たんぱく質不足が招く美容にも最悪な3つの恐ろしい弊害

 

 

Beauty Concept - Beautiful Caucasian woman with clean skin, natural make-up isolated on bright pink background with copy space. Free Photo

 

 

寝起きにたんぱく質、食事にたんぱく質、間食にたんぱく質、運動後にたんぱく質、就寝前にたんぱく質と日々たんぱく質ばかり意識して生活をしている感じの僕ですが、筋トレをしていない人でもたんぱく質を摂取することは、健康で生活していくには必須です

 

筋トレしていると、プロテインばっかり飲んでるんでしょ?とかよく言われます。でもですね、たんぱく質とはそもそも人間が生きていくのに必要な栄養素で三大栄養素とも言われているくらい重要な栄養素なんです。

 

たんぱく質の摂取量が少なくなると様々な障害が体に出てきます。という事で今回はたんぱく質が不足すると現れる体の異常を3つ厳選してお伝えします。

どれも恐ろしことばかりなのでたんぱく質不足が懸念される人は、必見ですよ

 

 

たんぱく質とは

 

たんぱく質には大きく分けると3つの役割があります。

・神経伝達物質の構成

・体の材料

・免疫機能を高める

と言うどれも重要な役割があるんですね

 

たんぱく質とは20種類のアミノ酸。そのアミノ酸の中でも9個のアミノ酸は体の中で作る事ができない必須アミノ酸と呼ばれるものになります。

体の材料とは、心臓などの全ての臓器、筋肉、皮膚、爪、髪の毛などのことになるので、あらゆるところにたんぱく質は必要になるという事ですね。

ではこの重要な栄養素であるたんぱく質が不足するとどうなるのでしょうか?

 

 

 

たんぱく質不足が招く3つの弊害

 

Worried Young Beautiful Woman Touching Face Free Photo

 

筋肉の減少

 

筋肉は人間が生活をする上で、なくてはならないものですよね?そしてその大事な筋肉の材料となるのがたんぱく質ですが、不足すると筋肉はどんどん消費されるばかりで、材料が無いため作る事ができなくなります。

 

筋トレをしている人なら、筋肉はうまく肥大してくれませんし、運動をしていない人でも疲れやすい体になったりと、恐ろしい事が起こります

 

ダイエットと称して低カロリーのものばかり食べていると、体に必要な栄養素は不足していきます。それでも私たちの体は生きていこうとします。生きていくのに必要な部分には栄養を回さなければいけません。

心臓やら何やら生きていくために重要な部分には、栄養を回さないとだめですからね。そんな時に真っ先に切られるのは筋肉と言うわけなんですね

なぜなら、筋肉は生きていくのに必要最低限あればいいもの。大きすぎる筋肉は体にとって燃費が悪すぎるので必要無いんですね。

なのでたんぱく質が不足していると筋肉を削って生命を維持しようと勝手に体が判断します。

なので低カロリーダイエットなどを行うと、必要な栄養素などが不足するので筋肉が減少したりします。筋肉が少なくなると燃費が悪いからだになり、基礎代謝も下がってしまうため、痩せにくくなりますし、痩せたとしても見た目が悪いしぼんだようなヒンソな体になってしまいます

 

 

集中力の低下

 

神経伝達物質にはドーパミンやセロトニンといったものがありますが、どちらもアミノ酸からできています。

たんぱく質が不足すると、やる気の元となるドーパミンやリラックス効果のあるセロトニンが不足します。

セロトニンが不足すると、日々の生活でぼーっとしてしまったり、物忘れが激しくなったりと日常生活にも支障をきたす事が多くなります。

最近物忘れが激しいとか、なんだかうまくいかないなど思っている人は、たんぱく質が足りておらず神経伝達物質の働きが鈍くなっているかもしれませんよ

 

 

髪や肌のトラブル

たんぱく質を材料としていて、見た目にわかるところといえば髪の毛や爪、肌ですね

髪の毛が切れやすくなったり艶やコシがなく、なんとなくまとまらないって人は、髪の材料であるケラチンが不足している為だと思われます。髪の毛の大部分はケラチンと言うアミノ酸からできているので、不足すると薄毛なども考えられます。

 

さらに女性は肌トラブルにも大きく関わってきます。

肌のツヤや弾力にはコラーゲンが大きく関わってきますよね?なのでコラーゲンが少なくなると、肌のツヤや、ハリなども維持できなくなります。

そしてなんとコラーゲンもたんぱく質からできているんですね。肌のハリや弾力を維持するために必要なのがコラーゲンとエラスチン。そこにたんぱく質が加わり肌の弾力を維持するんです

 

たんぱく質が不足するとエラスチンの働きも弱くなるので、シワやたるみの原因となります。なので特に女性はたんぱく質不足は美容の面でもよく無いと言うことになります

 

 

まとめ

 

young woman salon white natural clear Free Photo

 

いかがでしたか?たんぱく質が不足すると恐ろしい現象がたくさん起こる事がわかりました。

 

たんぱく質の摂取方法は色々あるのですが、やはり基本は普段の食事からです。

 

ダイエット食などのカロリーが低いだけの食事は、いっときは痩せる事ができても筋肉が少なくなっただけで太りやすく、痩せにくい体になってしまいます。

なのでカロリーだけを気にするのではなく糖質、脂質、タンパク質のバランスを気にして食事をするようにしましょう。

あと、即席で済ませる食事もダメですよ。確かにカップ麺や即席の物は便利で手軽なのでついつい利用してしまいがちです。そんな時はひと手間加えて、即席の食事にたんぱく質をプラスするのがオススメ。

カップ麺なら鶏胸肉やシーチキンなどをプラスしたり、乾燥ワカメや海藻なども健康にいいですので、即席食をそのまま食べるのではなく、たんぱく質をうまくプラスしながら普段の食事をするようにしましょう

自分の体は全ての食べたものから出来ています。今は何も弊害が起きていないかもしれませんが、それはただ見えていないだけかもしれませんよ。

ちなみにたんぱく質は体重と同じ量がおおよその目安とされています。体重60キロの人ならたんぱく質は60グラムって事ですね。

 

普段からたんぱく質を意識して食事をすることで、必然的に1日に必要なたんぱく質は確保できてきます。そうすることによって肌や髪もきれいになり、見た目も内面もよくなるはず!く普段からの食事を見直して、将来も健康で生活していけるように今から少しづつでもたんぱく質を意識して食事をしてみましょう

では

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事