オートミールはまずい

オートミールがまずいと思う健康志向の人が簡単に出来る美味しいレシピ

オートミールはまずい

悩んでいる人
年齢的にも健康志向になってきた、オートミールを食べてみたいけど「まずい」らしい。でも健康で過ごしたいです。美味しい食べ方や種類、おすすめのオートミールを知りたい

 

こんな悩みに応えます

 

 

こんにちは筋パパです

 

オートミールは「まずい」と思っている人に質問です

 

これを見ても「まずそう」だと思いますか?

 

実は、この記事で紹介する「オートミールの美味しいレシピ」を実践すると、誰でもオートミールを美味しく食べる事ができます

 

なぜなら、実際に毎朝オートミールをアレンジして、美味しく食べているからです

 

記事を読み終えると、美味しく健康的な生活を送る事ができるようになります

本記事の内容
  • オートミールがまずい理由
  • オートミール初心者が選ぶべき種類
  • オートミールの栄養成分
  • オートミールの美味しいレシピ

筋パパ
あなたの好みに合ったオートミールのレシピがきっとみつかります

オートミールがまずい理由

オートミールがまずい理由

オートミールがまずいと思う理由以下のような感じです

  • 味がない
  • 食感が嫌い
  • 見た目が悪い

筋パパ
僕も食べるまではそう思っていました。しかし食べてみる全然違いましたよ

 

 

順に解説します

味がない

オートミールは基本的に味がついていません

 

そのまま食べるとなんとも言えない味で、麦の味がほんのりする程度です

 

しかし逆に言えば味付け次第で美味しく食べる事ができます

 

というわけで、後ほど美味しい食べ方を紹介していきます

食感が嫌い

なぜなら、慣れていないからです

 

我々日本人は、小さい頃から白米で育ってきたので、オートミールに慣れていません

悩んでいる人
僕も最初、慣れるまでは食感が嫌いでした

 

オートミールの種類と、調理法で食感が変わるので、試してみましょう

 

こちらも後ほど紹介します

見た目が悪い

見た目は控えめに言っても鳥のエサです

 

つまり、オートミールがまずいと思っている人は、見た目ですでにアウトという事です

 

 

正しい調理法と、味付けをすると見た目も変わります

 

そして美味しく食べる事ができます

 

健康にも、ダイエットにもいい、オートミールを食わず嫌いはもったいないです

オートミールの栄養成分【ここが素晴らしい】

オートミールの栄養

悩んでいる人
そもそも、まずいオートミールを食べる必要なんてあるの?

 

オートミールには優れた栄養が豊富です

 

具体的にあげるとすればこんな感じです

  • GI値が低い
  • 食物繊維が豊富
  • ミネラルが豊富
  • ビタミンが豊富
  • 炭水化物が少ない
  • 筋肉にもいい

一つずつ解説します

GI値が低い

GI値とは

グリセミック指数 (glycemic index) とは、食品ごとの血糖値の上昇度合いを間接的に表現する数値である。

ウィキペディア

オートミールはGI値が低い為、血糖値が急上昇しません

 

血糖値が上がらないので、インスリンの分泌も穏やかになります

 

つまり、食べても脂肪になりにくいということです

 

オートミールはダイエットにも最適といえます

食物繊維とビタミン、ミネラルが豊富

オートミールは食物繊維が豊富です

 

つまり、便秘の改善に役に立ちます

 

 

さらにオートミールはビタミンとミネラルも豊富です

 

ビタミンは人間にとって必要不可欠ですが、体内でつくられる量はわずかです

 

外部から取り込まないと

  • 疾病
  • 成長障害

といったビタミン欠乏症になります

 

ミネラルも同様でして、体内でつくることが出来ないので、食物から取り込む必要があります

 

オートミールはビタミンとミネラルが豊富なのでおすすめです

炭水化物が少ない

炭水化物の量を、100グラムで換算すると

  • 白米=77グラム
  • オートミール=約60グラム

です

 

悩んでいる人
あまり、変わりませんね

 

 

しかし量が違います

例えば、白米の100グラムは子供でも簡単に食べる事ができる量です

 

しかしオートミールの100グラムは、食べきれない量になります

 

 

つまり、オートミールは少ない量で満腹感も得られるので、ダイエットや健康志向の人に向いています

筋肉にもいい

オートミールは筋トレをしている人にもおすすめです

 

なぜなら、タンパク質が多いからです

 

 

筋トレをして、筋肉を大きくしたいのであればタンパク質が必要です

 

オートミールには白米に比べ、タンパク質が豊富です

 

ですので、筋トレをしている人には最適です

 

オートミールが筋肉にいい理由についてはオートミールが筋肉にいい6つの理由ダイエットやリーンバルクに最適で解説しています

オートミールの種類【オートミール初心者向けも紹介】

オートミールの種類

結論から言えばオートミール初心者が食べる種類は

  • クイックオーツ
  • インスタントオーツ

です

 

基本的にオートミールはすべてオーツ麦(燕麦)からできています

 

具体的に言えばお米と同じです

つまり、そのままでは食べる事ができません

 

オーツ麦の外皮を取り除いたものをオーツグランといいます

筋パパ
玄米のような感じです

 

そして、食べられるように精製するのですが、段階によって呼び名や特徴が変わります

  • オーツブラン
  • ロールドオーツ
  • クイックオーツ
  • インスタントオーツ

の4種類です

オーツブラン

精白していく時に出てくる粉です

例えるなら、米ぬかです

 

オートブランと呼ばれる場合もあります

 

オーツブランは外皮を集めた物です

つまり、外皮の栄養が濃縮されているわけです

 

栄養成分は

  • 食物繊維
  • ミネラル

が豊富です

 

しかし、米ぬかのようなものなので調理には不向きです

 

筋パパ
パンなどに入れるのがおすすめです

 

ロールドオーツ

ロールドオーツは、オートグローツを蒸して平らに延ばし、乾燥させたものです

 

例えるなら、お米の玄米を蒸して平らに延ばし、乾燥させたものです

 

 

一度蒸してあるので、調理の時間を短縮できます

 

熱処理をしてあるので、もちろんそのままでも食べる事ができます

 

が、おいしくはありません

クイックオーツ

クイックオーツは、ロールドオーツを更に調理しやすく加工されたオートミールです

 

オールドローツをさらに細かくしてあるので水が浸透しやすいです

 

筋パパ
調理の時間がかかりません

 

 

一般に売られているオートミールのほとんどがクイックオーツです

 

基本的に味付けはされていないので、そのままだと美味しくないです

 

 

どこでも手に入りますので

初めてオートミールを食べるなら、クイックオーツがおすすめです

インスタントオーツ

ロールドオーツを一度調理し、乾燥させたオートミールです

 

 

味付けがされているものが多いので、そのまま食べる事ができます

 

具体的に言えば、シリアルの様なオートミールです

 

牛乳をかけて食べたりも出来ます

 

デメリットは調理済みで味付けがされているので、アレンジができません

 

が、初心者はインスタントオーツもおすすめです

おススメのオートミール

僕のおすすめはこれです

 

安いし大容量でウマイです

正直、食べたことはないですが、甘くておいしいようです

オートミールの美味しいレシピの紹介

オートミールの美味しいレシピ

お待たせしました

 

ここからは、オートミールの美味しい食べ方を紹介します

 

オートミールの食べ方は具体的に言えば

  • あまい系
  • しょっぱい系

で分かれます

 

筋パパ
僕はしょっぱい系です

 

 

反対に、甘い系が好きな人もいます

 

あなたに合った食べ方を見つけ、オートミールライフを楽しんでください

 

という訳で、僕のツイッターのフォロワーさんにも、オートミールの達人がいますので紹介します

 

オーバーナイトオーツもおすすめ

オーバーナイトオーツとは、オートミールに牛乳や豆乳を入れて、寝る前に仕込んで朝食で食べる方法です

 

忙しい朝でも、手軽に美味しく栄養を取ることが出来るので、おすすめです

 

基本的に甘い系が多いです

 

 

 

筋パパ
どれも手軽にできますので是非やってみてください

オートミールはまずいわけがない

以上でまとめます

 

オートミールがまずいという人の多くは

  • 食感
  • 見た目

に問題があるようです

 

しかしオートミールは、ほとんど味がないので、自分好みにアレンジができます

 

つまり、自分にあった食べ方を発見できるということです

 

オートミールは、健康的に生活したい人には欠かせない食品です

 

おいしいオートミールの食べ方を発見して、楽しく美味しいオートミール生活をはじめてください

 

もう一つ、健康的な生活には筋トレが欠かせません

 

気軽に筋トレを始めたいなら 筋トレ続かない人がやるべき事は週2回【健康診断C判定を受けました】で解説しています

 

今回は以上になります

最後までご覧いただきありがとうございました

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事