アシストチンニングマシン 使い方

アシストチンニングマシン 使い方【初心者でも背中全体を効果的に鍛える方法】

 

アシストチンニングマシンというものがあるのは知っていましたが、結果的に一人でも確実に限界まで追い込むことができました。

もちろん補助をしてくれるマシンなの筋トレ種目の順番などによってはかなり背中全体に効かせることができますし、もしかしたらコレ一台で背中のトレーニングが済んでしまうかも

ということで

 

最近の筋トレ風景とつまらない筋況報告もかねてお伝えします。

 

 

今日もいつもと違うジムにGO

このジムって店舗によって置いてあるマシンが違うので楽しいんですよ。

このジムね、このジム24時間年中無休ジム【エニタイムフィットネスクラブ】

 

で、この店舗には今までやったことがない!噂では聞いたことのある

広背筋にビンビンに効くマシンがあったんですよ!!

 

アシストチンニングマシン 使い方

 

懸垂って広背筋が元気100%の時でも10回くらいで

「もう無理~」ってなるのであまりやったことないんですよね

で、噂じゃアシストしてくれる懸垂マシンがあることは知っていた

だけど恥ずかしながら見た事も、もちろん触った事もなかったんだけど

とうとう見つけました。アシスト・チン

ということで早速やってみました

お~ぉ!これはいい!いいですよ

広背筋がベントオーバーロウとハーフデットリフトでクタクタな状態なのに

アシストのおかげでサクサクできる。しかも微妙に効いている!

ベンチプレスで言ったら

もうとっくに限界なのに支えてもらっている人にほとんど挙げてもらっているような感じ笑

なので限界の限界まで追い込めた感で最高の背中のトレーニングの日にナリマシタ。

このアシスト・チンで最初からチンニングだけで広背筋を鍛えるってのも結構ありかもって思いましたね

最初はアシストなしでやってきつくなったら軽いアシストを入れる。それでどんどんセットを重ねていけばかなり広背筋を鍛える事ができますよね。

早速今度試してみよっ

 

ベントオーバーロウ

 

ラックが空いていたので当然この種目から

ベントオーバーロウのコツはしっかり骨盤を前傾させることですね。いわゆる出尻

そしてしっかり前傾して広背筋を目一杯収縮させるのを意識して行う。です

 

まずはアップとフォームの確認をかねてバーでしっかり10回

 

次は20キロプレートを装着して60キロでこれまたしっかり10回

次は100キロで10回

フォームも崩れずに10回できたので重量をさらに上げて120キロ

 

120キロでは最後の方でフォームがくずれたので8回で1セット目を終了

ベントオーバーロウはフォームが崩れてうまく引けなくなったら終了としておりますね。わたし場合

 

次のセットも120キロで行って8回。次のセットは120キロで行ったけどさすがに7回で終了でしたね

 

最後は少し軽い重量の100キロで15回をめざしたけど結果は11回

次は10回をヒイヒイ言いながら行って広背筋の種目であるベントオーバーロウを終了しました

 

 

 

 

 

 

ハーフデットリフト

 

 

次はラックをそのまま使ってデットリフトを行いました。

前回は床から引いたので今回は広背筋をメインでハーフデットリフトにしましたよ。この辺は自分でなんとなく決めていますね、先週は床から思いっきり引いたから今週は軽めにハーフ。って感じで

 

体はだいぶ温まっているので

アップは無しで100キロからやってみる

 

膝下までゆっくりバーを下ろして広背筋をしっかり効かせるイメージで行う

デットリフトはあまり広背筋に効く感じを得られないけど

腕をただ、だら~~んとして引くのではなく少し膝の方にひきつけるようにすれば広背筋に結構入りますよ

デットリフトをやって広背筋に効かないって人は是非やってみてくださいね

 

 

ハーフデットリフトは結局

100キロで8回で様子見

110キロで8回で限界?

次は110キロでまたもや8回

8回できているので110キロで4セット目をやったらなんと8回できちゃった

全然重量選択まちがってたやん

 

で、最後に120キロにしようか迷ったけど今更重量を上げても仕方ないって事で

ハーフデットリフトは終了。

 

でも、なんだか物足りなかったのであの種目を試してみたんだよね

 

 

やってみたらわかる、ってか動画見ただけできつそうってのがわかるので

是非試して下ください。ヤバいんで

 

 

シュラッグ

 

 

次はシュラッグ

100キロで10回

110キロで10回

120キロで9回、次も9回

最後はなぜか11回できた。なんで?っていう話ですね。インターバルが長すぎたのかな~

つぎは重量を下げて100キロで15回

最後は100キロで14回行ってシュラッグは終了っす

 

 

リア・デルトイド

 

このマシンは大胸筋ではフライができ、

反対に座ると背中の上部と肩の後ろに効かせることができる

 

実はこのマシン、使った事がなかったんだけどなかなかいいっすわ

リアにガッツリ効いた感じを味わうことができた。

後ろの肩って中々ガッツリ効かせる事が難しい。こんな時はマシンが有効

狙った部位にしっかり効かせるには最高ですね。マシンって

回数は低重量で15回で限界にセットして行いまして

全部で4セットおこなってこの種目は終了

 

 

背中の筋トレに必須なアイテム

 背中を鍛えるにはサポートグッズが必須です

なぜなら背中の筋肉が大きいのに対し、背中を鍛えるときに使う筋肉、例えば握力だったり前腕だったりは小さい為、背中を追い込む前に疲労してしまい、結果的に背中を追い込めなくなります

よく

「初心者だからまだグッズは早いよ」

と、遠慮している人がいますがそんな事は全然なく、むしろ初心者の時ほど使う価値があります。

まだ使っていないという人は是非使ってみてくださいね

筋トレ初心者が最低限用意した方がいいアイテム5

 

今日の筋トレまとめ

今日の背中の筋トレは最初の種目のベントオーバーロウとハーフデットリフトでつまずいてイマイチだったけど

後半のマシンでガッツリ効かせることができました。もう僧帽筋上部から広背筋までパンパン状態っすよ

毎回この位効かせることができれば厚くデカイ背中も夢じゃないのでガンガントレーニングしていきますよ。

次の背中のトレーニングまた来週の筋曜日

 

 

ではまた

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事