webライター2ヶ月で月5万円稼ぐ方法と手順を解説【再現性あり】

 

いい副業がないかとネット検索をしていたらwebライターという仕事を見つけてしまった!調べると、webライターは意外と簡単に始められるらしい。月5万円くらいを稼ぐのはむずかしいのかな?

webライターを始めた2ヶ月目で6万円以上稼ぎました。webライターは誰でも始めることが出来る副業なので完全在宅で稼ぎたい人にとっては最高の副業です。

 

でもいきなり初心者で稼げるの?と思いますよね。安心してください。

この記事の通りに進めると中卒だろうが国語でオール1だろうが確実に稼げます。

 

webライターは名乗ったその日からwebライターとして活動が出来て、記事を書けば書くだけお金になり初心者でも稼げます。完全在宅で対面ストレスもフリー、初心者から始めても独立も夢じゃない。そんな夢のある仕事がwebライターです。

 

この記事では、未経験でも完全在宅で始められるwebライターで「こんな僕でも」月に5万円を稼げた具体的な手順を解説します。

後半ではwebライターとして、月に20万円ほど大きく稼ぐ単価を上げる方法も解説していますのでぜひ。

 

※記事を最後まで読むと、完全在宅副業のwebライターで月に5万円以上稼ぐ具体的な方法がわかります。

 

完全在宅の副業であるwebライターで月に5万円稼げるのでしょうか?

結論をいうと「稼げます」

 

この記事を書いている僕は、初月で3万円ほど稼ぎ、2ヶ月目では6万円以上を稼ぎました。

 

webライターは名乗ったその日からwebライターです

 

すいません、webライターは未経験から始められますが簡単じゃないです。webライター初心者は驚くほど低単価だからです。

実際にほとんどのライティング案件は、文字単価0.5円以下でして、ひどい案件だと文字単価が0,1円などもあります。

3000文字を書いて300円など、悲劇としか言いようがない状況です。

 

webライティング初心者は、3000文字を書くとしても数時間かかります。

ふく丸
実際に僕もライティングを始めたばかりの頃は3000文字で4時間ほどかかりました。

 

時給に換算すると、計算するのが悲しくなるほどの低価格です。ありえないですよね。

 

webライターはやる価値が大あり

とはいえwebライターのスキルは素晴らしいです。

なぜなら、文字を書くライティングスキルはビジネスの本質だからです。

どんな優れた商品を作ったとしても、売るスキルがなければ商品は売れません。つまりライティングスキルをみにつけると、食いっぱぐれる心配がなくなるということ。

 

極端にいえば、20XX年核の炎により世紀末を迎えたしても生き残れます。(たぶん)

ライティングスキルは、webライターを諦めてしまったとしても他の副業で活かせますし、本業でも活かせるはず。

 

webライターで月に5万円は十分可能なので、挑戦する価値はあります。

 

webライターで月に5万円稼ぐ具体的な手順【2ヶ月で6万円以上稼ぎました】

ふく丸
ここからはwebライター初月で3万円、2ヶ月目で5万円以上を稼いだ方法です

 

以下の簡単な方法を継続しただけなので再現性はわりと高めです。

月5万円稼ぐ具体的な手順
  1. クラウドソーシングに登録する
  2. プロフィールを整える
  3. 仕事を提案しまくる
  4. 提案文をしっかり書く
  5. テストライティングを受ける
  6. 案件を受注する
  7. 納品して完了

詳しくみていきます。

1:クラウドソーシングに登録する

 

とりあえずクラウドソーシングに登録しましょう。

もちろん直接メディアに営業をかけてもいいですが、初心者がいきなり記事を書かせてくださいといっても契約をしてもらえませんよね。

 

クラウドソーシングとは、仕事をしてもらいたい人と、仕事をしたい人をつないでくれるサイトです。仕事をして報酬が発生したら手数料が引かれるシステム。

ランサーズやクラウドワークスあたりが有名ですよね。

ちなみに僕はランサーズ一択。気になった方は登録を済ませておきましょう。

 

簡単にできて登録は無料です。

クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

クラウドワークス

 

2:プロフィールを整える

 

クラウドソーシングに登録したらプロフィールを整えましょう。

ネットとはいえ、実在している人とのやりとりです。素性が不明で、誰かも分からない人に仕事を任せたくはないですよね。

 

最低限のプロフィールを整えましょう。

顔を見せたくないという人はアイコンなどでも OK 。自分という人物が現実に存在していて「安心して仕事をまかせられますよ」アピールをしましょう。

 

3:仕事を提案しまくる

 

プロフィールをしっかり整えたら仕事を提案しましょう。

ジャンルを問わずにひたすら提案することがコツです。

僕は筋トレが得意というか、人生そのものなので積極的に筋トレジャンルを狙いました。

 

とはいえ、文字単価が低すぎる案件は消耗戦になるので避けた方が無難。

クラウドソーシングには以下があります。

  • タスク案件
  • プロジェクト案件

 

タスク案件を簡単にいえば、メチャ敷居が低いお仕事です。誰でも簡単にこなせまる仕事は単価も安くなりがちです。

全く実績のない人はタスク案件でもいいですが、なるべく避けて最低でも0.5年円以上のプロジェクト案件に提案をしましょう。

 

たまに「未経験なので仕事が受注できない」と嘆いている人がいますが、提案数が足りていません。

1日数件程度の提案では仕事の受注はできませんので下手な鉄砲なんとか方式で数をうちまくりましょう。

 

4:提案文をしっかり書く

 

1日20件以上の提案をしても仕事が取れない人は、提案文が整っていない可能性があります。

提案文は「自分はこの仕事ができます。仕事がしたいです」とアピールする場所。

仕事を任せられるのかをクライアントにアピールしましょう。

 

たまにコピペで十分という人もいますが、自分がコピペされた文章を送られたらどんな気持ちになるかを想像してくださいね。

ふく丸
参考までにぼくのランサーズプロフィールを貼っておきます。参考にどうぞ。https://www.lancers.jp/profile/silverk?ref=side_menu

 

5:テストライティングを受ける

 

1日20件とか、提案文をしっかり書くといくつかのクライアントから、テストライティングの案件を獲得できます。

テストライティングはクライアントによって内容が違います。

  • キーワードの構成のみ
  • 2000文字程度のライティング
  • 既存記事のリライトのブラッシュアップ

テストライティングの納品方法もクライアントによって違います。

コミュニケーション能力も見られていますので、もし分からなければ作業前に質問をしてくださいね。

注!テストライティングで得た評価もしっかりと反映されますので、コミュニケーション・テストライティングをしっかりとこなして低評価がつかないようにしましょう 。

ふく丸
仕事をスムーズに獲得したり、認定ランサーを目指したりするために高評価が大事です。

 

6:案件を受注する

 

テストライティングに受かりましたら、ひたすら記事を書きまくり納品します。

納期ギリギリではなく、前倒しで納品することでクライアントの評価も上がり、追加の発注依頼をもらえることも多いです。「この人ライターさんはしっかり作業してくれて、記事も高品質だ」と思ってもらえると、文字単価が上がったり交渉できたりします。

案件を受注して記事を仕上げたら前倒しで納品しましょう。

記事を書いたらしっかりと校正しましょう。

 

誤字脱字は編集者の負担になりますし、あまりに多い言い間違いなどは悪い印象を与えます。

記事が書き終わったから終了ではなく。しっかりと確認をしましょう。

 

自分の文章は見落とすのでツールを活用する

Wordで記事を書いている場合、校正ツールが入っているのである程度の言い間違いや誤字脱字を指摘してもらえます。とはいえ、最終チェックは自分でしなければいけません。

そこでツールの出番です。

文賢は誤字脱字はもちろん、自分では思いつかないような表現もしてくれます。第三者目線でアドバイスをしてくれるのもおすすめ出来るポイントと言えるでしょう。

あなたの文章をもっと読みやすく。文章作成アドバイスツール【文賢】

月2,000円で編集者に指摘をされるというストレスから開放されます。買わない手はないですね。

 

7:納品して完了

 

記事を書いたら納品方法を確認して納品しましょう。

納品するとクライアントによっては修正依頼などがありますが、その都度対応してクライアントが満足する記事を作り上げます。

 

ちなみに「修正が面倒だ」とか、「書いた記事にケチをつけられた!」などと思った人はwebライターに向いていないかもです。

 

以上が Web ライター未経験者でも月に5万円稼ぐ方法です。意外とやることは単純ですよね。

 

とはいえ僕もwebライターとして踏み出すまではビビってしまい、時間がかかりました。

最初が難しいだけでして、漕ぎ出してしまえば割とスムーズに進み、後はひたすら継続して案件をこなすだけで月に5万円の壁を突破できます。

 

案件を受注してもらうには何よりも信頼が大事ですので、信頼されるwebライターを目指して記事と経験を貯めていきましょう。 

 

webライターで月20万円稼ぐ方法【単価を上げる】

 

ここからは、webライターとして大きく稼いでいく方法、つまり単価を上げる方法を解説していきます。

そのためには、自分はいくら稼ぎたいのかを明確にする必要があります。

月に10万円稼ぎたい人の場合

・平日の稼働時間は2時間で週末は8時間=20時間=1ヶ月の稼働時間は約80時間

・10万円÷80時間=1時時間で1250円

月の稼働時間が80時間あり10万円稼ぎたい人は「1時間で1250円」を稼げれば目標を達成できるということ。

 

時給をあげるには、文字を早く書けるようになったり、専門性を身につけたりする以外にも方法があります。

  • 検索力を上げる
  • 伝えたい人を明確にする
  • 読まれる文章を書く
  • 毎月20記事以上を書く
  • 書くジャンルを絞る

具体的に解説していきます。

 

リサーチ力を上げる【検索力】

 

検索力という言葉を知っていますか?

IT業界には、複数のキーワードを組み合わせて情報収集をする検索力という言葉が存在します。

検索力を簡単にいえば、ググる。簡単かつシンプルですが、検索力が低いとネットに落ちている情報をうまくリサーチできません。

 

記事を早く、正確に書くには自分の欲しい情報を効率よく探すスキルが必要。

検索力をあげて的確な情報をまとめると、読者にとって有益な記事になり、webライターとしての単価も上がります。

必要な情報を取りこぼさないように書きつつ、有益な記事に仕上げたいですね。

 

誰に伝えるのかを明確にする

 

webライターとして月に20万円以上を稼ぐべく、単価を上げるには誰に何を伝えるのかといったターゲットを読み取るスキルが重要。

誰に書いているのかがわからない記事は読まれませし、読まれない記事は、検索上位にあがらないので売れないです。

読まれない記事を書いているライターは、評価されないので単価も上がりませんよね。

僕も記事を書く前のペルソナ設定にはライティングよりも時間をかけています。というよりも、しっかりと考えると自然と時間がかかってしまいますし。

記事を書くときは誰に何を書くのか読者の悩みを明確にしましょう。

ふく丸
とはいえ。3年ほどはペルソナ?なにそれ?関係ないよね?という感じでした。当然ですが上位表示されることはなかったです。

 

読まれる文章を書く

 

なぜなら、読みにくい文章はすぐに離脱されてしまうから。

初心者の頃は文字数を稼ぐためにだらだらと書いてしまいがち。偉そうに語ってますが、僕もそんな感じでした。

「そんな姑息な手段は使っていません」という人でも、実は自分が気づいていないだけ。結果的にだらだらとなっていて、分かる人が見ると一発です。

わかりにくい文章は以下です。

  • ですます調が連続している
  • 同じ表現&言葉を変えただけ
  • 1文で多くのことを伝えすぎている

 

動画の普及により文字媒体は読まれにくくなっています。読者が情報を選べるので、読みにくい文章はすぐに離脱されるでしょう。

 

毎月20記事以上は書く

 

結論からいえば、記事を書きまくって品質と信頼をあげて単価をあげてもらおうということです。

クライアントさんは多くのライターを抱えている場合がほとんど。誰でもできることはあなたではなくてもできちゃいますので、多くのライターの中で特別な存在になりましょう。

信頼が蓄積すればクライアントさんにとってあなたは「必要なライター」になります。

必要なライターは単価の交渉が通りやすいですので、多くの記事を書いて信頼をためて単価をあげていきましょう。あとは繰り返すだけでOKです。

 

書くジャンルを絞る

 

webライターで20万円を稼ぐには作業量だけでは勝負になりません。書くジャンルを絞り、専門性をあげましょう。

ある程度webライターのお仕事をしていると、単価の高いジャンルが存在していることに気がつくはず。

たとえば金融系だったり、不動産系だったりで、お金の流れてくる業界は予算も多いので、記事単価も高めです。

 

何者かになろう

 

「そんな専門性なんてないよ」という人は何者かになりましょう。

社会人の1日の平均勉強時間は6分と言われていますから、身に付けたいジャンルの本を10冊ほど読むだけで「何者か」になれます。割と簡単な世界ですよね。

本を読む時間がない人は、YouTubeを活用すれば効率よく学習が可能。時間を有効に使えます。

検索をすると本の要約動画が多くアップされていますよ。

書くジャンルを絞り専門性をみにつけるとwebライターとして明るい将来が待っています。

 

完全在宅でも月に5万円は稼げます

 

webライターは敷居が低く簡単に始められますが、それ故に簡単には稼げません。

しかし今回の記事を参考にすることで、月に5万円くらいは稼げます。月に5万円の収入が増えると将来も明るく、気持ちも穏やかに。

とはいえ、webライターに限らずお金を稼ぐことは簡単ではないので、ある程度の覚悟をしつつ、継続していくことが大事です。

 

webライターとして在宅で稼げるようになると、選択肢も多くなるので世界が広がりますよ。ぜひ行動していきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク