ダイエット中お酒がやめられない【炭水化物つまみに2ヶ月で6キロ減】

お酒好きのダイエッター
痩せたいけどお酒がやめられない。
お酒をやめずに痩せる方法はないだろうか?

このように悩んでいる方向けです。

 

お酒をやめなくても2ヶ月ちょっとで6キロほどのダイエットができました。

そんな背景を持つボクがお酒をやめられない方に向けて記事を書きます。

 

実際に5つのルールさえ守っているとダイエット中だろうがお酒をやめなくても痩せますよ。

記事の後半では、太らないおつまみを紹介します。

※注意 おつまみといっても枝豆やするめなどではありません。正真正銘太らないお菓子を紹介します。

ハイボールもビールもマジうまし。

3分で読めます。お酒もボディメイクも両方楽しみたい方はぜひ最後まで読んでください。

ダイエット中でもお酒をやめられない【太らない5つのルール】

 

ダイエット中でも太らないお酒の飲み方を紹介します。

※実際にお酒を飲みながら痩せた、自分に課した5つのルールです。

 

ダイエットしているけど、お酒をやめられないという方はぜひ参考にどうぞ。

参考

お酒のカロリー

1g:7キロカロリー

 

蒸留酒にする【基本です】

 

ダイエット中は糖質の少ない蒸留酒にしましょう。

蒸留酒とは

蒸留酒(じょうりゅうしゅ)とは、醸造酒を蒸留して作った酒である。スピリッツ(spirits)とも呼ばれる。酒を製造方法で、醸造酒・蒸留酒・混成酒に分類したときのひとつ。
醸造酒を蒸留器で加熱すると、沸点の低いエタノールが水よりも盛んに気化してくる。この蒸気を集めて冷却することで液体に戻すと、元の醸造酒よりもエタノールが濃縮されているため、アルコール度数の高い酒になる。これが蒸留酒であり、気化せずに残った液体は蒸留残液と呼ばれる。

 

つらつら書いてありますが、蒸留酒を簡単に言えば糖質がほぼないお酒です。

ダイエット中にお酒をやめられないならせめて糖質が入っていない蒸留酒をどうぞ。

 

糖質0の缶チューハイの種類も豊富になりましたが、ボクはもっぱらハイボールです。

ハイボールは太らないお酒の一つと言えるでしょう。

【筋トレ】ハイボールならOKの理由|ほぼアル中でも筋肥大した実体験

 

血中アルコール度数を下げながら飲む

 

アルコールを薄めながら飲みましょう。

具体的にはお酒を飲みながら、お水を飲んだり、炭酸水を飲んだりすればOKです。

 

ハイボールを飲みながらの炭酸水は、もうどっちがお酒かわからなくなってくるのもおすすめポイント。

血中アルコールを薄めながら飲むと、二日酔いの防止にもなります。

二日酔いにならないので、翌日もしっかりと筋トレができ、飲んだ分のカロリーを消費できるでしょう。

太らずに、痩せますね。

 

〆の〇〇を買い置きしない

 

ダイエットは常に空腹状態です。

そんなお酒で脳が麻痺している状態の目の前に、カップ麺や残飯があれば絶対に絶対に絶対に食べちゃいます。

〆のカップ麺は買い置きせずに、家族の残したご飯もサッサと片付けましょう。

 

箸を片付けるのもおすすめ

経験上、テーブルにいつまでも食べ物があるとついつい箸が伸びてしまいます。

食べ過ぎ防止のために見える範囲に食べ物をおかないようにし、箸を片してしまいましょう。

〆の〇〇はダイエットを確実に妨げます。

お酒で脳が麻痺し、翌日に後悔しないようにしましょう。

 

飲む分のお酒だけを買ってくる

 

鉄則です。

多分ですが、「お酒をやめられない=お酒が好き=ある分だけ飲んじゃう」←ではないでしょうか?

 

ということでボクは、飲むならその日に飲み切る分のお酒しか買わないようにしています。

業務用のペットボトルも見境なく永遠と飲み続けることになるので厳禁です。

コンビニが近くにある人は特に気をつけましょう。

 

痩せるおつまみを食べながら飲む

 

タンパク質が多いつまみ、脂質が少ないつまみ、がおすすめです。

とはいえ、そんなのは誰でも知ってますよね。

ダイエット中にハイボールと唐揚げを『ハイカラ』と言って、楽しんでいるダイエッターはいないでしょう。

 

太らない炭水化物をおつまみに

ということで、そんなありきたりなお酒のおつまみではなく、脂質が少ない炭水化物をお酒のあてにどうぞ。

ダイエット中でも炭水化物は必要ですし、ちょっとでも炭水化物を食べることで、ドカ食いも予防できます。

太らない炭水化物のおつまみはおすすめです。

ダイエット中でもお菓子を食べたいなら柿の種【太らないお菓子】

 

痩せるためには炭水化物、必須ですよ。

筋トレに炭水化物が重要な理由【ダイエット中でも太りませんよ】

 

とはいえダイエット中はお酒を飲まない方がスルスル痩せる

ここからは、できたらやってみようかなくらいの人にみて欲しい内容です。

お酒を死ぬまでやめないんだ、という人は読み飛ばしてもらってOK。

 

というのもお酒を飲んでも痩せますが、お酒をやめるともっと短期間で痩せることができたからです。

 

3週間ちょっとで2、1キロも痩せた

 

上記の写真のとおりです。

お酒を飲みながらだと2ヶ月で6キロ減でしたが、お酒をやめたところ3週間で2キロほども痩せました。

 

繰り返しますが、お酒を飲んでもダイエットは可能。ですが、お酒をやめたらもっと脂肪の燃焼スピードが加速しますよ。

※多分3倍くらい早いスピードで痩せられます。

 

ダイエットは筋肉を削ります

つまり、ダイエットの期間を短くすればするほど筋肉の減少率も下がり、筋肉を残せます。

見た目も圧倒的に変わりますよ。

なるべくダイエット期間を短くしたいならお酒をやめるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

 

お酒を飲んで食欲が暴走するならお酒をやめよう【体験談】

 

お酒は脳のリミッターを振り切り、簡単に理性を失います。

今日のお酒は3本と決めていたけど、どうでもよくなってしまい翌日に後悔するって結構なあるあるじゃないですか。

 

お酒を飲んでも酔う手前で自尊心が働くなら素晴らしいです。

しかし酔っ払い、脳のリミッターが振り切れてしまうような人(ボクです)は、最初からお酒を飲まない方がいいですよ。

翌日に後悔するくらいなら、きっぱりとお酒をやめるのも視野に入れつつダイエットをしていきましょう。

 

断酒した方法【期間限定でもOK】

 

最後にボクが断酒をした方法を紹介します。

よし俺もやってみようかな、と思った方はぜひチャレンジしてみてください。

 

鉄の意思←割と本気

空腹を作らない←炭酸水でいける

習慣を見直す←日曜日の夕方=お酒を飲むをやめる

ストレスをつくらない←嫌なことがあっても酒に逃げない

 

巷に溢れている禁酒の本では「お酒を自分の意思でやめるのは難しい」とありますが、ぶっちゃけ自分の意思でやめるしかないです。

自分の意思すらなければお酒をやめるのは難しいでしょう。

 

断酒を決意した瞬間

ちなみにボクが断酒しようと思ったきっかけはダサくね?でした。

仕事終わりで休みの前日、ドンキでお酒をカゴに入れているおっさんの行列に自分も混ざっていたのです。

その瞬間「あぁ、なにやってんだろ、なんかダサいな」という感じで、お酒はやめてもいいかなと思いました。

 

お酒をやめるのは自由ですしもちろん強要もしませんが、やめた方が圧倒的スピードで痩せますよ。

ダイエットを早期終了させると、食べたいものが食べられる日も早まるでしょう。

 

まとめ:お酒を飲んでも痩せるけど食生活が重要

 

ダイエットをしているけどお酒はやめなくても痩せますよ。

守でべきは5つのルールです。

5つのルール

  1. 蒸留酒にする
  2. アルコールを薄めながら
  3. 〆の〇〇を買い置きしない
  4. 飲む分のお酒しか買わない
  5. 痩せるおつまみを食べながら

 

上記の5つのルールを守ったボクは、2ヶ月で6キロほど痩せました。

とはいえダイエット中でも痩せますが、お酒は体にとって毒でしかありません。

将来的な面から見てもお酒をやめられるならやめて、理想の体を目指していきましょう。

 

ダイエットはカロリー制限

ぶっちゃけダイエットは簡単でして、カロリー制限さえできていればお酒を飲もうが痩せます。

カロリー計算が面倒なら、モアザンデリをどうぞ。栄養管理士さんが考案したお弁当を自宅でレンチンのみで食べられますよ。

そしてお酒を飲みつつ痩せるというチートです。

マッスルデリとモアザンデリを比較【どっちも美味いけど決め手はコレ】

お酒をやめるとダイエットが加速して、みるみるうちに体脂肪が少なくなるのがわかりますよ。

 

ということで今回は以上です。

 

このブログ【マダソウ】では日々、筋トレやダイエットに関しての情報を発信しています。

あれ?あのブログ更新されているかな?と思ったら【マダソウ】と検索してみてください。きっとあなたの役に立つであろう情報が更新されているはずです。

今後ともよろしくお願いします。

人気記事

筋トレの全ては食事で決まる!おすすめ食材19選【失敗は人生のムダ】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事