干し芋が筋トレにむいている理由

ダイエット中はお腹がへりますよね。しょうがないですけど、どうにかしたい。ボクもつねに食べ物であたまがいっぱい。みんなそんなもんです、はい。

バルクアップで干し芋がいい理由は?

ダイエット中になんで干し芋?糖質でしょ?

バルクアップ中干し芋を食べるタイミングは?

こんな悩みを解決します。

 

お菓子は脂質が多いし太るのでNG。でもお腹は減るし食べたい、葛藤。そんな時は干し芋がおすすめ。

なぜ?炭水化物でしょう?

 

干し芋は炭水化物でもGI値が低いので脂肪になりにくいからです。

 

この記事では、

  1. 干し芋が筋肥大に向いている理由
  2. 干し芋がダイエットに向いている理由
  3. 干し芋を食べるタイミング

を、筋トレ歴6年週5でホームトレーニングをしている38歳が解説。

 

記事を最後まで読むと、ボディメイクに成功できる可能性がグッと上がります。2分で読めて、問題解決。いってみましょう。

干し芋がバルクアップに向いている理由【炭水化物だから】

干し芋とは

干し芋とは、サツマイモを蒸して乾燥させた食品。

最初にも話しましたが、干し芋は炭水化物で栄養成分はこんな感じです。

干し芋100gあたりの栄養成分です。(日本食品標準成分表2010より)

カロリー303kcalビタミンB0.08mgカルシウム53mg
水分22.2g葉酸13μgマグネシウム45mg
たんぱく質3.1gナイアシン1.6mgリン93mg
炭水化物71.9gパントテン酸1.35mg2.1mg
食物繊維5.9gビタミンC9mg亜鉛0.5mg
ビタミンE1.3mgナトリウム18mg0.3mg
ビタミンB10.19mgカリウム980mgマンガン0.4mg

日本食品標準成分表2010より

 

炭水化物がバルクアップを加速させる

 

干し芋が筋肥大に向いている理由、それは炭水化物(糖質)だからです。

筋肉に貯蔵されているグルコースが筋肉を動かします。炭水化物がなくなるとハードに筋トレができないのです。

 

筋肉にはタンパク質を運んでくれる糖質が必要。

タンパク質を摂ってもインスリンが放出されないと細胞に運ばれないのです。インスリンを放出するには糖質が必要。

タンパク質を補給したら、糖質も一緒にどうぞ、筋肉が発達しますよ。

 

干し芋はキン肉マンの味方。炭水化物は筋肥大に必須です。

バルクアップに必要な炭水化物量と食事例【筋肉だけを増やす食材も紹介】

手軽に持ち運べていつでも食べられる

     

    干し芋がバルクアップに向いている理由、いつでも食べられるです。

    筋肉ではつねに合成と分解が繰り返されており、いかに合成に傾けるかが重要。腹が減ったら即食べよう、これ鉄則です。

     

    おにぎりなどもいいですが、夏場はやばいですし、カバンの奥でぐちゃっとなる可能性が。

    干し芋ならさっと取り出せ、手も汚さずに筋肉に炭水化物を届けられます。

    ということで、干し芋はいつでも食べられてバルクアップに最適といえるでしょう。

    干し芋がダイエットに向いている5つの理由

    筋トレをしているなら干し芋をおすすめするメリットを6つ紹介

    干し芋はダイエットにも最適、理由は5つ。

    1. GI値が低い
    2. 精神的に楽
    3. 腹持ちがいい
    4. 食べた感満足感
    5. 持ち運びに便利

     

    順に解説をしていきます。

    干し芋はGI値が低い

     

    GI値とは、

    GIとは食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。

    GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。

    https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/glycemic-index/

    干し芋はGI値が低いです。

     

    GI値が低いと血糖値の上昇が緩やかなので、必然的にインスリンの分泌も緩やか。

    GI値が高い白米などは食後に眠くなりがちです。血糖値が急降下したときに起こる症状それが眠気です。

    筋パパ
    血糖値の上昇が緩やかだと眠くなりません

    脂肪になりにくい

     

    GI値が低くインスリンの分泌が緩やかだとインスリンの感受性も低くなります。

    栄養がいちどににたくさん運ばれないので余ることがない、つまり脂肪になりにくいという訳。

     

    干し芋は筋肉を動かす糖質ですが、GI値が低く、脂肪になりにくいので、ダイエットをしている人には最適です。

    満足感が得られる

     

    干し芋はほんのり甘く美味しい。特にダイエット中はほんとに最高です。

    干し芋は水分が飛んで凝縮しているため、噛み応えもあるのもいい。

     

    干し芋は甘く、うますぎて満足感でいっぱいです。

    干し芋にはカリウムが豊富に含まれている

     

    ダイエットをしていると体重の増減でモチベーションが左右されがち。

    干し芋はカリウムが豊富なのでむくみが取れます。

     

    カリウムで余計な水分が排出されるため、むくみが取れてすっきりし体重も減って、ダイエットのモチベーションもぐんと上がります。

    ぼくも半年以上ダイエットをしていたので、モチベーションの大事さは痛いほどよくわかります。

    食べていないし筋トレも頑張ったのに体重が増えてる。そんな朝はほんと最悪ですよね。

    干し芋を食べてダイエットに励みましょう。

     

    食べた感と満足感

     

    ダイエット中はつねに腹減り状態。

    甘いものを食べようものなら世の中で一番うまいんじゃない?と錯覚してしまうほど。

    多分ダイエットをしている人の特権。ダイエットをしていない人には味わえない幸福感。

    話が逸れました。干し芋は甘みと密度がギュッと凝縮。食べた時の「食べた感」と食べた後の満足感がやばいです。

     

    ダイエット中は小さな幸福感が重要。失敗するか成功できるかの分かれ道といっても過言ではないです。

    干し芋で満足感を得て、ダイエットを成功させましょう。

     

    和菓子もおすすめです、脂質がなく食べすぎなければ太ることもないですよ。

    筋トレ後に和菓子を食べない!?それ、筋肥大のチャンスを逃してますよ

    干し芋を食べるタイミング【筋トレ前がおすすめ】

    干し芋と他の芋との比較

    干し芋と他の芋の比較です。

    干し芋サツマイモ(生)焼き芋ふかし芋
    カロリー300キロカロリー132131163
    水分22.266.166.458.1
    タンパク質3.11.21.21.4
    脂質0.20.20.20.2
    炭水化物71.931.531.239

    食物繊維

    5.92.33.83.5

     

    干し芋は乾燥し、凝縮されているのでカロリーが高め。そのぶん栄養価も高いです。

     

    炭水化物が多いので食べるタイミングが重要。

    ということで、干し芋を食べるタイミングは筋トレ前がおすすめです。

    筋トレ前のエネルギーの補給は大事。GI値が低い炭水化物は筋肉のエネルギーとなるので重要です。

     

    バルクアップ中ならいつでもOK

     

    とにかくおなかがすいたら食べましょう。

     

    バルクアップ中は常にエネルギー過多な状態を作っておくのが大事で、少しのカタボリックも防ぎたいところ。

    カタボリックについてはカタボリックとアナボリックを制する者はボディメイクを制する!をご覧ください

    筋パパ
    バルクアップ中はおなかがすいたら食べる

    カバンに常備が鉄則。重要です。

     

    ダイエット中はカロリーに注意

     

    干し芋は少ない量でもカロリーが高め。

    焼き芋などに比べると2倍以上のカロリーがあります

    一日に食べる量を計算して、決まった量を少しずつ食べるようにしましょう。

     

    PFCの計算方法は除脂肪体重と基礎代謝の求め方【PFCバランスの計算方法と減量の仕方】で解説しています。

     

    余談

    筋トレ歴4年が干し芋を作ってみた【簡単】です。

    市販の干し芋はちょっと値段が高めです。自分で作ってみるのもいいですよ。

    筋パパ
    めちゃ簡単です

     

     

    ザックリ言えば

    干し芋を作る手順
    1. 皮をむいて切る
    2. ラップでくるむ
    3. レンジで3分加熱
    4. 干す

      簡単ですよね。

      レンジで加熱する時は「ちょっとしっとりしすぎでは?」くらいでOK。乾燥したらちょうどよくなりますよ。

       

      小さく切りすぎると、乾燥でさらに小さくなるので、ちょっと大きめに。干し過ぎはカリンコリンになってしまうので注意しましょう。食べられなくはないですが。

       

      簡単に作れるので時間がある人はチャレンジしてみましょう。ジップロックに入れてカバンに常備。

      まとめ:干し芋はボディメイクに最適

       

      ということで今回は以上です。

       

      干し芋は

      • GI値が低い
      • 筋肉のエネルギー
      • 脂質が低く脂肪になりにくい
      • 減量にもバルクアップにも最適

       

      筋トレ前や間食に最適なので取り入れてみてください。

       

      干し芋も手軽でいいですがさつまいももおすすめです。

      ちなみに最近はまたさつまいもダイエットをしています。スルスル体重が落ちますよ。下記の記事を参考にしてください。

      さつまいもが筋トレダイエットに最適な理由【脂肪を落として筋肉維持】

       

      人気記事

      マッスルデリとモアザンデリを比較【どっちも美味いけど決め手はコレ】

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事