自分の時間がない人におすすめ!朝活の極意と継続方法【4時起き3年継続】

 

朝活をしようとしているけど起きられない
自分の時間が欲しいけど平日は時間がない
朝活といっても何をすればいいのかわからない

 

このような悩みを解決します。

 

朝活で4時起きをするようになってはや3年。

なんとなく人生も変化してきたので共有します。

 

結論からいえば自分の時間を確保できないと思っている人ほど朝活をするべき。

仕事や育児で自分の時間がなく、やりたいことが出来ていないなら”静かな朝の貴重な時間”を有効活用しない手はないでしょう。

 

とはいっても朝活を3年継続しているにも関わらず朝は眠いです。

寒い朝なんて一生布団の中でぬくぬくしていたい衝動との葛藤は同じだと思います。

 

※特に月曜日の朝の早起きなんて考えただけでも胃が痛くなるほど嫌になる人もいるかもしれません。

 

とはいえ、自分の時間を確保できなければいつまでたっても今を変えることは不可能です。

時間を確保できれば朝活にこだわる必要もないですが、この記事をみている人の多くは自分の時間を確保するために朝の時間を有効活用しようとしているはずです。

 

この記事は、飲みすぎて今起きている時間に帰宅することもザラだったボクが朝活で人生を激変させた方法を紹介します。

 

記事を最後まで読むと自分の時間を有効に確保できるので1日が30時間ほどに感られるようになるでしょう。

※大袈裟ですが、わりとホンキです。

 

朝活に向いている人いない人【朝型・夜型を調べる方法】

 

朝活に向いている人:体温の上がり始めが早い

朝活に向いていない人:体温が上がるのが遅い

 

朝活をおすすめをしますが、そもそも体質的に向いていない人もいます。

 

たとえばボクの嫁は10数年連れ添っていますが、アラーム通りに起きてくることはまずありません。

最近では介護の資格のために勉強をしていますが、やはり深夜まで勉強していたりしますもんね。

ということで一方的に朝活をおすすめするのも強引なので、朝活に向いているのかいないのかの診断をしてから読み始めてください。

 

朝型人間か夜型人間かを調べる方法:19の質問に答えるだけ→http://www.sleepmed.jp/q/meq/meq_form.php

 

ちなみにボクは朝型の人間でした↑↑

※4時起きを3年継続して夜型だったらショックすぎるので診断してみた結果、安定の「朝型」でした。(65点という微妙な位置だった模様)

 

ということで朝型にも関わらず、無駄に惰性で寝ていた人は読み進めていってください。

朝活をおすすめする理由【メリットとデメリット】

 

朝活といってもメリットとデメリットがあるので紹介します。

※どれも朝活歴3年で実際に感じたものなので参考になる部分は多いはずです。

 

朝活のデメリット

 

朝活のデメリット:日中に眠くなる

 

生活リズムが整うまではたとえ朝型の人でも大きなストレスになる人も多いでしょう。

 

前項の朝活診断にて朝型の人間と診断されたとしても、今まで出勤ギリギリまで寝ていた人にとっては大きなストレスになるかもしれません。

当然今まで睡眠時間にあてていた時間に活動しているわけなので睡眠時間が足りなくなり日中に眠気を感じるかもしれません。

 

解決方法:パワーナップ

 

パワーナップとは横にならず20分程度眠る、作業効率を上げる仮眠方法。

朝活によって、日中の眠気に悩まさせるようであれば会社でもできる簡単な仮眠方法で眠気を解消させましょう。

昼食後にデスクでうつ伏せになるだけで集中力もアップするのでおすすめです。

仕事も家事も効率UP!”パワーナップ”、始めてみませんか?(外部サイト)

 

朝活のメリット

 

静かな朝で集中力が向上

自分の時間を確保できる

1日を有意義に過ごせる

 

どれもボクが朝活を3年以上継続して感じたメリットですが、割と的を得ているのではないでしょうか。

 

1日は貧乏人も金持ちも平等に24時間。お金持ちは例外なく時間を大切にします。

仕事や育児、家事に追われていようとも少しの早起きで時間を捻出できるのが朝活の大きなメリットといえるでしょう。

 

1%の努力を積み重ねるだけ

今を変えようと思ったら少しの努力を継続するだけです。

たったの1%の積み重ねでも1年、2年、5年、10年と続けると圧倒的な差が生じるのはいわずもがな。

朝活は今を変えようとしている人の1%の積み上げができる貴重な時間です。

 

朝活のメリットを活かして今よりもっといい人生を切り開いていきましょう。

 

朝活を無理なく継続する3つの方法【3年間継続の極意】

 

記録をつける
スヌーズは不要
睡眠の質をあげる

 

上記はボクが朝活を3年間継続させている秘訣です。

 

………………………正直な秘訣はお金でした、すいません。

朝活で最大のモチベーションはお金を稼ぎたいというゲスい目標で、一番の原動力は今を変えたいという気持ち。

 

現状に満足している、またはどうしようともしていない人にとっては毎朝4時に起きるモチベーションを保つのは難しいです。

 

朝活で未来を変えるという強い気持ちがあれば4時だろうが3時だろうが乗り越えられるでしょう。

※すいません、なんだか根性論っぽくなってしまったので具体的な秘訣を解説していきます。

 

記録をつける

 

朝活を継続、習慣化するには記録をつけるのがいいでしょう。

記録をつけると、達成感の振り返りとなり翌日も頑張ろうというモチベーションにつながるのでおすすめです。

 

楽しいことは継続可能

朝活を3日継続できたら楽しくなって継続できます。

記録しておくと「こんなボクでも継続出来た」という振り返りになり楽しくなります。

継続日数が多くなれば多くなるほど、今までの苦労を無駄にしたくないという思いでさらに継続が可能になる最高のループに突入可能。

ということで朝活を継続するためにも起きられた記録をつけるようにしましょう。

※記録方法はメモ機能でもカレンダー機能でもなんでもいいですが、いつでも見れるスマホがおすすめです。

 

スヌーズ機能は解除【寝てしまうかもの保険は不要】

 

朝活するためには、とにかく起きなければ話になりません。

朝のだらだらを生み出す「スヌーズ機能」は使わないようにしましょう。

 

寝てしまうかもという保険は不要

スヌーズ機能は一度のアラームで起きられないという保険ですが、逆に言えば寝ても大丈夫という二度寝を推奨するような機能。

起きられない人ほどスヌーズを5分おきに何度も作動させていたりします。

※ちなみに以前の二日酔い常習犯のボクは5分おきのスヌーズ1時間で最高の幸福感と現実逃避をしていました。

 

保険があるので安心して寝てしまい起きられないというのがスヌーズ機能。

起きる決意をした人にとっては邪魔でしかないスヌーズ機能という保険は今すぐ解除して、アラームと同時に布団を蹴り飛ばしましょう。

 

睡眠の質を上げる

 

朝活のデメリットは眠気ですが、睡眠の質を上げると睡眠時間が少なくなっても意外と問題なしです。

朝活を継続するためにも上質な睡眠を確保。短時間睡眠でも冴え渡る頭脳と体を手に入れましょう。

 

睡眠の質を上げる方法:深酒をしないor断酒

 

お酒は、寝付きがよくなるという理由で飲んでいるかもしれませんが、実は睡眠の質を下げる行為。

飲酒をした7時間睡眠と、飲酒をしない7時間睡眠では圧倒的に後者のスッキリ度は違うので実感できるはずです。

 

朝活の時間が取れないと睡眠時間を削るくらいなら、酒をやめて睡眠の質を向上させたほうが効率的と言えるでしょう。

 

ちなみに以前のボクは毎日ハイボールを2リットル以上飲んでいるような半アル中でした。

が、今ではキッパリと断酒しているおかげで朝の気だるさもなく毎朝快調そのもの。

 

朝活をするなら断酒がおすすめでして、圧倒的に睡眠の質を上げることができるでしょう。

禁酒の方法は下記を参考に行いました。

※結局は自分の意思ですけどね。

 

 

おすすめの朝活【人生を切り開く方法】

 

朝活といっても何をしていいのかわからないなら下記がおすすめ

趣味の時間にする

自己投資をする

お金を稼ぐタネを撒く

 

貴重な朝の時間を有効活用して人生を切り開くにはどれもおすすめ方法なので参考にしてください。

※ちなみにどれも体験談ベースなので万人受けの方法ではないかもしれません、ご了承ください。

 

自分の時間を有効活用【趣味】

 

起床→通勤→仕事→退社→帰宅→就寝

こんな生活では生きる意味を見出すのはムズカシイ。

 

もちろん生きるために仕事は不可欠ですが、人生を楽しみつつ稼ぐ選択肢もあります。

 

趣味は人生を豊かにしてくれる方法の一つといってもいいでしょう。

今まで時間がなくて趣味なんて持てないと思っていた人はいまこそチャンス。朝活でいつもより2時間早起きするだけで週に14時間を確保可能です。

 

貴重な朝活という時間を使って人生を楽しむための趣味を始めてみましょう。

※仕事にも身が入り、結果年収もアップして人生が好転するはずです。

 

 

自分の時間を有効に活用して趣味などで自分の人生を豊かにして今の生活を楽しみましょう。

ちなみに今のボクの趣味は筋トレもさることながら熱帯魚です。

4時からホースとバケツで水換えなんて頭おかしいと思われそうですが、人生を豊かにするには必須なので楽しいですよ。

 

自己投資をする

 

朝活で何をしたらいいのかわからないならとりあえず読書などの自己投資をしましょう。

本は先人の知恵をたった数時間で習得できる最高の自己投資です、それも数千円で。

 

ちなみに偉そうに読書をしましょうとツラツラ書いていますが最終学歴は中卒です。

が今ではコツコツ自己投資を継続したおかげで国家資格を2種類ほど取得しました。

自己投資は年収をアップさせるための方法と有効なので朝活で何をしていいのかわからないならとりあえず読書から始めてみましょう。

読書習慣を身につけるコツ|35歳まで本とは無縁だったぼくでも可能

 

体作りも立派な自己投資

自己投資はなにもスキルを磨くだけじゃありません。健康があってこその豊かな人生であり、成功の秘訣。

 

自分の体への投資は巡りめぐって実は最高の自己投資かもしれません。

成功者は例外なく体を鍛えていたりしますし、不健康ではスキルの取得も難しいでしょう。

筋トレは最高の自己投資ですし、太り気味な人はダイエットのために朝活をするのもいいでしょう。

朝活筋トレ歴3年の極意|5つのメリットと注意点【明日でいいやからの卒業】

朝活ダイエットをするべき絶対的な理由と3つのメリット|4時起きを2年以上継続した結果

 

お金を稼ぐ種まきをする

 

サラリーマンをディスるわけじゃないですが、社畜を抜け出すにはコツコツ自分の時間を確保してお金を稼ぐタネを撒くべき。

※ボクは割とブラックな特殊サラリーマンです。

 

やりたいことが出来ない、しがらみと制約にがんじがらめにされた生活。変えるべく朝活の時間を有効に活用して自分でお金を稼ぐ種まきをしましょう。

 

自分でお金を稼ぐにはある程度の時間が必要

会社に入り初給料をもらった瞬間は嬉しかったですが、そこまでの道のりは決して楽ではなかったはずです。

初給料をもらうまでは義務教育から大学までの期間を過ごしてきたはずなのに、副業となると簡単に稼げるかもしれないと考える人が多すぎ。

 

とはいえ、ボクも簡単に稼げると勘違いしてすぐに結果が出ないと諦めたり騙されたりしました。

500万円を任意整理した体験談【結論:今すぐするべき】本音を語る

自分でお金を稼ぐのは簡単ではないですが、会社に依存しているだけではいつまでたっても変わりません。

 

ということでボクが始めたのがブログ、ライティングでした。

苦節4年!ブログで1万PV達成したので真実を晒す【収益:稼げません】

webライター2ヶ月で月5万円稼ぐ方法と手順を解説【再現性あり】

 

他にもユーチューブなど、無料で始められる副業はたくさんあります。

朝活はお金を稼ぐための種まき期間としては最適。

今からコツコツ継続して社畜を抜け出し自分のやりたいことを仕事にしていきましょう。

 

まとめ:朝活は未来への投資としておすすめ【とはいえ無理は厳禁】

 

ということで今回は以上です。

 

朝活は自分の時間を確保できる貴重な行動ですが、ほとんどの人は実践できていません。

多少眠くても習慣化してしまえば、あとは勝手に未来が変わってくれるでしょう。

 

どうしても起きられないならお金のためというモチベーションもおすすめです。

ありきたりの朝活継続の秘訣である「寝る時間を決める」だけでは、今までの生活を変えることはムズカシイ…。

多少ゲスい目標が、朝活を継続できるのは身をもって証明出来ています。

 

とはいえ、いきなり生活習慣をガラッと変えるのはストレスなので継続が難しいです。

いきなり2時間早起きするのではなく、30分でもできる範囲でコツコツと朝活を始めてみてはいかがですか。

 

朝型人間なのに惰性で寝ているのはもったいないので、一緒に未来を変えていきましょう。

※中卒のボクでもできているので、この記事を最後まで読んでいる人なら絶対にできますよ。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク