ダイエットを継続させる秘訣【日々の変化を確実に実感できる計測方法】

ダイエットを継続させる秘訣【日々の変化を確実に実感できる計測方法】ダイエットを継続する秘訣

 

体脂肪を減らす唯一の方法は収支カロリーをマイナスにする事でしか体脂肪を減らす事は出来ません。

ネットなどを見ると1週間で!

とか、

飲むだけで!などと色々ありますが、そんなんは全てウソですからね

 

体脂肪を減らすには毎日毎日食べる事を我慢しないといけないという空腹との戦いなわけですが、ダイエットをした事がない人からすればめちゃくちゃ辛いですよね?

なので今回はめちゃくちゃ辛いダイエットだけどある方法でモチベーションを最大限に引き上げてダイエットを継続させる方法をお伝えします

 

この記事を見て欲しい人

・ダイエットに取り組んでいるけど体の変化が目に見えないので挫折しそう人

・辛いダイエットを乗り越える為のモチベーションアップの方法を知りたい人

・ダイエット中、体重が増えているとめちゃくちゃテンションが下がる人

です、では行ってみましょう

 

 

ダイエットも3ヶ月目に入り順調に8キロ程落ちましたが長期休暇の為、実家に帰省したら体重が1週間で4キロも増えてしまったブロゴリラです、こんにちは。

 

 

4キロ増えたといってもほとんどはむくみでしたので、いつものダイエット食と日々の筋トレをしていたら1週間で3キロは落ちました。

 

しか~し、1キロはしっかり脂肪として蓄えられてましたね

 

 

それでもダイエットをして体脂肪を減らす方法を知ってさえいれば、体脂肪が増えたとしても全然怖くないですが、そんな僕もやはり毎日の体重の変化はダイエットをする上でモチベーションには深く関係してきます。

 

 

 

特に筋トレを頑張った日の翌日や、食事を節制した翌日なんかに体重が増えていたりしたらメチャクチャがっかりしますもんね。

いくら1日で体脂肪が増えたり減ったりしないとわかっていても流石にへこみます。

 

 

そんな時僕は、体重計の数値で見るのではなく違う所を計測してダイエットのモチベーションを保っています。

 

 

 

そのある場所を計測すれば毎回と言っていいほど脂肪が薄くなってきているのがわかるのでめちゃくちゃテンションが上がるんですね。

それは腕の脂肪指の脂肪といった末端の部分の脂肪の薄さを計測するって事ですね、詳しく説明をしていきます

 

 

ダイエットを継続する体脂肪を減らす方法

ダイエットを継続する秘訣

体脂肪を減らすには日々の摂取カロリーをマイナスにするしか方法はありません。

 

 

そして脂肪は全身均一に徐々に落ちていくものなので巷でよく言われている部分痩せというものは存在しません

 

例えば、腕の筋トレをしたからといって腕が細くはなりませんし、腹筋をしたからと言って、脂肪が薄くなりウエストが細くなる事はありません

詳しくは部分痩せは嘘できない【引き締め効果揉んで脂肪燃焼ありえませんよ】で解説しています

 

ダイエットの正しいやり方

ダイエットの正しいやり方

置き換えダイエットや部分痩せ、引き締め効果のある筋トレなどどれも都市伝説です。

 

 

唯一効果があるダイエット法はカロリー収支を常にマイナスにする事。

 

その中でもさらに大事になってくるのが摂取するカロリーの

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖質

 

の内容となります。

 

俗にいうPFCバランスってヤツですね!

 

 

せっかくダイエットをするのであれば正しく、健康的に、しかもリバウンドも無しで成功させたいですよね?

 

 

詳しい計算方法はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください

除脂肪で痩せる【PFCバランスの計算方法と減量の仕方】

 

 

ダイエットを継続させる秘訣

ダイエットを継続する秘訣

ダイエットは常に空腹との戦いなので、僕のように食べる事が大好きな人からすればかなり辛いです。

 

 

お腹いっぱい満足するまで毎食食べていると1日1キロは増やせる自信がありますもん、僕は

 

そんな人からすればダイエットは本当に過酷です。

 

 

そんな中でのダイエットなので脂肪の減り具合というものはダイエットのモチベーション維持の為にもめちゃくちゃ大事なんですが、体重計の数値が増えていたりすれば本当にへこむんですよね。

 

 

1日単位の体重の変化なんて脂肪量ではない事は頭ではわかっているけど、日々空腹との戦いの最中に体重の増加って結構辛いんです。

 

 

そんな時は体重計での数値ではなく、目に見える部分の脂肪量の減少でモチベーションを保つ事をお勧めします。

 

 

しかし中には僕のように

「脂肪がつきすぎていて腹筋の溝すらまだ見えてこないんだよっ!」

「ブヨブヨしすぎて毎回計測している値がかわるんだ!」

って人もいるはず、

 

そんな人は見た目だけでは脂肪が減っているかすらわからないんですよね。

 

そんな人が体重計での体重も減っておらず見た目の変化もわからない、そんな時はどうすればいいのか

 

脂肪の減少が実感できる計測場所

見た目にも変化がわかりにくいほど脂肪の量がある人は体のメカニズムである脂肪の蓄積を逆手にとって計測すればいいです。

 

 

体脂肪は体の中心部に多く蓄積され、体の中心部から離れれば離れるほど体脂肪の量は減っていきます。

 

なので腹筋があるおなか周りの脂肪というのはかなりダイエットも進んで最期の方まで残るってことになります。

 

なのである程度脂肪のある人はなかなか腹筋が割れてこないんですよ~

 

 

 

それだとモチベーションが上がらない!そんな人は腹筋の体幹部の脂肪量を図るのではなく、末端部分の脂肪量を計測します。

 

例えば指の脂肪の薄さを測ったり、腕の脂肪量を測ったりすればいいって事ですね。

僕の場合、腕のホクロの部分に合わせて測っています。そうすれば毎回同じ部分を計測できるのでおススメですよ

やってみればわかると思いますがダイエットをしている人であれば、例え腹筋の見た目にも変化が無くても、腕の脂肪の厚さは目に見えて薄くなっていくのが分かりますよ!

 

 

僕も腕の脂肪の厚さを計測し始めた時は3ミリでしたが、1週間後には2.5ミリ、さらにその1週間後には2ミリになっていましたからね。

 

 

こんな風に体重の変化は微々たるもので、腹筋の脂肪量ではダイエットが進んでいるか進んでいないのか微妙ですが、腕の脂肪の厚さを計測する事で日々のダイエットが順調に進んでいる事が実感できますので是非やってみてください

 

 

ダイエットを継続する秘訣まとめ

以上でまとめます

 

体脂肪を減らす方法はたった1つしかありません

 

 

その方法とはカロリー収支をマイナスにする事です

 

そのマイナス分の差のカロリー分だけの日々の積み重ねで体脂肪は落ちていくんですね

 

 

体脂肪を減らすには唯一の方法なのですが、長期間継続して日々の摂取カロリーをマイナスにしないといけない為ほとんどの人が途中で挫折してしまいます。

 

 

理由は色々ありますが、1番のポイントはやはり結果が目に見えない事です

 

 

結果が目に見えて伴っていれば辛いダイエットも頑張れますが、辛いのに結果がついてこないってなると日々のモチベーションも継続できなくなってしまいます。

 

そりゃ、そうですよね?

 

昨日あんなに頑張って筋トレをしたのに翌日の体重が増えていたり、食べたい物をあれほど我慢したのに翌日の体重が減ってなかったりしたら本当にがっかりします。

 

 

そんな時は体重で一喜一憂するのではなく末端の脂肪を計測してダイエットのモチベーションを保ちましょう。

 

 

体脂肪は全身均一に徐々に落ちていくものなので、もともと脂肪が薄い腕や指などの脂肪量を計測すれば日々のダイエットの効果を十分に感じる事ができますよ。

 

是非参考にしてみてくださいね

では

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事