夜ご飯をさつまいものみにして週に1キロ減【ダイエットに最適な理由】
さつまいもは甘いけどダイエットできるかな?
筋トレをしている人がさつまいもを食べる理由を知りたい。

 

筋トレ歴も6年になりました。

今年のダイエットは、さつまいもざんまいで順調に体重を落とせました。さつまいも万歳!

ということで、今回は

なぜさつまいもで痩せるのか?

さつまいもって甘いけどダイエットできるんですかね?

って疑問に答えていきます。

記事の後半では、さつまいもを食べる時の注意点や、食べるべき量の計算方法もわかりやすく解説。

※ネタバレ。焼き芋にするなかれ!です。

 

3分で読めます。筋トレしながらダイエットしている人はぜひ見てくださいね。

ダイエットをしている人にさつまいもがいい理由

 

まずはじめに筋トレダイエットにおいて、筋肉を維持する、または筋トレのエネルギー源になる炭水化物は非常に重要ということ。

ぶっちゃけ、タンパク質よりも大事なんじゃないの?ってほどです。

ということで、筋トレダイエットでさつまいもがいい理由をみていきましょう。

ポイント

炭水化物は筋肉の維持・筋トレのエネルギーとして超重要!

その1:満足感激高

 

さつまいもは他の炭水化物に比べて甘くて美味しいのでダイエット中の満足度が激高です。

なにかと味気ない食事になりがちなダイエットのモチベーションをあげてくれるでしょう。

 

実際ボクはダイエット中、さつまいもを食べるたびに農家さんに感謝の念を込めて心からお礼してました。(本当です笑)

さつまいもは満足感が激高なので超絶おすすめ。

ダイエットが続かない人にはぜひとも試して欲しい食材です。

 

食べ過ぎを抑えられる

さつまいもは水分量が少なく、パサついているので量が食べられません。

白米なら3合位はペロリなボクもさつまいもを200gって結構、飽きてきます。

さつまいもは食べ過ぎを抑えられるという点でも、筋トレをしながらダイエットしている人向けだといえますね。

 

その2:脂質が低い

さつまいもは脂質が低いのでカロリーも抑えられます。

 

三大栄養素の中でも1番カロリーが高いのは脂質。

もちろん必要ではあるけど、余計な脂質は摂らないに越したことはないです。

 

最速でダイエットを終わらせるなら余計な脂質は削るべし!

さつまいもは脂質が低いのでダイエットに最適ですよ。

 

その3:GI値が低い【太りにくい炭水化物】

GI値を簡単に言えば、高いと脂肪になりやすい、低いと脂肪になりにくい食材を表した指数のこと。

 

さつまいものGI値は白米などに比べると断然低いので太りにくいと言えるでしょう。

同じ糖質でも食物繊維やポリフェノールが豊富なので吸収率が穏やか。

さつまいもは筋トレダイエット最適です。

 

さつまいもは食物繊維やビタミン?が豊富

 

ちょっと触れましたが、さつまいもは食物繊維が豊富です。

他にもポリフェノールやビタミンなどボディメイクには欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

サプリメントなんかで補うよりも断然おすすめですよ。

 

さつまいもの主要栄養成分を比較【いいところ】

 

さつまいもと白米を比較してみました。

さつまいもごはん
エネルギー132kcal168kcal
炭水化物31.5g37.1g
タンパク質1.2g

2.5g

GI値5584

100グラムあたり調べ、https://calorie.slism.jp/1

 

みてもらうとわかるとおり、100gあたりで比べるとさつまいもの方が圧倒的にカロリーが低いです。

ご飯の100gならぺろりですがさつまいもはそうもいかないところがいいところですね。

 

さつまいもは手軽で食べやすい【おすすめ調理法】

さつまいもは手軽に食べられるのもいいですよね。蒸したさつまいもならそのまま食べられるので手も汚れません。

もちろんボクは皮付きでそのまま食べます。さつまいもの栄養をそもまま丸ごと食べられるのでおすすめです。

 

レンチンすれば調理も楽チン

調理も簡単ですよね。別に蒸さなくてもレンチンでOK。

輪切りにして、レンジにぶっこむだけで簡単に食べられるようになります。

レンチン蒸し器は100均などであるので、ぜひ活用してみてください。超絶便利ですよ。

 

さつまいもを食べる量と注意点【夜ご飯をさつまいものみにした結果】

 

さつまいもが筋トレダイエットに向いている理由は分かったけど、どのくらいの量を食べればいいのかという疑問に答えるのがこのコーナー。

合わせて注意点も紹介していきす。

 

さつまいもの量はどのくらい?

 

いくらさつまいもがGI値が低く、筋トレダイエットに向いていると言っても食べすぎると当然ですが太ります。

ということで、さつまいもを食べる量を計算してみましょう。

 

計算サイトはこちら

  1. 基礎代謝を割り出す
  2. 運動量を割り出す
  3. 脂質は全体のカロリーの20%
  4. 前後必要タンパク質は体重×1.5倍から2倍

余ったカロリーは全て炭水化物です。

さつまいもや他の炭水化物と合わせて1日で食べるさつまいもの量を決めましょう。

参考にしている本はこちら。知識は必要です。迷わずポチりましょう、ボクは買って10キロのダイエットに成功しました。

 

 

オートミールもおすすめ

ちなみにGI値が低くておすすめな食材としてオートミールもあります。

下記の記事ではオートミールとは?食べ方も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

【飲めるバルクアップ飯】筋トレ民にはオートミールが最強な理由【減量も可能】

 

焼き芋に注意しましょう

 

さつまいもは焼き芋にすると別物に変化するので注意しましょう。

さつまいもは低GI食品ですが、調理方法によってはGI値が大きく変化してしまいます。

調理方法別にみてみましょう。

GI値
干す55
焼く80~85
茹でる40~50
蒸す45~50
油で揚げる70~80

焼き芋にするとGI値が一気に高くなり、ご飯やパンと変わらなくなってしまいます。

焼き芋は長時間かけて加熱されているので、でんぷんの多くが麦芽糖に変化して吸収されやすくなっているからですおいも美腸研究所

 

焼き芋にするとカロリーが高くなり白米と変わらなくなってしまいます。

まぁ、甘くて美味しいので白米よりはいいですが、筋トレダイエット向きではないので注意しましょう。

 

夜ご飯をさつまいものみにした結果

このようにさつまいもを大量に買い込んで、夜ご飯の炭水化物をさつまいものみにして1週間過ごしました。

 

結果はご覧の通り。

73、5キロ付近から72キロを切るくらいまで体重が減少しているのがわかります。

 

というわけで、夜ご飯に限らず、食べる炭水化物をさつまいもに変えるだけでダイエットは可能です。

今日の夜ご飯の献立を考えるのが面倒な人はぜひ「〇〇だけダイエット」を試してみてください。

さつまいも+タンパク質を組み合わせると最強に痩せますよ。

 

夜ご飯をプロテインのみにするのは注意

ちなににプロテインのみでも痩せますが、痩せすぎには注意しましょう。

大事な筋肉が失われるかもしれないからです。

じっさいに試してみたところ、週に1、5キロ以上痩せまして逆に痩せすぎたので「夜ご飯プロテインのみ」ダイエットを辞めました。

 

筋肉にはタンパク質が必要ですが、炭水化物も重要。

さつまいもと組み合わせつつ、痩せすぎには注意しましょう。

夜ご飯をプロテインのみにしたら1週間で−1.5キロ【痩すぎたのでやめた】

さつまいもダイエットで理想の体型をゲットしましょう

 

ということで今回はさつまいもはなぜダイエットに向いているのかという疑問を解決してみました。

実際ボクも実践してダイエットすることができましたし、なによりもさつまいもはウマイ!

とはいえ、結局のところ筋肉を維持してダイエットをするには、摂取カロリーを抑えるのが重要。

いくら脂質とGI値が低くても食べ過ぎると太ります。

 

さつまいもは甘くて美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいがち。注意しながら、コツコツ継続してダイエットをすすめていきましょう。

おさらい

さつまいもが筋トレダイエットに最適な理由
  1. 満足度が高い
  2. 脂質がひくい
  3. GI値がひくく太りにくい

さつまいもを食べるときの注意点
焼き芋にするとカロリーアップ

さつまいもは手軽にレンチンでたべられるのでおすすめ
レンチン蒸し推し!

オートミールもいいですよ。下記で紹介していますのでぜひ参考にしてください。

【飲めるバルクアップ飯】筋トレ民にはオートミールが最強な理由【減量も可能】

 

 

このブログ【マダソウ】では日々、筋トレやダイエットに関しての情報を発信しています。

あれ?あのブログ更新されているかな?と思ったら【マダソウ】と検索してみてください。きっとあなたの役に立つであろう情報が更新されているはずです。

今後ともよろしくお願いします。

人気まとめ記事

正しいダイエットのやり方【まだ痩せるために必死に走ってるの?】

【ナッシュ宅配の闇】宅配弁当で痩せた秘話を口コミと評判を合わせて激白

【バルクアップの心得】脂肪をつけない食事・食材・増量ペースまとめ

筋トレの全ては食事で決まる!おすすめ食材19選【失敗は人生のムダ】

ホームジムおすすめ筋トレ器具10選【省スペースならハーフラック一択】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク