【ダイエットに甘栗】置き換えダイエットも可能|スルスル痩せる
ダイエット中、甘いものが食べたい。ケーキは太るしなにかいいおやつはないかな?

 

甘栗むいちゃいましたでOKです。

 

なぜなら甘栗は炭水化物で脂質も少ないです。

太りにくく、筋肉にも必要なので筋トレしつつダイエットをしている人には最適と言えるでしょう。

 

すいません、テンションが上がりすぎました。

筋トレ&ダイエット歴6年になります。

10キロほど痩せたりバルクアップしたりを繰り返しています。

そんな背景を持つボクが甘栗むいちゃいました、ではなく甘栗の素晴らしさについて解説します。

甘栗に置き換えも可能なのでぜひ最後までよんでください。

 

ダイエットに甘栗がやばい【理由を解説】

干し芋以外の筋トレにむいている食材

 

甘栗には以下の特徴があります。

  • 糖質
  • GI値が低い
  • 脂質が低い
  • 手軽に食べれる

 

ダイエットを成功させるにはこれらの条件が必須でして甘栗は全て満たしています。つまりダイエットには甘栗が最高といえるでしょう。

ダイエットには炭水化物は必須です

 

ダイエットに炭水化物?太らない?

太りません、逆にダイエットには炭水化物が必要不可欠です。

なぜなら炭水化物は筋肉を動かすエネルギーだからです。

筋トレに炭水化物が重要な理由【ダイエット中でも太りませんよ】

 

筋肉なんていらない?

筋肉を失うと代謝が落ちて、太りやすく痩せにくい体一直線。

ダイエット中はカロリーも少なくなるので筋肉を失いがちです。

最低限の炭水化物を摂取しつつ、ダイエットをしてことで大事な筋肉を失うことなくダイエットもうまくいくでしょう。

リバウンドを防止するためにもダイエットには炭水化物は必須です。

 

ダイエットに甘栗が優れている理由【カリウム&タンニン&ビタミンC】

 

甘栗の栄養成分はこんな感じです。

エネルギー水分たんぱく質脂質炭水化物灰分飽和脂肪酸不飽和脂肪酸コレステロール食物繊維
164kcal58.8g2.8g0.5g36.9g1.0g0.09g0.30g04.2g
ビタミン
カロテンEKB1B2ナイアシンB6葉酸パントテン酸C
37μg0.3mg1μg0.21mg0.07mg1.0mg0.27mg74μg1.04mg33mg
無機質
ナトリウムカリウムカルシウムマグネシウムリン
1mg420mg23mg40mg70mg0.8mg

 

カリウムが豊富

甘栗には豊富にカリウムは含まれています。

カリウムはむくみを解消してくれる嬉しいダイエットの味方。

筋トレも食事も頑張っているのに、むくみのせいで体重が減らないとなるとダイエットのモチベーションもガタ落ちです。

むくみは脂肪減少には関係ないですが、ダイエット継続のモチベーションには重要です。

甘栗にはむくみ解消のカリウムが豊富なのでダイエットには最適と言えるでしょう。

 

甘栗にはタンニンとビタミンCが含まれている

タンニンはポリフェノールの一種で

タンニンの効果
  • ガンの予防
  • 老化の防止
  • 強い抗酸化作用

に効果があります。

 

他にもビタミンCが含まれています

ビタミンCの効果
  • コラーゲンの生成
  • 身体を酸化から守る
  • 白血球の免疫力を高める
  • 精神的なストレス緩和
  • 外的なストレスに耐える力

    甘栗にはダイエット以外にも多くの美容効果があるので食材としてもかなり優秀です。

     

    コンビニには1年中ありますし、100円均一にも甘栗が置いてあります。

    ちなみに甘栗は保存も可能なのでAmazonで大量に購入してストックをしておくと、小腹が空いた時なんかは重宝しますよ。

    食べすぎないように注意しましょう。

    ※ダイエットには筋肉が重要、なるべく筋肉が落ちない範囲でうまく甘栗を補給しましょう。いつでもそばに甘栗をどうぞ。

     

     

    甘栗を上手に使ってダイエットを成功させましょう。

    甘栗をダイエットに使うときの注意点

    太らずに甘栗を食べる方法を紹介します。

     

    1. 食事の最後に食べる
    2. 1日の摂取量を把握する
    3. あくまでも間食、食べすぎない

     

    最後に食べる

     

    甘栗を食べるなら最後に食べましょう。

    具体的にはタンパク質を補給した後に甘栗を食べる感じでして、食事の炭水化物を甘栗で補うイメージです。

    食前でもいいのですが、食前だと食べすぎますし、吸収速度が早まります。

    よって脂肪になりやすいので太る可能性も。

    甘栗を食べるなら必要なタンパク質やミネラルを補給した最後に炭水化物として利用すると太りません。

     

    1日の摂取量を把握する

     

    1日の糖質摂取量を把握してカロリーオーバーにならないようにしましょう。

    ダイエットが進むであろう、数値内なら甘栗を食べたとしても問題ありません。

     

    1日の摂取カロリーが1500キロカロリーの場合

    炭水化物は約900キロカロリー

    900キロカロリーの白米=茶碗で6杯分

    当然白米以外でも炭水化物が含まれているので、正確ではないですが、甘栗を100グラム食べても糖質量が40グラムほどなので、数値ないなら太ることもないでしょう。

    太らない数値は下記の記事を参考にしてください。

    バルクアップに必要な炭水化物量と食事例【筋肉だけを増やす食材も紹介】

     

    ダイエットが進むであろう数値の計算方法は下記の記事で紹介しています。

    PFCバランスの計算方法を実例を交えて解説【これで10キロ痩せました】

    あくまでも間食、食べすぎない

     

    なんでもですが食べすぎないようにしましょう。

    とはいえ、人間おいしいものは止まらなくなりますよね。

     

    食べ過ぎる解決策

    1日の量を決めましょう。

    ボクはカバンに甘栗むいちゃいましたを1パックを忍ばせるとと決めて間食で食べていました。

    もちろん途中のコンビニで買うのもNG。

    美味しいものはついつい食べすぎてしまうという方は分量を決めておきましょう。1パックごとがおすすめです。

     

    甘栗に置き換えも可能?

     

    炭水化物なのでうまく甘栗を利用すれば置き換えも可能。

     

    先ほども解説した通りでして、1日の摂取カロリー範囲なら太りませんし、置き換えも可能です。

    夜ご飯の炭水化物を甘栗に置き換えてもスルスル痩せるでしょう。

     

    とはいえ痩せすぎは危険です、最近ボクも置き換えダイエットで失敗しました。笑ってください。

    夜ご飯をプロテインのみにしたら1週間で−1.5キロ【痩すぎたのでやめた】

     

    まとめ:甘栗を上手に利用して理想の体型をゲット!

    ということで今回は以上です。

     

    甘栗は主に炭水化物ですがダイエットの筋肉維持には炭水化物は必須です。

    筋肉を失うと痩せたとしてもリバウンドをしてしまうでしょう。

    まとめるとこんな感じです。

     

    甘栗がダイエットに向いている理由

    GI値が低い

    脂質が低い

    カリウム豊富でむくみ知らず

    タンニンの強い抗菌作用

    ビタミンCの免疫力アップ

     

    甘栗、素晴らしいですね。

     

    とはいえ食べ過ぎると太りますが、食材として甘栗はかなり優秀。

    ご飯の置き換えとしても可能なので、自分でできる範囲でうまく利用してダイエットを効率よく、快適に進めていきましょう。

     

    この記事では甘栗以外にもダイエット中に食べられるお菓子も紹介しています。どれも食べすぎなければ太りませんし、タイミング次第では痩せることも可能です。

    ぜひ下記の記事もご覧ください。

    筋トレ中でも食べられるお菓子の基準は一つだけ【我慢しなくてOK】

     

    このブログ【マダソウ】では日々、筋トレやダイエットに関しての情報を発信しています。

    ブログコンセプトは走らず痩せるです。

    正しいダイエットの始め方【まだ痩せるために必死に走ってるの?】

    あれ?あのブログ更新されているかな?と思ったら【マダソウ】と検索してみてください。きっとあなたの役に立つであろう情報が更新されているはずです。

    今後ともよろしくお願いします。

     

    【自己流で成果は出ていますか?】パーソナルトレーニングが絶対に必要な理由

    今のやりかたで結果が出ていますか?

    • ダイエットをしているけど思うように体重が減らない
    • ジムで筋トレをしているけどなかなか筋肉がつかない
    • 家で自重トレをしているけどもっと効率よく筋肉をつけたい

    上記のような悩みを持っているならパーソナルトレーニングを受けることで全て解決します。

    ほとんどの方は自己流のトレーニングやダイエットだと遠回りになってしまいがち。

    下記ではパーソナルトレーニングが必要な理由を解説しています。結果が出ていない方はぜひ参考にしてください。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事