超回復は嘘です

超回復は嘘!根拠がない事よりも筋トレ初心者にとって重要な事を解説

超回復は嘘です

こんにちは筋パパです

[char no="2" char="マルコス"]筋肉の超回復って何?嘘なの?[/char]

 

 

今回のお悩み

筋肉の超回復ってあるのか知りたい

毎日筋トレをすれば超回復に間に合わない?

[char no="1" char="パパ"]このようなお悩みに答えます[/char]

 

 

結論から言えば

筋肉の超回復は嘘です

 

筋トレをして筋肉が傷つき、以前よりも大きくなろうとして、筋肉が大きくなるというのが一般的な超回復理論です

 

 

しかしコレは何のエビテンスもありません

 

簡単に言えば根拠がありません

[char no="2" char="マルコス"]じゃ、筋肉はどうやって肥大するの?[/char]

 

 

と言う事で今回は

超回復は嘘と理由と、筋肥大させる正しい方法を解説していきます

 

上記のような悩みの人はこの記事を見ればすべて解決します

本記事の内容

超回復は嘘の根拠

筋肥大に筋肉痛は関係ない

筋肉を肥大させるのに重要な事

[char no="1" char="パパ"]筋トレ歴4年で試行錯誤してきた僕が解説します[/char]

超回復は嘘と言う根拠

超回復は嘘です

 

そして超回復とはこんな感じです

筋肉はレジスタンス運動を行うと筋線維の一部が破断されます。それが修復される際にもとの筋線維よりも少し太い状態になります。これを「超回復」と呼び、これを繰り返すと筋の断面積が全体として太くなり筋力が上がります。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-092.html

トレーニングで筋肉を酷使したあと栄養と休養をしっかり取り筋肉を回復させて以前の筋肉を超える事を超回復と呼んでいませんか?

 

私も以前はそんな風に思っていました。でもですね、実は正確な理論として使われている言葉では無いという事実をつかみました。

 

筋肉が超回復をしているのを見た事がある人はほとんどいないのが最大の理由。というかある理由で見えないんですね

 

でも筋トレ後、トレーニングをして筋肉が破壊された後は以前より太く強く修復され以前より強くなろうとするのは事実なんですが

大きな間違いなのが、以前は100キロが上がったので超回復後は105キロが上がるようになるわけではなく、目に見えない極めて少しずつ回復して、以前より強くなる。超回復という理論があるとすればこの時に超回復が起こっている言うことになりますね。

なので今日は限界まで追い込んだのでこの筋肉痛が取れた一週間後に必ず超回復して筋肉が太くなるってわけでは無いってことですね。

先ほどある理由で超回復を見たことがある人がいないというのは少しずつ過ぎて見えないという事だったんです。

[speech_bubble type="ln" subtype="L1" icon="daikyous.gif" name="未完成な大胸筋さん"]そうか!少しずつ行われているんだな超回復ってものは[/speech_bubble] [speech_bubble type="ln" subtype="R1" icon="IMG_6349.JPG" name="34歳3児のオヤジ"]目に見えないからこそ超回復はあるとかないとかの理論になるのかな~[/speech_bubble]

 

 

筋肉が回復するまで

 

やり慣れたトレーニングを続けているとなかなか筋肉が来なくなります「あれ、トレーニング方法が今日はまずかったのかな」とか「今日はイマイチだったんだ、しっかり追い込めたつもりだったのに」とかってへこむ事もありますが実はそれほど心配はいらないようです。

 

筋肉痛が来なくても実際は筋肉の中では筋肉の合成が行われています。なので筋肉痛が来ないから筋肥大しないという事はないって事。

とはいってもトレーニングの質やモチベーションには大きく関わってくるのでできれば筋肉痛が来てほしいというのが本音ですよね

 

[speech_bubble type="ln" subtype="L1" icon="daikyous.gif" name="未完成な大胸筋さん"]でも、あの時は痛かったな笑[/speech_bubble] [speech_bubble type="ln" subtype="R1" icon="IMG_6349.JPG" name="34歳3児のオヤジ"]あ~、筋肉痛全開の時に息子に大胸筋を思いっきりパンチされた時ね笑[/speech_bubble]

 

筋肉痛が来なくても筋肉内では筋合成がされていますが、時間にすれば筋合成される修復時間は大体トレーニング後から48時間から72時間続くとされています。結構続きますよね

 

筋トレはトレーニング自体はカロリーをあまり消費しませんがトレーニング後48時間から72時間もの間、体を動かなくてもカロリーがドンドン消費されて筋肉の修復を行っています。なので筋トレはダイエットにも最適という事になりますよ。

 

さらに慣れていない特殊なトレーニングをした場合などは筋肉が完全に回復するまで最大で2週間もかかる時がある

 

実際に私も初めてバーベルを担いでスクワットをした時は筋トレ初日から激痛がきて、一週間は筋肉が痛い状態が続きました。

激痛は収まっても実際はまだ筋力は弱い状態がしばらく続くので完全に回復したという時は2週間は筋肉の回復にかかった計算になりますね

 

超回復は嘘!筋肉を大きくするには栄養

筋肉を大きくするには栄養摂取

筋トレをして筋肉痛にならなくても筋肉は使われています

重要なのは筋トレ後の食事です

 

という事で筋トレ後は

  • タンパク質
  • 炭水化物

をしっかり取りましょう

 

[char no="2" char="マルコス"]筋トレ後のゴールデンタイムにタンパク質だけではだめなの[/char]

 

筋トレ後のゴールデンタイムと言われている時期にタンパク質を取るのは正解です

 

が、同時に炭水化物も摂取すると筋肥大が加速します

 

なぜならタンパク質だけだとインスリンが分泌されないからです

 

 

インスリンが無いとタンパク質が筋肉に運ばれないので、傷ついた筋肉の補修に使われません

 

確かに筋トレ後は素早いタンパク質の補給が必要です

 

 

しかしそれはあくまでも応急処置です

 

筋トレをして筋肉を大きくしたいのであれば

 

  • 筋トレ後はタンパク質と炭水化物を摂取する
  • その後はしっかり食事でタンパク質と炭水化物を摂取する

上記の2つを守ることで筋肉は大きくなります

 

筋肉を大きくしたいのであれば食事をしっかりとってから筋肉を休ませることが重要です

ポイント

筋肥大のポイントは筋トレ後の食事に左右される

[char no="1" char="パパ"]筋トレ後は最低でも24時間は多めのカロリーで過ごしましょう[/char]

超回復は嘘のまとめ

超回復は嘘です

 

超回復理論はいろいろありますが、どれも確証がありません

 

超回復ということがあるとすれば、極々わずかな回復が積み重なって目に見えない位の速度で筋肉が修復されている時間の事を超回復といえるのではないでしょうか?

以前から知っていた知識の「筋トレしたから次に回復したときはもっと筋肉がレベルアップしているぜ!」ではなく超回復とは目に見えない極々小さな回復の積み重ねだということになりますね。

 

継続は力なりという格言は筋トレにもぴったり当てはまるという事のようです。

 

小さくても積み重ねないと大きくはならないということを肝に銘じてモチベーションを高く保って今日も筋トレに励んでいきましょう。

[speech_bubble type="ln" subtype="L1" icon="daikyous.gif" name="未完成な大胸筋さん"]継続は力なり!いい言葉だな![/speech_bubble] [speech_bubble type="ln" subtype="R1" icon="IMG_6349.JPG" name="34歳3児のオヤジ"]無理に続けるのではなく、確実に続けるって事ですね[/speech_bubble]

 

今回は以上になります

最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事