筋トレしながらチートデイを取り入れる事が最重要!タイミングや頻度

チートデイはいつやる?タイミングを詳しく知りたいで~す

こんにちはパパです

 

チートデイいつやるんですか?でしたね

 

ぶっちゃけこんな時に取り入れるのもありです

この場合1週間で1キロ以上も体重が減っていますよね

 

チートデイをいつやるのかは

体重が減りすぎている時です

 

「減量してんだから体重減ってる方がよくね?!」

と思われがちですが

あまり早いペースでの減量はよくないです

 

 

なぜなら急激な減量は

脂肪と一緒に筋肉も持っていかれるんですよね

「あー、考えただけでも

めちゃくちゃ恐ろしい」

 

って事で今回は

チートデイはいつやるのさ?という内容と

一般的に言われているチートデイについて

もう少し詳しく説明していきます

 

 

「もう知ってるよ!」

「聞き飽きたっ!」

て方も

もう少しだけお願いますね

 

 

 

 

チートデイを取り入れる健全な体重減少の目安

 

順調に減量が進んでいる時の体重の目安は

1週間に1キロくらい減るのがいいとされています

 

 

なぜならそれ以上に急激な減量だと

脂肪と一緒に筋肉も減ってしまうからですね

 

 

例えば今回の僕の様に

1週間に1.5キロも体重が減っている場合は

カロリーが足りなすぎて減量ペースが速いという事

 

ですので今回僕は

チートデイを取り入れることにしたんですね

 

せっかく苦労して手に入れた筋肉が

減っていくって考えただけでも

吐きそうになるくらい恐ろしいですからね

 

減量真っ最中という方は気をつけてくださいね

 

 

筋トレしながらチートデイは基本的に停滞期

チートデイを取り入れたタイミングは

体重が減り過ぎていたからなんですが

チートデイを取り入れるタイミングとして

一般的に体重が落ちなくなる

停滞期と言われています

 

なぜなら減量中は

体に取り込まれる栄養が少ないので

体が省エネモードになってしまっているわけです

 

この省エネモードの事を

ホメオスタシス(恒常性)と言います

恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す。

要は取り込まれるエネルギーが少ない為に

体が少ないエネルギーで対処しようと

必死になっているという事ですね

 

 

チートデイを取り入れないと基礎代謝が下がる

減量中はエネルギーが少なく

体の代謝も下がる為

思ったように体重が減らずに

減量が進まない場合があります

 

実際、減量中に僕が

「代謝が下がっているなぁ」と感じた事は

  • 基礎体温の低下
  • 汗をかきにくい

などです

 

基礎体温を測る

基礎体温は毎日体温を測ることが重要ですが

毎日決まった時間に図るのは面倒だったり忘れたりします。

 

そんな時は何となくでOKです(おいっ!笑)

 

重要なのは寝起きのタイミングで計る事が重要

  • 決まった場所に体温計を置いておく
  • 数秒で体温が図ることができる

なども有効です

 

汗が出にくくなる

いつもなら筋トレ中

滝のように汗が噴き出る僕ですが

代謝が下がってくると

最初に汗が出てからは止まってしまいますね。

滝のようにも出なくなります

 

他にも

代謝がいい時は寝ている時や

寝起きなんかも体の中からカッカッと燃えるように

暑いのですが

 

代謝が悪くなると寝汗もなくなります

そんな時は「代謝がおちてるなぁ~」と感じ

体温を測るとやはり下がっていたりします

 

参考にしてください

 

 

チートデイで食べるもの

 

チートデイで食べるものは

基本的になんでもいいのです

 

なぜならチートデイは

栄養面も去ることながら

精神面でも重要な役割があるから

 

減量のストレスから解放されるという意味でも

チートデイは割と有効です

 

基本的にチートデイは

  • とにかく好きなものでジャンク
  • 炭水化物のみ多くする

の二つに分かれます

 

チートデイは好きな物でジャンクOK

チートデイはとにかく好きな物を食べたい!

チートデイ位は好きなものを食べさせろ!

という人はジャンクでもなんでも構わず食べましょう

 

僕もたまにジャンクチートデイにしたりします

 

例えばジャンクの定番?カップ焼きそば

もちろん1個じゃ足りないので最低3個は食べます

袋のラーメンも3個は作りますね

 

二郎も初めはビビッて小ラーメンを頼んでいましたが

「大ラーメンも行けんじゃね?」

と思い、挑戦してみたところ

意外にもあっさりいけてしまいますよね

二郎あるあるでした

 

チートデイは炭水化物を多め

チートデイと言えど

あまり脂質を取りたくない人は

炭水化物のみ多めにするチートデイも有効

 

 

普段から質素な食生活をしていると

不思議と脂質があまり欲しくなくなり

「とにかく炭水化物だけメチャクチャ食いたいっ!」

って事もあります

 

そんな時は和菓子やご飯を

大量に心行くまで堪能しましょう

 

大福や餅、卵かけごはんや納豆ごはん

塩辛を乗せたアツアツのご飯も捨てがたいですね

 

考えただけでもヤバい

 

 

チートデイがいらない場合

減量中にふらっとお店に立ち寄ってしまい

「そ、そういえば今日はチートデイにしちゃおっかなぁ」

 

基本的に

  • 食べたいから
  • ご褒美に

これらはダメです

 

なぜダメなのか?は、わかりますよね?

 

なぜなら

減量は計画的に行ってこそ成功するのであり

思いつきでチートデイを取り入れている場合は

ただ辛い減量から逃れる為、誘惑に負けてしまっているから

 

食べるなら増量

食べないのであれば減量

 

しっかりメリハリをもって

行っていきましょう

 

 

チートデイの体重が戻るまで

 

この体重が落ちすぎた週末

僕はチートデイをとりいれ

たらふく焼肉を食べてきましたよ

 

いつもなら捨てるような脂だらけの肉を

メチャクチャ食べました

 

ゴミを喜んで食べてきたと言っても過言ではないよね笑

 

焼肉を食べている最中に

「ゴミうめー」

と言ったら嫁に白い目で見られ

「そんなこと店で言うもんではなくない?」

とお叱りを受けました。

 

気を付けましょう

 

白米も1キロは余裕で食べ

大満足でチートデイを

 

堪能してきました

 

で、翌日は体重が2キロ増えていたのですが

チートデイの体重が戻るまでは

追って報告します

 

 

 

チートデイまとめ

チートデイは体重が減りすぎている場合

特に1週間で1キロ以上減っている場合に取り入れたり

代謝が落ちていると感じた時に取り入れましょう。

 

ただ食べたいからとか

自分へのご褒美には

誘惑に負けただけで減量が進まない原因となります

 

食べてしまい後悔するのは自分ですし

減量期間が延びてしまうだけですので

注意し、上手くチートデイを取り入れて

減量を乗り切りましょう

 

 

今回は以上になります

最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事