筋肉量と筋力は比例する?【ボディービルダーの筋肉は見せ筋】

筋肉量と筋力は比例する?【ボディービルダーの筋肉は見せ筋】

筋肉量と筋力は比例する

 

筋力と筋肉量は比例するのか?

この問題は筋トレをしている人なら一度は直面する疑問ですよね?

 

筋トレ初心者の時はそんな事を考える余裕も無いのですが、少し筋トレの知識を蓄えてくると必ず疑問に思う事が筋力と筋肉量の関係です

 

 

先日、胸の日のトレーニングをしている時に、ふらっと空いているベンチプレスのラックにこんな事を言うのは失礼しちゃいますが、見た目もヒョロっとして、モロ初心者っぽい人がベンチプレスを始めました。

 

 

その人はまずアップで60キロをあげ「僕はふんふん、結構いけるんだね」などと失礼な事を思っていたわけですね。

 

 

僕は自分のトレーニングでダンベルフライをしていたのですが、ふとベンチプレスをしているひょろっとした人を見るとなんとベンチプレスの重量が100キロ!

 

「僕のプレートの数え間違い⁈ははぁーん、100キロを体験したいだけだな?」などと、これまた失礼な事を思っていたんですね。

 

するとそのひょろっと君は、100キロをしっかり胸まで下げ、軽く挙げて見せたのです。しかも、セーフティーバーなし!

 

おいおい、そこは怖いからセーフティやろうよ、と思っていたらなんと110キロにセットし始めたじゃねーすか!

 

だんだん自分のトレーニングよりも気になりだし、チラチラ横目で見ていたらなんと110キロも挙げたではありませぬか!

 

 

その後、ひょろっと君は100キロに戻して3レップ、その後は見てないけど80キロを数回やったと思います。

 

 

あーびっくりした。見た目もひょろっと君なのでセーフティーはつけてくれ〜と思っていたけど、軽々しく100キロを挙げていることにびっくりしましたよ。

 

 

フォームはお世辞にも良いとは言えず、モロ右が下がって、ウェイトの落下防止であるカラーが無いと完全に落ちるくらい斜めのフォームでしたが挙げれていたのには本当にびっくりしましたよ。

 

 

 

長くなりましたがそんな事があり、筋肉量と筋力は比例するのか?と疑問になり調べてみました。

 

僕のように「見た目もひょろっと君がなんで?」と思った事がある人は必見です。

 

筋肉量を増やす事と、筋力を増やすは別物

筋肉量と筋力

筋肉量を増やすトレーニングと、筋力を上げるトレーニングの内容は全くの別物です。

 

詳しく説明します

 

筋肥大のトレーニング

筋肥大に適したトレーニング内容は基本的によく言われている

10回が限界の重量を選択し

3セットを行い、インターバルは1分、長くて2分程が基本となります

 

 

 

が、これは筋トレをした事がない超初心者に向けたトレーニングの基本であり、ある程度筋トレをしている人であればかなり物足りないですね。

 

 

参考までに僕の胸トレの内容を載せときます

これでも、少なくなった方で、筋トレを始めて1年程のめちゃくちゃ楽しい時期などは、1回のトレーニングで25セットとかやってました。バカみたくやってたけど楽しかったですからね

 

基本的に筋肉を限界まで追い込む為、週に1回か2回しか出来ないのが筋肥大目的のトレーニングです。

 

 

まぁそもそも筋肉痛が酷くて週に何回もできませんから

 

筋力をあげるトレーニング

筋力をあげるトレーニングは基本的に1レップから3レップが限界の超高重量で行います。

 

 

そして、レップ毎の筋肉の疲労が完全に無くなる程の長いインターバルを取るのが基本です。

 

 

筋力をあげるには神経系を発達させる目的で行う為、技術的な練習が必要になってくると言う事ですね。

 

簡単に言えば重量をあげる為の練習ということになります。

 

筋力をあげるには技術も必要

ベンチプレスを強くしたいのであれば、ダンベルベンチなどをやるよりベンチプレのみ練習するなど、より絞ったトレーニングを行う事が重要です。

 

 

例えば野球選手が野球がうまくなりたいからパワーをつけたいと言って、ベンチプレスで100キロをあげれるようになったとしても野球自体がうまくなる事はないですよね?

 

野球が上手くなる為には野球の練習をする事が重要です。

 

なので、より、種目に特化したトレーニングをする事が筋力も技術もアップしてより高重量を扱えるようになるって事ですね

 

 

筋力は筋肉の断面積に比例する

筋肉量と筋力は比例する

基本的に筋肉の断面積と筋出力は比例します。

 

 

例えば、マッチョなゴリラ君が筋肉の断面積が20あるけど筋力が50と半分しかない為、ベンチプレスで60キロしか上げれない

 

 

そして見た目がヒョロい君の筋肉の断面積は10しかないけど、筋力がフルマックスの100のあるおかげでベンチプレスが100キロ

 

上げれるとしたら、将来的に筋肉の断面積が大きいマッチョなゴリラ君の方がベンチプレスをより高重量をあげる事ができるという事です。

 

 

もっとわかりやすい例えないかなー?

 

 

マッチョな、ゴリラ君の車は180キロ出る性能けど余力を残し、今のスピードは60キロ。

一方見た目ヒョロい君の車は100キロしか出ない性能だけど現在のスピードはマックスの100キロ

 

 

 

将来的にどちらの車がスピードを出せるかは明らかですね。

 

 

筋肉に関してはそんな単純じゃなく、いろんな技術的な要素もあるけど基本的にはそんな感じかな

要は筋肉を肥大させることは無駄じゃないって事っすね。

 

 

筋肉量と筋力まとめ

筋肉量が多くて筋力がなく高重量をあげる事ができない、僕のような奴は見せ筋野郎と言われますが、今までの筋トレと苦労して筋肥大させた筋肉は無駄ではないので、ガンガン筋トレをし、ドンドン食べてデカく、カッコいい筋肉を手に入れましょう。

 

 

必ず人生は変わりますよ

では

ベンチプレスで100㎏を上げたいならベンチプレス100㎏を1年で上げる6つの事【達成できる表を作りました】で解説しています

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事