ガリマッチョにオレはなる!3つの筋トレでガリガリからの卒業【モテる】

 

ガリガリなのでマッチョになりたい。
最短でガリマッチョになるには何をしたらいいのだろうか?

 

このような疑問に答えます。

 

この記事を書いているボクは筋トレ歴7年ほどです。

 

そんなボクがガリガリの人がガリマッチョになるために必要な筋トレ種目を3つ厳選したので紹介します。

※それなりの根拠もあります。

 

記事の後半では、ガリガリの人が「ガリマッチョ」になるために必要な正しい知識も紹介。

最後まで記事を読むとあら不思議、骨が浮き出ていた胸や肋骨も程よく盛り上がった筋肉に生まれ変わること間違いなしです。

 

ではいってみましょう。

 

ガリマッチョとは?【普通が一番モテます】

ガリマッチョとは、細マッチョと普通の間。

ガリガリの人

頑張って筋トレをしているであろう体型

 

太っている人

筋トレをしつつ食事に気を使っているであろう体型

 

つまりガリガリではないくらい筋肉がついており、脂肪もちょっとだけあるといういかにもナチュラル(自然)な体型のことをガリマッチョといいます。

ということでナチュラルマッチョともいえるのではないでしょうか。

 

ガリマッチョ=ナチュラルマッチョ

 

ガリマッチョとは【細マッチョとゴリマッチョの違い】

 

上記は体脂肪率に対しての見た目を表した画像。

この例を見てもらうとわかるように体脂肪率だけで言えばガリマッチョは10〜15%の間といえるでしょう。

 

ちなみにボクレベルは細マッチョかデブ

こちらの写真は筋トレ5年目くらいで筋肉レベルで言えば細マッチョくらいかと思います。

 

ガリマッチョレベルはもう少し絞ると到達する感じですか。

ゴリマッチョには程遠い

ちなみに左から順番に

  • ガリガリ
  • ガリマッチョ
  • 細マッチョ
  • ゴリマッチョ
  • ゴリゴリのマッチョ

のようなイメージなのでボクレベルではゴリマッチョには程遠いと言えます。

※より一層精進します。

 

ガリマッチョはモテるのか【重要】

 

ガリマッチョになるとモテるのか?

 

ぶっちゃけ、長年筋トレをしているボクからすれば筋トレの目的はモテるためではないですし、多分多くのトレーニーも納得するはず。

 

しかしこれから筋トレをしてガリマッチョを目指す人にとってモテるのかは?は、今後のモチベーションを保つためにも重要といえるでしょう。

 

ということで、結論は以下のようになっています。

https://bodyhack.jp/machonews/5149/

 

細マッチョとふつうの体型が理想

超有名女性誌である「CanCan」の調べによる理想のパートナーの体型は

 

1位:細マッチョ

2位:ふつう

3位:アスリート系マッチョ

 

という結果。

 

ガリマッチョは細マッチョとふつう体型の間くらいを定義するので、理想の体型の7割を占めていると言っても過言ではありませんよね。

 

ちなみにボディビルダーのようなゴリマッチョは不人気で多分「その他」の1.6%かと。

ガリマッチョはゴリマッチョをぶっちぎりで引き離すほど人気の体型、モテないわけがありません。

結論:ガリマッチョはモテる(理想ではある)

 

最速でガリマッチョになるための知識【ガリガリの人向け】

 

ガリガリの人がガリマッチョになるために必要な知識を紹介します。

オーバーカロリーは必須だけど食べ過ぎ注意

プロテインは必須ではない(むしろ不要)

有酸素運動は必要ありません

とはいえ期間は1年ほど

具体例を交えて紹介します。

 

バルクアップにはオーバーカロリー【2キロ以下】

 

筋肉をつけるには、消費カロリー<摂取カロリーが最速です。

※筋肉をつける行為をバルクアップといいます。

 

リコンプという考えもあるけど

筋トレを始めたばかりの人特有の、脂肪を減らしつつ筋肉をつける初心者ボーナス期間は実在します。

 

またバルクアップに最低限必要なカロリーを調整して摂取し、体脂肪を減らしながら筋肉量を増やすリコンプなるものも。

 

しかし基本的には消費カロリー<摂取カロリーがバルクアップの鉄則。

 

とはいえ食べすぎた消費カロリーはただの脂肪になってしまいます。

ちなみにボクも筋トレYouTuberの真似をして1日5000kcalとかを摂取していましたが、絞ってみたらほぼ脂肪でいいことはありませんでした。

 

バルクアップといいつつ食べすぎた分はほぼ脂肪なので、月2キロ以下にに抑えるようにしてガリマッチョを目指していきましょう。

筋トレ増量ペースは月2kg以下が理想【急激なバルクアップは無意味】

 

プロテインはただの栄養補助食品

 

筋トレを始めるとプロテインの存在を知ることになるはずです。

しかしプロテインはただのタンパク質の粉。

筋肉をつける魔法の粉ではありませんし、飲まないと筋肉がつかないわけでもありません。

 

筋肉をつけるには

摂取カロリー>消費カロリー

タンパク質よりも炭水化物

正しい負荷の筋トレを継続

 

たったのこれだけでOKです。

 

筋トレを始めた人の多くはプロテインは必須だと思っているようですが、ぶっちゃけ不要

  • 肉や魚などのタンパク質
  • 米や餅などの炭水化物

などのリアルフードが足りていれば問題なく筋肉はついてくれるでしょうし、バルクアップは可能です。

 

とはいえプロテインは便利

しかしプロテインが便利なのは事実。

リアルフードで補きれない時につかったり、すぐに吸収したい時などに使ったりすると非常に便利です。

プロテインは必須ではないですが、便利なのは事実。

 

上手に付き合って最速でガリマッチョを目指していきましょう。

【実感】プロテインなしでも筋トレは可能|効果的なタイミングとは

 

有酸素運動は不要【筋トレのみでOK】

 

筋トレをして有酸素運動をしないと筋肉はつかない?

有酸素運動は脂肪を燃やす行為なので、もともとガリガリで脂肪の少ない人に有酸素運動は不要です。

 

有酸素運動で消費した分のカロリーは補わなくてはならず、食べるのが得意ではないガリガリ体質の人にとってはたぶん苦痛。

太りにくい体質の人は有酸素運動はせずにガンガン筋トレをして筋肥大を狙いましょう。

 

ガリマッチョ体型の維持は楽勝【期間は最低でも1年継続】

 

太りやすい人なら暴飲暴食に気を付ける

太りにくい人ならガッツリたべて筋トレ

 

このくらいの認識でガリマッチョの維持は可能だからです。

 

ボクは太りやすい体質で、酒飲みですが暴飲暴食をおさえつつ週3〜4回の筋トレでそれなりのマッチョを維持できています。

 

ガリマッチョの維持はシビアにならなくても、いわゆる普通の生活をしていれば意外とガリマッチョを維持できるでしょう。

 

最低でも1年以上の継続は必須

しかしガリマッチョとはいえ、それなりに筋肉をつけなければいけないため、最低でも1年以上の継続は必要になってきます。

ベンチプレスで100キロを上げるような体型でようやく、ガリマッチョも見えてきたかなというレベルではないでしょうか。

 

ガリマッチョの維持は意外と楽勝ですが、筋肉をそれなりにゲットするには最低でも1年以上の期間を要することを理解して焦らずガリマッチョを目指していきましょう。

ベンチプレス100kg達成までの期間【30歳からでも1年で達成】

 

ガリマッチョになるために最低限必要な3つの筋トレ種目と鍛える部位

 

おまたせしました。ここでは最速でガリマッチョになるために必要なことを紹介します。

 

ガリマッチョになるために鍛える筋肉部位

 

最速でガリマッチョになるには以下の筋肉を重点的に鍛えるようにしましょう。

ガリマッチョ筋肉

腹筋

大胸筋

広背筋

上半身を鍛えることで、最速ガリマッチョを目指せます。

 

個人的には脚トレは必須ですが、最速でガリマッチョを目指すのであれば上半身のみの筋トレでもいいのではないでしょうか?

 

ちなみに脚トレをしない人を筋トレ業界では「チキンレッグ」と言います。

筋トレ|チキンレッグ解消の脚トレはナロースクワット一択【腰抜けですか】

が、筋トレの目的は人それぞれなので最速でガリマッチョを目指すのであれば上半身を重点的に鍛えると効率がいいでしょう。

脚トレがきついならやらなくてもOK?【IFBBプロJINに本質を学びました】

 

最速でガリマッチョになるための筋トレルーティーン【1つでもOK】

 

ガリマッチョになるために最適な筋トレ種目

ベンチプレス

チンニング

腹筋ローラー

 

最速でガリマッチョを目指すなら前項で紹介した筋肉群を鍛えましょう。

そしてそれらの筋肉を効率よく鍛えるには、上記の3つの種目をやるだけでガリマッチョは可能です。

 

ガリマッチョルーティーン例

月曜日:ベンチプレス

水曜日:腹筋ローラー

筋曜日:チンニング(懸垂)

 

ガリマッチョをめざして週に3回はゴリゴリ筋トレをしましょう。

 

腹筋ローラーのやり方→腹筋ローラーで腰が痛い人が気を付けるべきポイントとテクニック

チンニングのやり方→懸垂ができない人がまずは1回できるようになる方法【まずは0→1達成】

 

忙しい人向けの筋トレ

忙しくて時間がないならぶっちゃけベンチプレスだけをやり込めばOK。

なぜならベンチプレスをやるだけでガリマッチョになるために必要な上半身の筋肉を鍛えることが可能になってしまうから。

 

ベンチプレスだけを週に2回やり込むことで、ガリマッチョになるための筋肉を効率よく鍛えられるでしょう。

 

ちなみに筋肉を大きくするには頻度も重要です。

最低は1部位につき週1回の筋トレですが、最速で筋肉をゲットしたいなら週2回の頻度にするとよいでしょう

【筋肥大の頻度】バルクアップは1部位週2回が最適【実体験を紹介】

 

 

ガリマッチョになりたいけど時間がないという人は週に2回、ベンチプレスだけをやり込むのもいいかもしれません。

 

ガリマッチョになって満ち足りた人生を

 

まとめ


ガリマッチョとは

細マッチョと普通マッチョの中間

ゴリマッチョを抜いて7割がガリマッチョ好き

ガリマッチョになるには

オーバーカロリーは必須
※食べ過ぎ注意

プロテインは必須ではない
※むしろ不要

有酸素運動は不要

筋トレ期間は1年ほど

ガリマッチョになるための筋トレ

ベンチプレス

腹筋ローラー

チンニング(懸垂)

※おすすめはベンチプレスだけを週2回

 

圧倒的にモテるガリマッチョは誰にでも変身が可能。

しかし何の努力もせずにとはいかないのが世の中の常です。

 

ガリマッチョになるには

  • 正しい知識
  • 正しい筋トレ
  • 正しい食事

を愚直に実践するのみですが、多くの人は挫折してしまいます。

 

なぜならモチベーションが保てないから。

 

モチベーションを維持して実行するには、ある種の尻叩きが必要な人もいるかもしれません。

今ならあなたの理想の体型を実現させるためのオンラインパーソナルトレーニングを実施しています。

 

ガリマッチョになりたいけど一人では自信がないという方は以下の記事も参考にしてみてください。

筋トレ歴7年の知識であなたの悩みを解決します。

【無料診断】お腹の脂肪を落としたいけどどんな筋トレをすればいいの?

 

ということで今回は以上です。

ガリマッチョになって理想の人生を歩んでいきましょう。

 

画像参照

https://beweightloss.com/body-fat-percentage-explained/

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク