卵は1日何個までOK?【筋トレ歴6年で毎日4個食べ続けた結果が驚き】

ダイエッター
卵でタンパク質を補給しようと思うけど脂質やコレステロールが気になる、何個までなら大丈夫なのかな?
こんな悩みを解決します。

 

筋トレ歴6年で毎日卵を4個食べてきたけど、ダイエットでは普通に痩せました。バルクアップでは筋肉がモリモリ。そして健康上の問題も一切なしです。

強いていうなら、問題があるのは筋肉増加にともなう体重増加のBMI値だけ。BMI値って関係なさすぎてマジうざい笑。

卵の脂質やコレステロール値など気になるところをズバッと回答していきます。

記事の後半では「おすすめの食べ方」や、ボクが筋トレをしてきた経験談からバッチリなタイミングも紹介します。

3分で読了。最後まで読み、コスパ最強の卵で理想の体を作り上げていきましょう。

【何個?】筋トレ歴6年で毎日4個の卵=痩せたし筋肉も増えた

 

タイトルのとおりです。

筋トレ歴6年。

ダイエット中でも毎日卵を4個食べていても痩せましたし、バルクアップ中なら筋肉量が増えました。

筋トレ民に卵がおすすめな理由【ありすぎ】

 

筋トレをしている方、全てに食べて欲しい食品それが卵です。

卵のメリットが多すぎてヤバイくらいの完全栄養食。

卵のやばい伝説

  • タンパク質と良質な脂質
  • ビタミンミネラルを補給
  • 手軽で持ち運びが可能
  • 紹介吸収がよく保存可能

 

卵には食物繊維が含まれていないだけでして、それを除けば卵だけで摂るべき栄養が補給できます。

です。

 

卵はアミノ酸スコア100

卵はアミノ酸スコア100です。

アミノ酸スコアとは?

アミノ酸スコアは、食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための数値である。特定の食品に対し、窒素1gあたりに占める必須アミノ酸が基準値と比較してどれだけ含有されているかを評価するものである。

必須アミノ酸は9種類が全て揃って始めて効果を発揮すると言われてます。
卵のアミノ酸スコアは100。卵には9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
筋肥大には最高のアミノ酸と言えるでしょう。

代表的なアミノ酸スコア

食品スコア食品スコア
豚肉(ロース)100精白米61
あじ(生)100じゃがいも73
鶏卵100キャベツ53
牛乳100トマト51
大豆100りんご56

https://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry37/から引用

参考までに他の食材のアミノ酸スコアを掲載しておきます。

参考にしてください。

 

筋トレ民気になる卵への疑問【脂質、コレステロール】

 

を食べるにあたって気になるのは脂質とコレステロールです。

結論からいえば問題ないですよ。

卵には脂質が多いのでは?

 

下記が結論です。

 

脂質が多そう=他の食材の脂質を減らせばよい

こちらのサイトでお世話になっているカロリーSlismによると、卵の黄身の脂質は約6gと若干高めです。1日に卵を4個食べるとなると24gの脂質を摂ることになるでしょう。

とはいえ、大事ダイエットで大事なのは1日のトータルカロリー。他の食材で調整すればいいだけの話です。

卵の脂質は悪い脂質ではないし、良質な脂質。どうせ摂るならアミノ酸スコア100で良質な資質の卵からどうぞ、という感じです。

コレステロール値が高いのでは?

 

関係なくなったようです。

2010年版では、コレステロールの目標量は、成人男性は1日750mg未満、成人女性は1日600mg未満だった。しかし、2015年版では、コレステロールの摂取基準(目標量)がなくなった。

「コレステロールは体内で合成できる脂質で、食事で摂取するコレステロールの影響は少ないということが分かってきたのです。摂取目標量を決める科学的根拠が少ないため、最新版の食事摂取基準では、コレステロールの目標量がなくなりました」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授の上西一弘氏)

 

昔は騒がれていましたよね、コレステロールが高いので卵は1日1個までとか。

いまだに田舎の実家に帰省すると、お母ちゃんに「卵食べすぎるなよ」と言われたりします。

 

卵よりもコレステロール値が高い食品の方が多い説

そんな卵のコレステロールを気にするよりももっと深刻な食材は下記。

コレステロールを多く含む食品(mg)
卵黄1個(16g)224
全卵1個(50g)210

フォアグラ1切れ(60g)390
鶏レバー焼きとり2本(60g)222
豚レバー80g200
牛レバー80g192
若鶏手羽肉80g96

うなぎの蒲焼き1串(100g)230
するめいか刺し身1皿(60g)162
子持ちかれい1切れ(110g)132
シシャモ(生干し)3尾(50g)115
大正えび3尾(60g)96
まだこ(ゆで)刺し身1皿(60g)90
すじこ1口大(25g)128
たらこ1/2本(25g)88

『栄養素の通になる』(女子栄養大学出版部)https://style.nikkei.com/article/DGXZZO07766690Z20C16A9000000/より引用

 

上記によれば、卵のコレステロールなんてあってないようなものです。

完全栄養食である卵のコレステロールよりも、他の食材で気をつければ健康被害もないと言えるでしょう。

実際にボクの健康診断は毎年、問題無しです。38歳ですが健康そのものです。卵マジすごい。

安すぎる卵の秘密【生産者の努力】

 

卵って異様に安いですよね。「安かろう悪かろうなのでは?」と気になって調べました。

JA全農によると平飼いは健康状態や品質の何の優位性もなくコストが高くなるだけとしています。狭いケージで大量に飼うことで生産効率を上げています。

平飼い養鶏家では平飼いは鶏が健康になり良い卵を生むことができるとしています。ちなみにスイスでは動物愛護法でケージ飼いが禁止されています。 世界でもそういう動きが強まっています。

 

卵が安い秘密は、生産効率を高めているからです。生産者には感謝しかないですね。

 

とはいえ抗生物質が使用されている

使っているか否かといえば使っています。

ただし、飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令により、産卵鶏に使えるのは10週目までで、それ以降(産卵中)は使用できません。

飼料安全法(飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律)では残留農薬、重金属、カビ毒、メラミンなどについて規定があり、農林水産大臣が指定する飼料添加物 に限り、抗生物質や合成抗菌剤、などは使用できる。

やはり安い卵には、基準範囲とはいえ抗生物質などが使われているようです。

ということでいつもの卵より高いと言っても数倍になるわけじゃいなので、ボクは安心安全なおうちコープの卵にしました。

安心できてちょっと高級な感じがしておすすめ。

とはいえぶっちゃけ、味はあまり関係なく(ただ単に味音痴なだけ)安心を買っていると思えば安いです。

朝から卵一つで幸福度があがるなら最高ですよ。農家さんと鶏への感謝を込めて。

おうちコープ資料請求【今なら6品無料】

筋トレダイエッターにおすすめの食べ方【ゆで卵】

 

目玉焼き?ゆで卵?おすすめの調理法を紹介します。

結論:おすすめの食べ方はゆで卵です。

おすすめは半熟ゆで卵

 

ゆで卵にするとビタミンHである「ビオチン」が取れます。

ダイエットには直接関係ないですが、髪の毛を作る成分でして育毛効果が高いので地味に嬉しい。

 

ゆで卵にすると腹持ちがいい

ゆで卵にすることで、生卵よりも吸収速度がゆっくりなので腹持ちが良くなります。ダイエット中なら最高に嬉しいですよね。

さらに、ゆで卵は何よりも安全です。

火を通しているので菌が心配だったり、賞味期限が近かったりしても安心と言えるでしょう。

ということで、ゆで卵のことならこの人に聞けということでなかやまきんに君に美味しいゆで卵の作り方を学びましょう。

 

卵を食べるタイミング【ボクは朝派】

 

卵を食べるタイミングについてですが、ボクは朝です。

1日の始まりである朝に完全栄養食である卵は最強。ダイエット中なら消費カロリーのアップに、バルクアップ中なら筋肉の合成に大きく貢献してくれることでしょう。

筋トレ前の栄養補給としても優れています。

先程紹介した「なかやまきんに君」は筋トレ前の栄養補給として、消化吸収のよいゆで卵を食べているようですよ。

ということでおすすめのタイミングは朝と筋トレ前です。ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ:卵何個は気にしなくて大丈夫です

ということでまとめます。

卵は完全栄養食。

 

  • 安くて手軽
  • 良質な脂質
  • 良質なタンパク質
  • 調理が簡単で保存可能
  • 持ち運べる完全栄養食

それが卵です。

 

最新の研究結果では、コレステロール値は健康にあまり関係ないので気にしないでOK。

とはいえダイエット中なら脂質が気になるので、1日の総摂取カロリーで調整していきましょう。

 

安すぎる卵はちょっと不安要素があるので、卵は安い方がいいに決まっているという方以外はこちらがおすすめ。これによってボクは朝から卵でテンションMAX。安心と幸福感を買っていると思えばコスパ最強ですよ。

資料請求【いまならお試し6品無料】

ということで毎日卵を食べて、健康的にボディメイクをしていきましょう。今日もレッツ筋トレ♪( ´▽`)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事