筋トレ男性なら脱毛した方がいい理由【やっぱり毛は汚く見える】

 

「毛が濃い方が男らしくてかっこいい!」

「女の人も男らしい胸毛に憧れているはず!」

 

そんな理由で脱毛をしていないのであればめちゃくちゃダサいですよ!

さらに、濃い体毛の男性に憧れている女子なんて極々僅か。見つけるのが苦労する位レアです。

 

男の僕ですらかっこよくスクワットをしている人でも、スネ毛がボウボウだったりしたら「あー、なんか残念だなぁ」と思いますもん。

 

ということで今回は、筋トレをしている男の人は脱毛をした方がいい理由と、僕が試したおすすめの脱毛方法をお伝えします。

結論;脱毛した方がいいですよ。

 

が脱毛をしない理由【筋トレは関係ないけど】

筋トレ男性は脱毛した方がいい理由

 

女の人の脱毛は一般的というか常識になっています。

が、男性の脱毛ってなんだかかっこ悪いような、してはいけない禁断の行為の様な感覚ではないですか?

 

「男の癖にワキ毛剃ってるよコイツ」って思われそうでなんだか一歩踏み出せないでいる。

 

実際に僕もそうでした。

 

なので体毛はあった方がいいはず、という変な理由をつけて脱毛をしないままなんですよね。

 

脱毛しない変な理由:体毛は体を守る

 

男性が脱毛をしない理由としてなんとなく

  • かっこ悪い
  • ダサい
  • 男のくせに

と思われるかもといった理由があります。

 

実際に僕もワキ毛を剃ったり、薄くしているのをみられると「ワキ毛剃ってるの?」という質問をされそうでなんだか嫌な感じ。

男のくせに?というような見方をされているのではないかと思う事がありました。

 

 

なので僕は逆に「なんでワキ毛生やしてんの?」と、質問をしてみたんですね笑

 

そのような質問をするとほとんどの人が決まって困った顔をしてみんなこう言います

 

「体を毛で守ってるんだよ!」

!!?

「え?毛で体を守る?毛で体を保護する?」

 

でも、服着てるよね笑

 

狩りをしたりしていたような大昔なら衣服が手に入らないのはわかりますが、毛で体を保護してるって現代ではあり得ないですよね。

 

近代社会において体毛は、髪の毛以外ほとんど無駄いっても過言ではないくらい。体を保護する目的だけであれば体毛はいらないってことになります。

 

筋トレしている男性は脱毛した方がいい理由【損をしている】

筋トレ男性は脱毛した方がいい理由

 

筋トレをしている男性は脱毛をした方がいい理由は以下の3つ。

  • 不衛生
  • 見た目が悪い
  • カットがぼやける

詳しく解説します。

 

 

理由その1:不衛生

 

筋トレをするともちろん汗をかきますが、体毛があることによってタオルで拭き取れなかったり、シャツで汗を吸い取れなかったりします。

 

結果的に汗で蒸れて雑菌が繁殖し、匂いが発生したり、最悪はワキガなどの病気になったりします。

 

マジでワキ毛とかVIOとかの毛は不要です。

※特にO。

 

理由その2:カットがぼやける

 

筋トレをしているのであれば筋トレ中のパンプした筋肉を見ることは結構重要。

 

頑張ってつけた筋肉を見ることは、筋トレするモチベーションにつながるんですよね。

※ナルシストだからとかではありません。

【悲劇】筋トレという気持ち悪い趣味を6年間継続した体験記

 

パンプして今が一番かっこよくなっているはずの筋肉が、体毛があるおかげでカットがぼやけてかっこよく見えないのは損をしてい流と言えるでしょう。

※6パックにギャランドゥがびっしりとかマジ悲劇。

 

僕は足の毛は濃いほうではないですがそれでも脱毛をしていないと、スクワットの時やレッグエクステンションの時の大腿四頭筋のカットは体毛でぼやけます。

 

脚トレは特に辛いので筋トレ中のパンプしている筋肉を見ることは辛い脚トレを乗り越えるためにはめちゃくちゃ必須!

脚トレがきついならやらなくてもOK【IFBBプロJINに本質を学びました】

 

筋トレのモチベーションを上げる為にも、しっかり脱毛をして筋肉のカットを出すことはめちゃくちゃ重要です。

 

その3:見た目が悪い

 

結論;毛があると見た目が悪いです。

 

筋トレを頑張ってデカイ体を手に入れて注目されて、胸毛が&足の毛がボウボウだったりしたらむさ苦しくて見ている方も不快。

※個人的な意見を大いに含みます。

 

かっこいい理想の体を手に入れる為の筋トレ。

辛い筋トレを乗り越え苦労して筋肉を体にまとったのであれば、いらない体毛は綺麗サッパリ脱毛しちゃいましょう。

 

僕が行ったおすすめ脱毛法を紹介【カミソリ負けはなし】

筋トレ男性は脱毛した方がいい理由

 

ここからは実際に手足以外、結構毛深い僕が行ってきた脱毛方法をいくつかご紹介します。

痛いけどツルツルになる脱毛方法だったり、手軽だけどすぐに毛が伸びて来てしまう方法だったり色々ありますので、自分に合った方法を試してください。

 

カミソリ

 

カミソリで体毛を剃るのは1番手軽です、しかもかなりツルツルにはなります。

 

とはいえ、そのツルツルも1週間もすればかなりチクチクしてきます。

 

しかもカミソリ負けをする人であればヒリヒリ感も出るので肌が弱い人にはあまりおすすめできません。

肌がある程度強く、1週間に1度位の頻度で脱毛できるのであればカミソリもおすすめです。

 

脱毛クリーム

 

脱毛クリームは痛みもなくかなりツルツルにできる脱毛方法。

しかし、脱毛クリームによってはしっかり毛が溶けないで毛穴に残ったりします。

 

コスパの面でも毛が多い人は毎回クリームを結構な量を使いますので、金銭面でキツイ人にはおすすめできません。

 

とはいえ脱毛クリームは、金銭面と少しの手間は惜しまないって人であれば、脱毛後もある程度の期間は快適に過ごせますよ。

 

ボクが使った脱毛クリーム

実際に僕が初めて使った除去クリームはコレです。

ニオイもきつくなく、広範囲にもさらっと伸びてコスパもいい。

除毛クリームを使った事が無い人にはおすすめです。

コレ1本でモテスベ肌!MONOVOヘアリムーバークリーム

 

ブラジリアンワックス

 

ブラジリアンワックスを使った脱毛方法の1番のメリットはやはり、かなりツルツルになることです。

 

しかし、毛を根こそぎ抜くので痛い!それもまとめて一気に抜くので痛みの感じ方は人それぞれですが僕はめちゃくちゃ痛かったです。

 

初めてブラジリアンワックスを使って抜いた毛のところは血も出ていましたからね、そりゃ痛いですよ。

 

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではない

勘違いしてはいけない事はブラジリアンワックスといえど永久脱毛では無いということ。

 

痛い思いとめんどくさい思いをしても1ヶ月もすればまた元の毛むくじゃらになってしまうでしょう。

※いつもツルツルにしておきたいって人はクリニックにいって永久脱毛をおすすめします。

 

とはいえブラジリアンワックスでも永久脱毛程ではないですが、それなりにツルツルにできます。

ワンシーズン限定だけなら、永久脱毛よりはコスパの面でも優秀なので使ってみたいって人はこちらがおすすめ。

ブラジリアンワックスなら【ブラビアンカ】

※僕が初めて使ったブラジリアンワックスです、今ならシートも増量中なので買うなら今。

 

ボディートリマー

 

ボディートリマーを使った脱毛方法は1度トリマーを買ってしまえば後は機械が壊れるまで毎日でも剃り放題。

 

しかもボディートリマーはそこまで値段が激高では無いんですよね、実は電動シェーバーよりも安い!

 

ボディートリマーでの脱毛方法では剃り跡も痒くなる事は無いですし、伸びてきたらサクッと剃れるので僕は1番気に入っている脱毛方法です。

 

わかりやすく説明をするとすれば、ヒゲを剃るような感じです。全身の毛を電動シェーバーで剃る感覚

なので一家に、一台あればかなり重宝しますよ。

 

 

僕が行きついた脱毛方法

 

ここまで色々な脱毛方法をご紹介して来ましたが、僕が1番おすすめする脱毛方法はボディートリマーを使った脱毛方法。

 

手軽にできて、そこまでチクチクにならない。

それでいて、遠目にも綺麗に見えるので脱毛初心者でも気軽に始めることができますよ。

 

もうね、ヒゲを剃るのと同じような感覚で全身の毛をトリマーでやっちゃっても全然OK!簡単ですね。

筋トレ男性は脱毛した方がいい理由まとめ

 

ということで今回は以上です。

 

男の脱毛なんてダサいというような考えはあなたが思っているだけで、回りの人はただただ汚ったねー!と思っているかもしれませんよ?

 

筋トレをする理由の一つとしてやはり見た目にもカッコいい体を手に入れる事ですよね?それなのに足の毛がボウボウだったり胸毛がもっさりだと、せっかく鍛えてかっこいい筋肉を手に入れたとしても体毛のせいで台無しに・・・

 

せっかく筋トレをして体を鍛えているのであればかっこよく好印象で見てもらうためにも脱毛しましょう。

その為の方法として1番簡単なボディートリマーを使った方法は短時間でサクッと全身の毛を除去できるのでおすすめです。

女性のように全身ツルツルとまではいかなくても、遠目で毛がないだけで十分なので是非筋トレを始めたのであれば脱毛も始めてみましょう。

では

 

もう何が正解なのか不明。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク