初めての船釣りでの持ち物おすすめグッズを実体験した僕がご紹介

初めての船釣りでの持ち物おすすめグッズを実体験した僕がご紹介

初めての船釣り 持ち物

 

船釣りに行きたいけど釣具のほかに何を持っていけばいいの?なるべく無駄なものは持って行きたくないし。

あったら便利なものや注意点なども知りたいです。

 

上記のような悩みを持ったまま、先日僕も船釣りデビューをしました。

 

と、言っても釣りをしない人や興味が無い方にとっては「それで?」「ふーん。で?」って感じかもしれないけど、釣りが好きでも船釣りの時の持ち物などを知らなくてあと一歩踏み出せないって人もいます。いますよね?

 

そんなあなたにみてもらいたい記事です

 

僕の釣り経験はと言いますと、小学生の頃からやっていましたが船釣りは未経験

 

一緒に行った人から竿やら仕掛けやらを借りて行ってきたものの、必要な装備や持っていけば便利な物って実際自分で船釣りに行ってみないとわからないことが多いです。

 

なので今回は船釣り初心者の僕が実際に行ってみて持っていけばよかったものや心構え、コレは便利だったというものを説明しますね。

 

船酔い対策もお教えしますよ。

 

 

初めての船釣りでの持ち物【前日の準備】

初めての船釣り 持ち物

 

船釣りの前日はなるべく早く寝て、体調を整えておくようにします。

他にも気をつける事はアルコールの飲み過ぎ。二日酔いなどはもってのほかですよ。

 

というのも体調を整えておかないと、船釣りにおいて最も恐ろしい船酔いの原因になるからなんですね。

実際僕も軽い気持ちで前日の睡眠時間は5時間程、しかも酒も飲んでいて当日の朝は少し酒が残ってるかな?くらいの状態でした。

 

そんな僕は実際どうだったかって?気になるところですよね。

 

準備を怠った僕はひどい船酔いとまではいかないものの、乗った直後から少し気持ち悪いかも。といった感覚でした。

乗船中はエサをつけたり、根掛かりして仕掛けを作り直している時は下を向いているのでかなり気持ち悪くなりましたね。

 

なので、船釣り前日は体調を万全に整えて乗船する事をつよーくおすすめします。

酔い止めはコレがおすすめらしいです。次行く時は僕も飲んでいこっと


【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

 

 

船酔い2つの初期症状

 

船酔いはいきなりマックスで具合が悪くなるわけではなく、初期症状があります。

初期症状がでてから対処をしておけばひどくならないで済むので下記症状が出たら素早く対処しましょう。

 

眠くないのにあくびが出る

船酔いの初期症状としてまず初めにあくびが出始めます。実際に僕も乗船直後から生あくびが出始めました。

 

へんなゲップが出始める

お腹が膨れているわけでも、炭酸モノを飲んでいるわけでもないのになんとなく胃が気持ち悪くなりゲップが出始めます。

以上の事が起き始めたら船酔いの初期症状なのでしっかり対策しましょう。

 

このサイトで裏技も紹介されていますので参考にしてみては?

https://naosuke-ship.com/seasick/#11

 

 

 

初めての船釣りでの最低限の持ち物

初めての船釣り 持ち物

船釣りにおいて絶対コレは無くてはならない!というものを紹介します。

 

 

忘れると釣りどころではなくなるので気をつけましょう

 

釣具

釣りに行っているのに釣具がない。

 

もう船に乗る以前の問題です。

 

防寒具

自然をなめてはいけません。

 

特に冬場の海はヤバイという事を肝に命じておきましょう。

 

 

暑けれない脱げばいいけど寒いのは我慢も無理っす。

 

釣りどころではなく終了です。

防寒対策は万全でいきましょう。

 

朝食、昼食、飲み物

腹が減っては戦はできません。

釣りは戦ではないけど、空腹は避けたいです。

 

 

特に僕のように筋トレをして、ボディメイクをしている人にとってはたんぱく質不足は筋肉のカタボリズムを引き起こします。

 

 

空腹、喉の渇きは厳禁ですのでしっかり準備をして乗船しましょう。

 

 

たんぱく質不足が招く美容にも最悪な3つの恐ろしい弊害

 

クーラーボックス

釣った魚を持ってくるときに必須です。

 

その場で食べる人なら話は別ですがそんな人いませんよね?いる?

 

 

ビニール袋に入れて持ってくるのも衛生上よろしくないし、鮮度も落ちてしまいますのでクーラーボックスは必須です

 


シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 26L フリーガ ベイシス 260UZ-026N 釣り用 ピュアホワイト

 

初めての船釣りあったら便利グッズ

初めての船釣り 持ち物

ここからは実際船釣りに行った僕が、今度行くならコレ持って行こ!と思ったグッズや持って行ってよかったと思ったグッズを紹介します

 

道具ボックス

今回の初めての船釣りでは大きめのビニール袋にテッシュボックスやコンビニで購入したランチなどをとりあえず全部ブッこむスタイルでしたが、やはり取り出す時、ゴミとかと混ざっちゃって大変でした。

 

 

運よく風も穏やかでしたのでビニール袋でも飛んで行くことはなかったけど、次行く時はどうなるかわかりませんのでしっかり対策していきます。

 

 

使い古したリュックでもいいかなと思いましたがちゃんとした釣り用の物もあるのでこれを機に購入します。


バッカン バケツ 水汲み 折りたたみ iTakt大容量 コンパクト メッシュカバー付き【40cm 25L/45cm 30L 1年間製品保証】 (濃い青 45cm 30l)

 

ビニール袋

ゴミ袋にしたり、持ち帰る時に魚をビニール袋に入れてからクーラーボックスに入れたり(こうすると魚のヌルヌルがあまり付着せず、クーラーボックスの洗浄が楽)何かと使う機会が多いのでビニール袋は複数枚あると便利です。

 

タオル、ウエス

エサをつけた後軽く手を洗った時に拭いたり、魚を触った後に拭いたりと色々使う場面が多いので綺麗に越したことは無いですが、そこまで綺麗ではなくてもいいので雑巾的なタオルをこれまた複数枚持っていけば便利ですよ。


高儀 白ウエス 約1kg

 

ウエットティッシュ

ウエットティッシュは必須ではないけどあれば便利です。

 

 

というのも僕はあんまり気にしないほうですが、さすがにゆで卵を食べる時はウエットティッシュが欲しい!と思いました。

 

 

「お前そんな時にゆで卵なんて食うなよ」って感じだけど買っちゃったものはしょーがない。

 

次はウエットティッシュを、持って行くか、ゆで卵を買わないか、どちらかにします。

 

 

でもあった方が便利だと言うことは間違いないですね。

 

ラジオペンチ

魚を釣った時に使うのであった方が安全です。

 

 

というのも、魚のハリを外す時不意に魚が暴れたりします。

 

 

そんな時はハリをラジオペンチでつかんで外すようにすると魚が暴れても手にハリが刺さらないので安全です。

 

先が曲がっているやつがおすすめ。百均で売ってます

 

キッチンはさみ

エサを切ったり、魚のヒレやトゲなど危険な箇所を切ったり、活きシメをする時に魚のエラを切ったりするのに便利でしたので100均などで購入しておきましょう。これも百均で売ってます。

 

日焼け止め

コレはマジでビビりましたよ。

 

 

僕が行ったのは2月の後半でしたが、船から降りて、家に着くまでにはすでに顔がピリピリ!

 

 

そうなんすよ、日焼けしてました。しかも結構な日焼けです。「酒飲んでるの?」って聞かれるほど顔が赤くなってましたね。


ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ ポンプ 140g

 

 

冬の海でも紫外線はあるので肌が弱い人は日焼け対策をして乗船するのがいいでしょう。

 

 

僕は肌が弱いので

エニタイムタンニング強さ【なめてたら大やけどした話と対処法】

 

帽子、耳あて

帽子と耳あては今回着けて行かなかったのですが、あった方が紫外線も防げるし寒さも防げるし、ないよりはあった方がいいです。

 

 

外出する時、帽子をかぶる習慣がない僕は乗船してから「あ、帽子あった方がいいかも」と思いました。

 

 

と、いうのも周りを見ると全員帽子やらフードやらをかぶっていました。

 

 

 

やはり必須かもしれません

 

ざぶとん的なもの

釣りをする時は座っていないですが、移動する時は基本的に座っています。

 

 

どういう所に座っているかというと、普通の船の通路みたいな所に座ってるだけなので「クッション性があった方がイイ」「冷たいのはイヤ!」って人は座るモノを持って行った方がいいでしょう。

 

 

タオルでもいいので先ほど説明をしたタオルを多めに持っていき、お尻の下に敷くのもいいです

濡れたくなければビニールで養生すれば濡れませんよ。

 

 

初めての船釣りまとめ

初めての船釣り 持ち物

釣りは釣れればもちろん楽しいですが、例え釣れなくても釣りに行く行為自体が楽しいものです。

 

 

自然に触れあい、仲間と触れ合うのも大事ですからね。

 

そんな時に準備を怠り寒かったり、腹減ったり、船酔いしたりなどのトラブルがあるとせっかくの船釣りが今後二度と行きたくないトラウマになっちゃいます。

 

 

そうならない為にもこの記事を参考にしてぜひ楽しい船釣りに行ってきてくださいね

では

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事