイミングしては無敵。いわゆるゴールデンタイムと言われているやつです。

筋トレ後はタンパク質と炭水化物をしっかりと摂りつつ、筋肉の回復を促しましょう。

 

ちなみに時間は関係ないです。

30分以内に栄養を補給しないと、ゴールデンタイムを逃してしまうのではないかと思いがちですがそこまで気にしなくてもいいですよ。

筋トレ後は代謝が高い状態が48時間〜72時間続くと言われています。

 

アフターバーン効果というやつです→筋トレ後にお腹がすくのはアフターバーン効果【正しく出来た証拠です】

 

つまりゴールデンタイムではなく、アフターバーン効果の範囲内で、しっかりと栄養を補給しておけばOK。

30分という時間にこだわることなく、しっかりと栄養を補給して、筋肉を維持。代謝の高い体を目指していきましょう。

 

ダイエットはタイミングもだけど内容も重要【炭水化物は必須】

 

なぜなら、タイミングはばっちりだとしても、食事の質が悪ければ脂肪として蓄えられるからです。

 

質の悪い食事はカロリー範囲内でも太る

 

たとえば、基礎代謝が1800キロカロリーの場合。

脂質が多いジャンクフードと、脂質が低いクリーンな食事ならジャンクフードの方が太りやすい食事です。

 

カロリーの範囲内なら太らない思いがちだけど、食事の内容が悪いと脂肪になりやすいという結果が。

同じカロリーでもこんな違う!太る食事、痩せる食事(外部サイトに飛びます)

 

脂質を多く摂っているような食事では、いくらカロリー範囲内でも痩せることはないですし、逆に太ります。

 

ダイエットをしているなら食事のタイミングは重要だけれども、食事の内容はもっと重要だと言えるでしょう。

筋トレの全ては食事で決まる!おすすめ食材19選【失敗は人生のムダ】

 

炭水化物は太るから食べないは間違い【不要な栄養素はありません】

 

炭水化物は太るから食べない←よく聞く話です。

とはいえ、炭水化物は筋肉にとっては必要な栄養素。食べすぎなければ太ることはないですよ。

 

逆に炭水化物は、脂肪を燃やす燃料の役割を果たすので積極的に摂るべき。

脂質もそうですが、摂りすぎは太りますが適量は必要です。

 

言ってしまえば、不要な栄養素はないと言えるでしょう。

 

炭水化物を抜いたら失敗した話【リバウンド】

 

炭水化物は太るから食べない←これで、ボクも失敗しました。

痩せたものの見た目が萎んんだだけ。

体重計の数値は落ちたけど、筋肉も落ちたので体全体的にヒンソな見た目になりました。

 

これって求めている体型じゃないですよね。

炭水化物を抜くとエネルギーが枯渇して、タンパク質を分解しエネルギーを作り出します。

タンパク質を分解=筋肉を分解です。

 

大事なのは見た目

炭水化物を拭いたダイエットは筋肉を失うので基礎代謝が下がり、痩せにくく太りやすい体に。

体重の数値が落ちてもリバウンド間違いなしです。

 

繰り返しますが、炭水化物を食べないダイエットはリバウンドをします。

筋肉を維持するためにも、炭水化物をしっかりと摂る食事をしながらダイエットを継続していきましょう。

体重が落ちなくて凹んでいるなら体重計なんて捨てちまえ!筋トレしているのに体重が減らない?体重計を捨てましょう←割とマジ

 

【ダイエットの基本】太らない食事はタイミングと質

 

ダイエットの基本である食事のタイミングは

活動前

筋トレ前

筋トレ後

の3つです。

 

とはいえ、カロリー範囲内だとしても質の悪いジャンクな食事は脂肪として蓄えられるので太ります。

 

太らない食事をするにはタイミングも重要ですが必要な栄養素を摂りつつ、食べすぎないこと。

 

炭水化物も脂質も必要な栄養素なので適量を摂りながらダイエットを乗り越えていきましょう。

※残念ながら筋トレもダイエットも近道はないので、コツコツやっていくしかなさそうです。

ボクも40歳手前ですが今日も筋トレダイエットを継続していきますね、頑張りましょう♪( ´▽`)

 

このブログ【マダソウ】では日々、筋トレやダイエットに関しての情報を発信しています。

あれ?あのブログ更新されているかな?と思ったら【マダソウ】と検索してみてください。きっとあなたの役に立つであろう情報が更新されているはずです。

今後ともよろしくお願いします。

人気記事
マッスルデリとモアザンデリを比較【どっちも美味いけど決め手はコレ】

【自己流で成果は出ていますか?】パーソナルトレーニングが絶対に必要な理由

今のやりかたで結果が出ていますか?

  • ダイエットをしているけど思うように体重が減らない
  • ジムで筋トレをしているけどなかなか筋肉がつかない
  • 家で自重トレをしているけどもっと効率よく筋肉をつけたい

上記のような悩みを持っているならパーソナルトレーニングを受けることで全て解決します。

ほとんどの方は自己流のトレーニングやダイエットだと遠回りになってしまいがち。

下記ではパーソナルトレーニングが必要な理由を解説しています。結果が出ていない方はぜひ参考にしてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事