腹筋を割るにはスクワットが効果的【なかやまきんに君も言ってた】

 

もし、あなたが腹筋を割るために一生懸命クランチやプランクをしているならこの記事を最後まで読むべき。

なぜなら腹筋を割るには個別の腹筋運動よりもスクワットが1番効率がいいからです。

 

とはいえボクも筋トレを始めた頃は「早く腹筋が割れないかなぁ」とひたすらクランチをしてました。でももちろん全然割れなかったので挫折です笑。

 

しかし、スクワットをやるようになってからはキッツイ、クランチなどの腹筋種目をやらずして自分の腹筋と出会うことが出来ました。

淡い期待で8パックだったりしてと思ったけど普通に6パックでした笑。

 

この記事では、腹筋を割るために最適なスクワットを3つだけ紹介し、効果をあげるポイントも解説します。

さらには腹筋を最速で割る方法もここだけの限定でお伝えしようとおもいます。

 

効率よく、簡単に腹筋を割りたい方はぜひ最後まで読んでくださいね。

腹筋を割るためにスクワットが効果的【なかやまきんに君も言ってた】

 

腹筋をを割るためにスクワットが効果的な理由は主に3つです。

  1. 全身を鍛えられる
  2. 基礎代謝が上がる
  3. 体幹が鍛えられる

スクワットのみで腹筋を割るのは効率が悪いですし、ひたすらプランクやクランチを繰り返すよりはスクワットの方が効率がいいでしょう。

 

YouTubeを見ていたら、ちょうどありました。

Q、腹筋を割るなら効果的な種目はどれ?

1、腹筋

2、スクワット

3、レッグレイズ

A、なかやまきんに君→スクワット!!

正解!!

気になる方はぜひご覧ください、動画の最後の方です。

全身を鍛えられる

 

スクワットは全身を鍛える総合種目でして、腹筋を単体で鍛える運動よりも全体的に効果が高いです。

腹筋運動の代表格である、クランチやプランクをちまちまやるより断然効率がよいと言えるでしょう。

短時間で終わるから継続も可能

腹筋運動を個別で行う場合、ある程度の時間が必要になります。そして何よりもきつい…。

きつい運動は続きませんよね。ボクも経験ありです。

スクワットなら全身鍛鍛える総合種目なので短時間で終わり、結果継続しやすい。

筋トレの効果を得るには何よりも継続が重要です。スクワット、いいですよ。

 

基礎代謝があがる

 

腹筋運動を単体でやったとしても消費されるカロリーはごくわずか。

それに比べて全身運動であるスクワットなら消費されるカロリーも跳ね上がります。

さらに脚の筋肉は全身の約7割もあり、鍛えることで基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすい体に。

ということで、せっせとクランチをやるよりもサクッとスクワットがいいでしょう。

 

体幹が鍛えらる

 

腹筋を割るためにせっせとクランチをしていて、腰を痛めた経験はないですか?

ちなみにボクはデブ時代、クランチをしていたら腰を痛めました。

スクワットは全身運動なので細かな体幹の筋肉が鍛えられます。

姿勢が良くなり、腰痛の改善にも一役かってくれることでしょう。

スクワット、マジハンパない。

 

腹筋を割るためのスクワットは3種類【痩せたい】

腹筋を割るためのスクワット

  1. ノーマルスクワット
  2. ワイドスクワット
  3. ブルガリアンスクワット

自重のスクワットなら上記の3種類で完璧です。

 

この3種類のスクワットでは腹筋以外にも

ノーマルスクワット:全体の引き締め

ワイドスクワット:美脚効果

ブルガリアンスクワット:ヒップアップ効果

が期待できますよ。

自分の目的に合わせてやってみてください。

効果や詳しいやり方を紹介しているので下記の記事をご覧ください。

【痩せたい人向け】効果の高いスクワットは3種類のみ|器具不要です

 

腹筋を割りたいガチ勢向けの種目

自分はもっとストイックに腹筋を割りたいんだというガチ勢はバーベルを担ぎましょう。

効果が跳ね上がりますよ。興味があったらご覧ください。

メンタルを鍛える筋トレは【バーベルスクワット】他の筋トレは無駄

ローバースクワットで担ぐコツを体感した【思っているよりも前傾する】

【腹筋を割るスクワット】効かせる3つのポイント

 

腹筋を割るために抑えておきたいポイントは3つです。

  1. 腹圧を高める
  2. 深くしゃがむ
  3. 背中を丸めない

ただ闇雲にスクワットをしてもいいですが、腹筋に効いていなければ時間の無駄。

ということで、順番に詳しくみていきましょう。

 

腹圧を高める

 

腹筋を割るためのスクワットで重要なのは腹圧です。

しっかり腹圧をかけることで、より深くしゃがむことができます。

腹筋がかかっていないスクワットは、腹筋を割るためではなく、単に脚トレになってしまいがち。(それはそれでいいですが…。)

腹筋を割るため、消費カロリーを上げるためにもしっかりと腹圧をかけるようにしましょう。

すいません、置いてけぼりにしてしまいました…。腹圧に関しては下記の記事でどうぞ。

腹圧とはおなかを膨らませるが正解【腹筋に力を入れるor固めるはNG】

ちなみにお腹を固めるのは腹圧ではないので注意してください。

 

深くしゃがむ

 

腹筋を割るためのスクワットは深くしゃがむと効果的。

さっきの腹圧に関係しているけれども、腹圧をかけると深くまでしゃがむ事が出来ます。

深くしゃがむ際に重要なのは踵重心。

さらに負荷を上げたいなら、とにかくゆっくり行うとより、腹筋も下半身も刺激出来る事でしょう。

筋トレの効果が出ないときに見直すべきポイントは3つだけ【簡単】

 

背中を丸めない

 

腹筋を鍛えるスクワットなら背中を丸めないようにしましょう。

拮抗筋の関係

拮抗筋とは、対になっている筋肉のこと。

腹筋の拮抗筋は背筋で、背中が丸まると腹筋は脱落状態に。

これも腹圧をかけることで全て解決です。

効率よく腹筋を割りたいなら背中を丸めないように、腹圧を高めてスクワットを行いましょう。

 

腹筋を最速で割るならスクワットよりも食事

 

さんざん、腹筋を割るならスクワットと言ってきたけれども、すいません。

最速で腹筋を割るなら食事です。

 

最初から腹筋は割れているから

 

筋肉の構造上、腹筋は最初から割れています。これは赤ちゃんの頃から変わらない。

「え?オレの腹筋は一枚岩なんですけど?」って方は残念ながら見えていないだけです。

 

腹筋割るには体脂肪を減らす

 

繰り返しますが腹筋はもともと割れており、見えていないだけ。

腹筋を割るには脂肪の上からでもわかるくらいに腹筋を分厚くするか、見えるくらいまで脂肪を減らすしかない。

考えるまでもないですが断然脂肪を減らす方が早いです。

腹筋を最速で割るには食事が絶対条件と言えるでしょう。

 

腹筋運動だけで脂肪は減らない

 

腹筋運動だけでは脂肪を減らす効果はないことがマサチューセッツ州の大学の研究でわかった。

If you do many abdominal exercises, will you lose additional body fat in the abdominal region?

In a landmark study by researchers at the University of Massachusetts, it was conclusively shown that sit-up exercise training does not decrease the diameter of abdominal adipose cells, abdominal subcutaneous fat (skinfold thickness) or abdominal circumference (Katch et al., 1984). Therefore, you cannot use ab exercises to selectively lose abdominal fat. Instead, to reduce fat content at a given body site, your total body fat will have to be altered.

マサチューセッツ大学の研究者による画期的な研究では、腹筋運動トレーニングは腹部脂肪細胞の直径、腹部皮下脂肪(皮下脂肪)または腹部周囲を減少させないことが決定的に示されました(Katch et al。、1984) 。したがって、腹筋運動を使用して腹部脂肪を選択的に失うことはできません。代わりに、特定の体の部位の脂肪含有量を減らすには、総体脂肪を変更する必要があります。

https://www.unm.edu/~lkravitz/Article%20folder/abdominal.html

 

つまり、腹筋を割りたいという思いで必死こいてクランチやプランクなどの腹筋運動だけをやっても割れることはないということです。

(どうりで腹筋が割れてこないはずだ。)

 

体脂肪を減らす方法は食事【腹筋はキッチンで作られる】

 

俳優で元ボディビルダーであるアーノルド・シュワルツェネッガー氏で有名な名言が『腹筋はキッチンで作られる』です。

つまり腹筋を割るのは筋トレではなく食事。

割れた腹筋になるべく早く出会うためにも食事制限をしていきましょう。

詳しいやり方はこちらからからどうぞ。※細マッチョになりたい方向けですが痩せますよ。

【料理が苦手でも楽勝】筋トレ効果を上げる1週間の食事レシピ|レンチンメニュー

腹筋を早く割りたいなら有酸素運動も有効【HIIT】

 

腹筋を最速で割るには食事です。

が、脂肪燃焼速度を高めるとより早く、割れた腹筋を手にできることでしょう。

ボクは最近HIITトレーニング取り入れてみました。

 

HIITとは?

簡単にいえば、ダラダラやらずに短時間で高負荷で追い込む有酸素運動です。

ダラダラやらないので、筋肉の減少も最小限に抑えられます。HIITはガッツリ筋トレをして、ダイエットしている方にもおすすめと言えるでしょう。

スクワットと食事、さらにHIITを取り入れると最速で割れた腹筋を手にできますよ。

 

 

スクワットと食事で最速で腹筋こんにちわ

 

ということで、今回は以上です。

バキッと割れた腹筋を目指すならクランチなどの腹筋運動ではなくスクワットが効果的。

 

腹筋は体の中心で目立つので海やプールでは外せないアピールポイントです。

筋肉があっても腹筋が割れていなければ、ただのデブ。

スクワットをして、ぜひとも憧れのシックスパックを手に入れましょう。

 

本日のおさらい

腹筋を個別で鍛えるより、スクワットが効果的

スクワットの種類は3種類

スクワットの効果をあげるには

  1. 腹圧を高める
  2. 深くしゃがむ
  3. 背中を丸めない

 

最速で腹筋を割りたいたら食事制限

 

このサイトではさらに腹筋を分厚くするための腹筋種目を紹介していますので、ぜひこちらとご覧ください。

腹筋の人気記事です。→【簡単】自宅で腹筋をキレイに割る3つの方法【効果◎】腹筋種目9選

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク