エアロバイク1時間の消費カロリーと脂肪燃焼効果を高める3つの秘策

 

例のウイルスに感染&濃厚接触者家族により隔離生活がはじまりました。

とはいえ、具合の悪くない若者にとって室内への監禁は地獄です。

 

ということでエアロバイクを購入して毎日1時間ほど快適に汗を流しています。

 

この記事では

・エアロバイクで1時間漕いだ場合の消費カロリー

・エアロバイクの消費カロリーは嘘くさいけど?

・エアロバイクで効率よく消費カロリーを上げて痩せるコツ

 

を筋トレ歴7年のコロナ感染者が紹介します。

 

これからエアロバイクを漕いでダイエットをしようと考えている人はぜひ最後まで読んで効率よくダイエットをしていきましょう。

 

エアロバイクを1時間漕いだ消費カロリー【室内で320kcalの消費は神】

 

 

エアロバイクでYouTubeを見ながら50分ほど漕いだ消費カロリーは330kcalほどでした。

 

消費カロリーとしては多いのか少ないのか意見は別れるかもしれませんが、室内で快適に運動をした結果なら最高だと思います。

 

息切れなしで汗がじっとり程度

 

エアロバイクを50分漕いだといってもヒーヒーではなく、息切れなんてしない程度です。

汗もダクダクというわけじゃなく、じっとりという感じ。

 

息切れしない程度でゆっくりと漕ぐのがエアロバイクを漕いで脂肪を燃焼するコツと言えるでしょう。

 

エアロバイクの消費カロリーは嘘くさい【計算方法】

 

今回は1時間程度、正確には50分ほどで320kcalを消費したとメーターがおしえてくれました。

 

しかし、エアロバイクの消費カロリーは多く出てしまい、嘘くさいとネットではまことしやかに囁かれています。

 

エアロバイクの消費カロリーが嘘くさい人はやってみよう

消費カロリー=1.05×メッツ×時間×体重

 

エアロバイクで消費したカロリーが計算できます。

メーターが信用出来ず嘘くさいと感じたら、自分で計算してみるのもいいでしょう。

 

メッツとは?

メッツ / METs(めっつ)

運動強度の単位で、安静時を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示したもの。

メッツとは運動や身体活動の強度の単位です。

安静時(静かに座っている状態)を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示します。

歩く・軽い筋トレをする・掃除機をかける・洗車する・子どもと遊ぶなどは3メッツ程度、やや速歩・ゴルフ(ラウンド)・通勤で自転車に乗る・階段をゆっくり上るなどは4メッツ程度、ゆっくりとしたジョギングなどは6メッツ、エアロビクスなどは7メッツ、ランニング・クロールで泳ぐ・重い荷物を運搬するなどは8メッツ程度といったように、様々な活動の強度が明らかになっています。

 

メッツは人によって変わる?

 

メッツ=運動強度によって消費カロリーは変わりますが、感じ方も人それぞれ。

たとえば3で苦しいと感じるひともいれば5でも苦しくないと感じるひとも。

メッツという運動強度はあくまでも指数であり目安です。

 

苦しいとか楽とかは人によって感じ方が違うのでこれまた正しい消費カロリーを導き出すのは難しいといえるでしょう。

 

ファットバーンゾーンを目安にエアロバイク

 

エアロバイクの消費カロリーの数字は嘘くさいし、信用できない。

ということで、痩せるためにエアロバイクを漕ぐのであれば消費カロリーではなく、痩せるのに最適な心拍数を維持しつつ漕ぐのがいいでしょう。

 

ファットバーンゾーンとは

脂肪燃焼が効率的に行われるであろう「最大心拍数×40〜60%」範囲のことです。

これ以上の脈拍で行う有酸素運動は無酸素運動の位置付けになってしまい、効率よく脂肪を燃焼することができなくなってしまいます。

逆に低すぎる脈拍は脂肪が燃えるのに時間がかかり不効率に。

 

ダイエットに最適な「最大心拍数×40〜60%」のファットバーンゾーン内でエアロバイクを漕いで効率よく脂肪を燃焼していきましょう。

 

心拍数の計測方法と心拍数が測れるエアロバイク【DMASUN】

 

ファットバーン内で運動を継続し、脂肪燃焼効果を最大にするべく心拍数の計測方法を紹介します。

(220-年齢)×0.7~0.85

※体力に自信のない方

(220-年齢)×0.55~0.65

 

計算が面倒な人は

https://online.konamisportsclub.jp/page/ksc/aboutaerobike/about_aerobike.html

でも簡単に計算ができるので活用してみてください。

 

ちなみに今回ボクが購入したエアロバイクであるDMASUNのスピンバイクはジムに置いてある物と同様に心拍数の計測が可能です。

ハンドルを握るだけで、脂肪燃焼効果が最大になるファットバーン内で運動が出来ているのかどうかが一眼で確認できるので買ってよかったです。

 

 

5000円オフクーポンありです。安く購入できるチャンスなのでこの機会にぜひ検討してみてください。

 

エアロバイクの消費カロリーを増やす(痩せる)3つのコツ

 

エアロバイクで消費カロリーを稼ぎつつ、効率よく痩せるには以下の3つのコツが大事です。

効率よく痩せる3つのコツ

・適切な負荷で

・筋トレも併用

・食事制限は必須

 

適切な負荷で

 

エアロバイクをなるべく多くの時間、漕ぐことで脂肪燃焼効果を高められるでしょう。

そのためには適切な負荷で長時間の稼働がおすすめ。

 

高すぎる負荷は無酸素運動となり、筋トレの領域になります。

逆に軽すぎる負荷では目的の消費カロリーに到達する前にだらけてしまう可能性もあるでしょう。

 

負荷は大きすぎず、少なすぎずの適度な負荷がおすすめです。

単純にエアロバイクを30分漕ぐよりも、1時間漕ぐ方が脂肪燃焼化効果も2倍になります。

1回のエアロバイクで消費カロリーを増やして効率よくダイエットをしていきましょう。

 

筋トレも併用

 

エアロバイクで消費カロリーを稼ぎ、効率よく痩せるには筋トレも併用しましょう。

なぜなら筋トレをすることで糖質が使われ、エアロバイクでは効率よく脂肪が燃焼されるから。

 

順番としては

  1. 筋トレ
  2. エアロバイク

の順番でより、効率よく脂肪を燃焼させることが可能になります。

 

有酸素運動と無酸素運動の、どちらを先に行えば良いのでしょう。
一般的には、「脂肪燃焼を目指すなら、『筋トレ→有酸素運動』の順番が良い」と言われています。
では、どうして筋トレを最初に行うと、脂肪燃焼に効果的なのでしょう。それは、筋トレを行うと、体内で大量の「成長ホルモン」が分泌されるから。

この成長ホルモンは、子どもの体内では背を伸ばすという役割を担いますが、大人の体では筋肉や骨、皮膚を強くするという働きがあります。

もし、有酸素運動の後に筋トレをした場合、有酸素運動ですでにエネルギーを使い果たしてしまっているかもしれず、そうなると、瞬発的に大量のエネルギーを必要とする筋トレで、十分なパフォーマンスを発揮することができません。

筋トレでしっかり負荷をかけることができなければ、筋肉を強化したり、基礎代謝を上げたりすることは難しくなってしまいます。
そのため、「脂肪燃焼には『筋トレ→有酸素運動』という順番が効果的」と言えるのです。

 

器具を使わずできるおすすめの筋トレとしてはスクワット。

 

脂肪燃焼効果だけではなく

  1. 筋力の向上
  2. 基礎体力の向上
  3. 基礎代謝の向上

と言う多くの素晴らしい効果が望めるのがスクワットです。

 

複雑なやり方も特にないので、自宅の筋トレで何をしたらいいのかわからないと言う人はぜひスクワットをしてみてください。

【痩せたい人向け】効果の高いスクワットは3種類のみ|器具不要です

 

ガッツリ筋トレをしたい人にはこちら→ホームジムのおすすめはハーフラック一択【床の強度問題も解決】

自宅でできるエアロバイクなので、自宅でできる筋トレグッズを揃えると引きこもりつついい体を維持できて最高です。

 

食事制限は必須

 

効率よく痩せるには、食事制限は必須です。

それは体重の増減は

「消費カロリー>摂取カロリー=痩せる」

だからです。

※逆に「消費カロリー<摂取カロリー=太る」です。

 

つまり消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らすことで大きなダイエット効果を得られるということ。

 

せっせとエアロバイクを漕いだとしてもケーキなどを食べてしまっては、エアロバイクを漕いだ時間は無駄となってしまうかもしれません。

 

ダイエットは消費カロリーと摂取カロリーの差分の積み重ねです。

エアロバイクだけでも痩せることは可能ですが、効率よく痩せるには食事制限は必須といえるでしょう。

 

エアロバイクを上手に活用して理想の体型を

 

まとめです。

1時間のエアロバイクで消費するカロリーは300kcal前後

エアロバイクは消費カロリーよりもファットバーンゾーンを

効率よく体脂肪を燃やすには筋トレと食事制限は必須

 

エアロバイクは室内で快適に有酸素運動ができる優れもの。

こんなご時世だからこそ上手に活用して

  1. 体力の向上
  2. 運動不足の解消
  3. ストレスの発散

 

をしながらダイエットに取り組んで理想の体を目指していきましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク