【ジムを辞めたい】6年通って辞めた|趣味程度の筋トレなら問題なし
ジムを辞めようかな。24時間ジムで好きな時間に通えるけど、時間がもったいないしお金ももったいない。どんな筋トレ器具があればジムを辞めても大丈夫かな
筋トレは続けたいけどジムを辞めようかと悩んでいる人へ
本記事の内容
ジムを辞めても筋トレは継続するべきです
趣味程度の筋トレならジムを辞めても大丈夫
こんな人はジムを辞めてもOK【継続するべき人も】
実感したホームジムのデメリットを解説
コロナの影響もありジムを辞めようか悩みました。
24時間ジムのエニタイムに6年通ったけど辞めて正解。今では家で、週5回の筋トレで超満足しています。器具の順番待ちも、ベンチプレスのインターバルも関係ないのでホームジムは最高です。

ジムを辞めるとサブスクでの支払いがなくなるのでお金に余裕ができますし、ジムに通う時間がなくなり、その分家族や大事な人との時間は増えるでしょう。

記事を最後まで読むと、自分はジムを辞めるべきかどうかの悩みをズバッと解決できます。ぜひジックリと最後までごらんください。

※かんたんに読めるようにサクッとまとめました。

 

ジムをやめたい【大前提として筋トレは継続すべき】

ジムは辞めてもいいけど、大前提として筋トレは続けよう。

たしかに幽霊ジム会員で会費がもったいないなら今すぐ辞めるべき。でも筋トレなどの運動は継続しましょう。

ジムを辞めても運動は継続しましょう

ジムを辞めたい【大前提として筋トレは継続すべき】

ジムを辞めて運動はどのくらい継続するべき?結論、死ぬまでです。

時間は有限だからこそ筋トレを続けましょう。

たとえば、運動習慣がなくなって好きなものを好きなだけ食べると当然太ります。太ると、生活習慣病のリスクが増え、体重が重くなって関節にも負担がかかります。

不摂生がたたっての入院や通院こそ、人生の無駄ではないでしょうか?持病ならともかく、最悪は歩けなくなったりもしますよね。

ジムを辞めてもいいですが筋トレは継続するべき。

時間は有限だからこそ今ある時間を有効に、そして無駄にしないためにも筋トレは生涯、継続していきましょう。

もちろん僕も生涯筋トレを続けていくつもりです。

家に器具さえあればジムなんて不要です

これらの器具さえあればいつでもジムを辞めてもOKです。

  • 可変式ダンベル
  • アジャストベンチ
  • チンニングスタンド

マジでこれらの器具さえあれば、ベンチプレス100kgレベルならいつでもジムを辞めてもいいでしょう。

ちなみに僕もジムを辞める前は「ジムを辞めたいけど、筋肉衰えたらどうしよう」と、かなり悩んでおり、ビビって2ヶ月間エニタイムを休会しましたが結局辞めました。

これらの筋トレ器具を揃えても、5万円程度で済みます。

ジムを辞めて家で筋トレを続けているためにも、最低限これらの筋トレ器具は用意してから辞めましょう。

筋トレ器具のレビューは 【初心者からガチ勢まで満足】実際に使っている自宅の筋トレ器具10選に書いてあります。

ジムを辞めても大丈夫かな?【趣味程度の筋トレなら今すぐ決断しましょう】

結論
趣味程度ならジムを辞めても問題ないです

筋トレが習慣化していると、筋肉がなくなるのは恐怖でしかないです。僕もジムを辞める前は辞めて大丈夫かな?筋肉が衰えないかな?と怖かったです。

とはいえ、今ではホームジムで満足できる筋トレをしており、待ち時間も移動時間も言ってしまえば着替える時間もなしで自由に筋トレができている状態。

筋トレが趣味程度ならジムを辞めても問題ないです。

大前提:お金がないからジムを辞める=運動をしないではない

「え?毎月のジム費用が払えないなら辞めるべきでしょう」でも、お金がないからジムを辞めるのはおすすめしません。というかこのご時世、毎月7千円ほども捻出できない人いますか?(いたらすいません)多分ほとんどの人がお金垂れ流しの生活をしているはず。

 

コンビニでの買い物が多いとか、いまだに大手キャリアの高額な通信費を払い続けているとか。

そういった無駄があるのにもかかわらず、お金がないことを理由にジムに通えなくなったというのはもったいないし絶対にちがうと思います。

 

本当はお金があるはずなのに、お金がないという理由の人は多少無理をして自分に鞭をうってジム費用を捻出しましょう。

※この方が将来的に絶対得であり、損をしない生き方だと思います。無駄だらけの人生を見直した僕の意見です。

ジムを辞めてもいい人はこんな人【ベンチプレスで100kg上げる程度ならOK】

ということでジムを辞めてもいい人、ジムを継続するべき人を解説しようと思います。

※主観ゴリゴリですがわりと合っていると思います。

 

ジムで筋肉痛にならない人は辞めても困らないかも

ジムで筋肉痛にならない人はジムを辞めても困りませんよね。多分ですが自重でもイケるはずです。

ジムで筋肉痛になるくらい追い込めていないなら、気分転換としてジムを利用しているのではないでしょうか?だったら多分、ジムを辞めても困りません。

天気のいい日に公園を散歩でもして運動を継続していきましょう。ジムに通っていた時間を読書に当てるってのもいいですね。

読書習慣を身につけるコツ|35歳まで本とは無縁だったぼくでも可能

カーディオマシンがメインの人

ジムを辞めようか悩みながら、有酸素運動だけをやって帰る。今すぐジムを辞めましょう。

カーディオマシンで思いっきり心拍数を上げてストレス解消とかなら問題無いです。のらりくらりカーディオだけをしに、わざわざジム会費と時間をかけてジムに通う意味は果たしてあるのだろうか?いやない。

通勤で自転車を使えば、運動不足も解消されるのでおすすめです。僕は7キロくらいの通勤で往復14キロ、自転車で通ったりしています。朝の自転車、気持ちいいですよ。

 

小さな子供がいる人

ジムを辞めようかな?子供が「パパまだぁ?」と心配しているし。今すぐ辞めましょう。

子供の成長はその瞬間すべてが宝物。もしあなたがジムでベンチプレス100kgを上げて喜んでいても子供は喜んでくれませんし、共有してくれる友人もほぼいません。

※それでもベンチプレス100kgはマジで嬉しいですので。

その子供を守ために筋トレを始めたってのもあるけれども、まだ子供が小さいうちはジムで過ごす時間よりも家で過ごす時間を尊重してみては。という感じです。

ジムを継続するべき人【極めたいならジム一択】

筋トレを極めたい。しっかりとした目的があるならジムを辞める選択肢はないです。

そもそも「筋トレを極めたい、大会に出場したい」という人が「ジムを辞めようかな」と悩んでいるようなら、その時点で失格。筋トレは極められないですし、大会に出場しても当然、いい成績なんて無理でしょう。

マシントレがメイン【フリーウエイトができない人】はジム

マシンでの筋トレはジムでしかできません。(お金があればマシンを揃えることは可能)

たとえば、腰に持病を抱えているけどしっかりと下半身を強化したい。このような悩みを抱えているなら当然、バーベルを担ぐようなスクワットなどはできないです。

ジムでレッグエクステンションだったり、レッグカールだったりで下半身を強化するべきでしょう。

マシンはマシンでメリットが多いですので、利用できるなら利用しない手はないですね。

 

【ジムを辞めたい】感じたホームジムのデメリットを解説

ジムを辞めてホームジムに移行しました。

6年間ジムに通っていたので「あれ?やっぱりここが不便だなぁ」と感じたことを共有しておきます。

  • スミスマシンができない
  • ケーブルマシンができない
  • 子供が邪魔をしてくる場合がある

上記を解説していきます。

スミスマシンができない

とはいえ、ラックさえあればスミスマシンではできるけどフリーウエイトでできない種目ってほぼ無いですよね。

ラックとダンベルさえあれば解決することだらけです。

すいません・・。ぶっちゃけ、スミスマシンはあれば便利ですがそこまでのデメリットではなかったです。

ケーブルマシンができない

ホームジムでケーブルマシンができないのが最大のデメリット。マジで痛いところです

中でもプッシュ系のケーブルができないのが超絶不便。上腕三頭筋のプレスダウンとかマジでやりたいです。

まぁ、デメリットはそれだけといえばそれだけですね。

ホームジムのいろんなのメリットからすれば、ほぼ問題なしレベル。ジムを辞めようか悩んでいるなら辞めてもいいでしょう。

僕は大満足です。

子供が邪魔をしてくる場合がある

愛嬌ということで。子供との時間を一緒に過ごすためにジムをやめたならデメリットであるけれども、多少のことは多めにみてあげましょう。なんでも興味がある年頃です。

逆に考えると子供にとってマジで最高の環境ですよね。物心ついた時から家にダンベルとかがあったらと思うと最高でしか無い。ちなみにうちの実家にはバネの筋トレ器具しかなかったですw。多分大胸筋を鍛える器具なんでしょうね。

 

子供が邪魔をしてきても怒らないようにしてください。たまに怒るけど。

まとめ:ジムを辞めたらメリットだらけ

ということで今回は以上です。

ジムを辞めたらメリットだらけでした。帰宅と同時に筋トレができるし、筋トレ後もすぐに栄養補給ができて最高です。

多少のデメリットはあるものの、時間という貴重な資産を確保できているので大満足。

ジムでしかできないことを望む人以外、趣味程度の筋トレならホームジム一択で問題ないですよ。

まとめます

  • ジムを辞めても筋トレはするべき
  • 趣味程度ならジムは辞めてもOK
  • 器具があるなら今すぐジムを辞めるべき
  • 大会に出るなどの目標がるならジム一択
  • ホームジムでは多少の不便さはあるが最高

ジムを辞めるか悩んでいるなら今すぐ辞めて、お金と時間を有効に使い人生を豊かにしていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事