可変式ダンベル

可変式ダンベルのメリットデメリット【筋トレガチ勢は絶対おススメ】

ダンベル買うなら絶対可変式!

これから家で筋トレを始めるという人が、まず最初に頭に思い浮かぶのはダンベルを使ったトレーニングですよね?私もそうでした。

 

この時買うダンベルって筋トレなどの知識もないので、とりあえず思い浮かぶダンベルって事で、重量が決まっているプレートが付いてあるダンベルだと思います。

 

しかし、このダンベルだと後々の事を考えると、かなり損をしてしまいますし、プレートの着脱がでめんどくさくなり、結果的に筋トレを辞めてしまう恐れがあります。

 

せっかく筋トレを始めようと思ったのに、途中で辞めてしまうのは非常にもったいない!

と、いう事でそうならない為にも、初めに買うなら可変式ダンベルを買った方がいいという理由をあげてみます

 

可変式ダンベルじゃないと家トレが続かない理由

 

筋トレをして、筋肉を肥大させるには効果的に筋肉に刺激を与える為にも高重量を、扱うのが一般的ですよね、もちろん回数と重量も大事です。この記事に詳しく書いていますよジム初心者【入会しただけで満足しているあなたに真実を伝える】

ジムに行ける人は、さっさとジムに行った方がいいのは言うまでもないのですが、そうではない人はパワーラックを買ったり、ダンベルを買ったりしないと、自重だと思った成果をなかなか上げることが難しい

 

筋トレをある程度やっている人なら、最初からパワーラックを購入してガンガンBIG3をやればいいのですが、筋トレをこれから始める初心者はまずはダンベルを購入すると思います

 

で、おきまりのダンベルといえば10キロとか20キロ、片手で最大15キロとかのダンベルを買ってしまうんですよね。この時、重量の決まったダンベルを購入してしまうと必ず失敗します。

 

 

トレーニングメニューが限られる

筋トレをやるぞ!と張り切っている人が、ダンベルを買うとまず行うのが上腕二頭筋のトレーニング、いわゆる力こぶのトレーニングです

 

片手10キロのダンベルだと、初心者の時は毎回筋肉痛になるくらいのトレーニングができますが、徐々に物足りなくなってきちゃうんですよね

 

しかも、筋トレって腕だけではないですよね?

 

他にも10キロでできるトレーニングといえば、肩のトレーニングがあります。しかし、これも数ヶ月もすれば重量が軽くなってしまい、筋肉に刺激を与えることは難しくなってしまいます。

 

結果的に10キロのダンベルで行うトレーニングは、腕や肩のトレーニングしかできないと言うことですね

 

重量が決まっている

重量が決まっているので、大きな筋肉を鍛えようと思っても、なかなか筋肉に刺激を与えることはできません。

 

女性でも片手10キロとかのダンベルだとすぐに慣れてしまいますし、大きな筋肉(背中や足)は鍛えるのが難しくなってしまいますね

 

可変式ダンベルとじゃないと筋トレを辞めてしまうかも?

普通のダンベルはとにかくプレートの交換が面倒

 

私も筋トレを始めようとして、最初に購入したのは片手で15キロのダンベルでした。

 

始めは楽しくて、マッチョを夢見てせっせとトレーニングをしていたのですが、ある理由で「今日のトレーニングなんかめんどくさ~」と思うようになってしまいました。

 

その面倒になった理由がプレートの交換です

 

片手で15キロのダンベルのトレーニングでも、最初は筋肉も元気なので、回数もこなすことができます。

が、セット数を重ねる毎に回数ができなくなり、重量を下げて行わなければ出来なくなってきます

 

この時のプレートの交換がめっちゃくそめんどいんですよ!

いちいちプレートの落下防止を外して、プレートの交換。

トレーニングが、終わって次のトレーニングを行うときも、またプレートの交換からスタート

 

こんなめんどい事をやっているうちにだんだんと筋トレの意欲もなくなってしまい、最終的には別にマッチョじゃなくても・・・となってしまって、ダンベルは完全放置となってしまいました

可変式ダンベルでオススメする商品

そこでオススメなのが可変式のダンベルです。

 

可変式というのは、ダイアルを回すだけでサクッと重量を変えることができる、ダンベルのことです。

 

ジムだとスペースもあるので、ズラーっとダンベルを並べることができます

 

が、家だとそうもいきませんよね?

なので、限られたスペースに置けて、ダイアルを回すだけで重量が変わるってめっちゃ便利です

 

可変式ダンベルのメリット

可変式ダンベルのメリットを3つお伝えします

ザックリ言えばこんな感じです

  • 重量変更が簡単
  • 省スペース
  • トレーニング幅が広い

です

 

順番に解説します

一瞬で重量を変えることができる

可変式ダンベルの一番のメリットは一瞬で重さを変える事ができるです

これはやってみればめっちゃ便利ですよ

 

プレートを交換する作業がないので、インターバルのときも、次のトレーニングに集中できるようになります

マジでおすすめです

省スペース

可変式ダンベルはおき場所に困りません

なぜならプレートが何枚もないからです

 

プレートのダンベルだとプレートの置き場所だったり、重さごとのダンベルが必要になりますが、可変式のダンベルだとたった2つのダンベルを置くスペースさえあればOKです。

 

あちこちにプレートやダンベルが、散乱しなくなるので私のようなマンション住まいでも、かなりいいですよ

トレーニングの幅が広がる

可変式ダンベルはトレーニングの幅が広がります

 

決まった重量だと初心者の時はいいのですが、慣れてくると絶対物足りなくなってきますし、トレーニングの幅が限られてしまいます。

 

しかし可変式のダンベルで、片手で30キロもあれば、かなりの部位を鍛えることができるようになります。女性ならダンベルでのデッドリフトもいいですし、ベンチを購入すれば大胸筋も鍛える事ができるようになります。

 

さらに肩や、腕も30キロもあれば1年以上は満足できるトレーニングが可能です。これって本当に経済的でおすすめ

 

可変式ダンベルを家でやるならBIG3

筋トレBIG3

可変式ダンベルを家でやるならBIG3がおススメです

 

BIG3とは

  • ベンチプレス
  • スクワット
  • デットリフト

のことです

 

え?BIG3ってジムでしかできなくない?

 

と思いがちですが家でもBIG3は出来ますし

初心者でも簡単にできます

 

BIG3はほぼ全身を鍛える事が可能なので時間がない人や筋トレ初心者には最適です

詳しいやり方がわからない人は筋トレBIG3のみで爆速で理想の体型へ!自重や家でのやり方保存版で解説しています

 

家でもしっかり筋トレをして理想の体を手に入れましょう

まとめ

いかがでしたか?

でも、まだ初心者だし」とか「いきなりこんな重量を扱えないし」などと思うかもしれませんが、始めだからこそ、初心者だからこそ、軽い重量から始めることができて、置き場所にも困らない可変式ダンベルを是非使って筋トレをしてください。

 

筋トレをやり始めてから1番ダメなのが辞めてしまう事です。

 

そうならない為には面倒なことが最初からなるべくない方がいいです。プレートの交換という面倒な作業がなく、1度購入してしまえば何年も使う事ができ、しかもダンベルを置く場所がめっちゃ省スペース可変式のダンベルを初めから購入するのが、筋トレを長く行う事ができる最大の秘訣ですね

 

「どうせ筋トレなんてやっても続かないんだから、ダンベルを買うだけ無駄無駄!」と言われているそこのあなた!今年こそはまわりの人がびっくりするような、肉体を手に入れてみませんか?子供にも、恋人にも、奥さんにも、旦那にも、見直される事間違いなしなので、是非ダンベルを使って筋トレをしてみてはいかがでしょうか

 

では

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事