プロテインの作り置きは大丈夫?持ち運び方法と作らずに飲む究極方法

プロテインの作り置きは大丈夫?持ち運び方法と作らずに飲む究極方法

こんにちはパパです

 

プロテイン飲んでますか?

  • 筋トレ後
  • 寝起き後
  • 就寝前
  • 完食に

などなど

プロテインを飲む事が多いトレーニーですが、

僕も3年以上お世話になっているおかげでだいぶ体も大きくなることができました。

 

そしてふとこの様に疑問に思った事はありませんか?

 

「毎回作るのめんどくさー」

「1リットルくらい作り置きした方が良くね?」

 

 

こんな風に思ったのでGoogle先生に聞いてみようと思い、この記事に辿りついた人に結論を言わせてもらうとすればプロテインの作り置きはNGです

なぜならプロテインの作り置きのメリットはないどころかそもそも論でプロテインは腐るからです

 

プロテインとは簡単に言えば牛乳を粉にしたイメージです

その牛乳を常温で、ましてや夏に放置しておくとどうなるかは想像がつきますよね?

 

試しに飲み終わってプロテインが少し残っているシェイカーを1日放置してみたらいかがでしょう?

僕はもうそのシェイカーを開封したくは無いですね、マジやばい匂いになってますから

 

という事でプロテインの作り置きは大丈夫では無いです

 

「じゃ、毎回作るのがめんどくさいプロテインはどうしたらいいの?教えてくれないのかよ、結局!」

 

と言われそうなので今回は

プロテインを便利に持ち運べる方法や、そもそもシェイカーを使わずにプロテインを飲む方法を教えますね

毎回プロテインを作る事がめんどくさがりの人は必見ですので最後までお付き合いくださいね

 

 

 

プロテインとは

プロテインとは簡単に言ってしまえば牛乳の様なものを粉末にして、人工甘味料などで美味しく飲みやすくしたタンパク質の塊です

詳しくはこちらの記事で解説しています

プロテインの効果とタイミング【保存版】必要量などすべてを徹底解説

 

次はプロテインはなぜ、作り置きがダメなのか?具体的に説明していきます

 

 

プロテインの作り置きがNGな理由

 

プロテインの作り置きは最初にお話した通りNGなのですが、ここからはもう少し詳しくなぜダメなのかを説明します

最初に納得できていない人もこれを見たら納得できるはずです

 

 

プロテインの風味が落ちる

プロテインを作り置きしておくと時間が経つにつれて鮮度がどんどん落ちていきます

プロテインは時間が経過すれば酸化していくんですね。

 

酸化が進むにつれ、味も風味もドンドン落ちて不味くなるんですよ。

例えば、すぐに飲むプロテインは何の違和感もなく飲めるはずですが、ジムに行って筋トレ後に飲む用で作り置きし、1時間後に飲むだけでなんとも言えないような違和感に襲われます。

僕はですけど

気になる人はやってみてください、なんだか不味いですから

 

 

プロテインのグルタミン酸が損なわれる

プロテインを作り置きしておくとタンパク質の変質によってグルタミン酸も変質を受け、結果的にプロテインの栄養価が下がってきます

もしあなたがプロテインを作り置きして腐らない様に冷蔵庫で保存していたとしても、栄養価のないプロテインを飲む意味が無いですよね?

タンパク質の無いプロテインはもはやプロテインですら無いですから

 

 

プロテインに食中毒の危険

プロテインの作り置きは食中毒の危険性があります。

その原因としては作り置きをする事で雑菌が繁殖するからですね

 

プロテインとはタンパク質の塊だという事は既に周知の事実ですが、実はタンパク質を必要としているのは、何も人間だけでは無いんですね。

人以外にもタンパク質は必須でして、もちろん雑菌さんも大好きなわけです。

 

粉の状態で有れば雑菌も繁殖出来ませんが、作り置きし水に溶けた状態だと雑菌もここぞとばかりにタンパク質を欲して大繁殖するというわけです

結果的に雑菌だらけのプロテインを飲んで食中毒になるという事です

 

プロテインの作り置きがいかに危険か想像ができましたよね?

次からはプロテインの作り置きに変わる便利な方法を具体的に説明をしていきます

 

 

プロテインの作り置きに代わる方法

 

プロテインは作り置きしなくても粉の状態であれば便利に持ち運べ、美味しく飲めるようなっています。

作り置きの様に美味しくなく、タンパク質の少ない雑菌だらけの危険なプロテインを飲まなくてもOKなので紹介します

 

プロテインをシェイカーに入れる

出かける前にジムのウェアと一緒にプロテインも用意します。

あらかじめプロテインをシェイカーの中に入れておけば、ジムの自販機で水を買うだけ新鮮なプロテインを美味しく飲む事ができます

 

「でも、シェイカーにプロテインがある状態で水を入れたらめちゃくちゃダマになるんですけど?」

って思った人、中々プロテインの事を知っていらっしゃる!!

 

そんな時はこのシェイカーがおすすめ

 

プロテインの粉と別々に持ち運べるシェイカーです

 

プロテインをジップロックや保存容器に入れる

プロテインの粉をジップロックや保存容器に入れて持ち運ぶ事で、水さえ有ればいつでも新鮮なプロテインを飲む事ができるようになります

ちなみに筋トレYouTuberのコアラ子嵐氏は

ジップロックに1回分のプロテインを入れて持ち運び、プロテインを飲む時は500mlの水を買い、ジップロックの角をハサミなどで切ってペットボトルの中にプロテインを入れて溶かして飲むという方法で、出先でもプロテインを美味しく飲んでいる様です

 

プロテインのビルダー飲みをマスターする

プロテインはビルダー飲みが1番いいですよ、これに限ります!

なぜなら

  • シェイカーいらず
  • プロテインがあればOK
  • シェイカーを洗わなくてもOK

だからです

 

プロテインを飲んだ後にシェイカーを洗うのってめちゃめんどいですよね?

かといってそのまま放置すると残ったプロテインが腐って臭くなります。

そんな時はビルダー飲み一択ですね

 

プロテインビルダー飲みとは

「ビルダー飲みとは?」

「そもそもビルダー飲みって何?」

 

プロテインのビルダー飲みとは簡単に言えば粉を直接口に入れるて飲む方法です。

ビルダー飲みが出来ない人も出来るようにコツを詳しく解説しています

「1度ビルダー飲みに挑戦したけど粉でむせて死にかけた!」って人はも是非こちらの記事をご覧下さい

プロテインビルダー飲みのコツとシェイカーでダマにならない方法

 

 

プロテインの正しい保存方法

プロテインの保存方法は基本的に自分で購入をしたプロテインのパッケージ裏に書いてある注意書きに従えばOKです

 

「開封後はしっかりとチャックを閉めて賞味期限に関わらず早めにお召し上がりください」的な事が書いてあると思いますので、当たり前といえば当たり前の事がツラツラと書かれていますが、ご使用上の注意をよく読んで保存しましょう

 

 

プロテインの作り置きまとめ

以上でまとめます

 

プロテインの作り置きは単純に腐るだけではなく、風味も損なわれ、さらには肝心なタンパク質もタンパク質ではなくなります。

 

そうなってしまってはプロテインを飲む意味すら無くなってしまうので、プロテインの作り置きはしないようにしましょう

タンパク質が無く不味いプロテインを飲んで食中毒にはなりたくないですから

 

今回は以上になります

最後までご覧頂きありがとうございました

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事