家トレ専門者がおすすめのEZバー3種類を比較|自宅で高重量の腕トレ

 

ジムで悩んでいる人
自宅で腕トレをしたい!EZバー買おうかな、、、おすすめはないかな~

 

こんな悩みを解決します

ジムのストレートバーやバーベルで「バーベルカール」や「トライセプス・エクステンション」をやると手首がめちゃ痛くないですか?

というわけで、自宅でも高重量で腕トレをしたいのでEZバーを買っちゃいました。

筋トレ器具ってバカ高い値段をイメージしますが、実際のところは全然違いまして、ぶっちゃけ、コスパ良すぎです。

ちなみにEZバーだと5000円もあれば高品質な器具を購入できます。

この記事では、大手ネットショップで買えるEZバーを3種類比較し、実際に使ってみたレビューと、商品の品質や梱包状況など、使っている人しかわからない事を詳しくお伝えします。

 

記事を参考にすれば、あなたも「自宅でぶっとい腕」を作ることができるようになります。

本記事の内容
EZバーを3種類比較
購入したEZバーの品質
EZバーと合わせて買いたい
EZバーの筋トレメニュー
本記事の信頼性
筋トレ歴4年
ホームジム開設
自宅で毎日筋トレ中

キンパパ
EZバーがあると筋トレの幅も広がります

おすすめのEZバー3種類を比較

 

大手のネットショップで購入できる3社のEZバーを比較してみました。

 

iROTECTOP FILMFIELDOOR
値段(Amazon調べ時)4950円3980円4080円
サイズ全長120㎝120㎝120㎝
シャフト径28㎜25㎜28㎜
重さ6㎏4㎏5.5㎏

 

僕はアイロテックを選びました【理由】

 

という事で、僕はアイロテックを選びました。

理由は以下のとおりです。

  1. 自宅筋トレで有名
  2. プレートの互換性
  3. シャフトの重さが6キロ
  4. シャフトの先端がグルグルしていない

なんだかんだでアイロテックは有名なので安心できますし、なによりもEZバーの重さが6㎏というのがいいです。

4㎏だと軽すぎますし、5.5㎏だと計算が面倒です。(馬鹿がバレますね)

 

先端がグルグルしていないのが地味によい

他にも上げるとすれば先端のグルグル

「TOP FILM」も「FIELDOOR」のEZバーもプレートを装着する先端がグルグルになっています。

具体的に言えば、プレートの留め具が「ねじ込み式」なんですよね。地味にめんどくさすぎです。

 

アイロテックのEZバーはねじ込み式ではないので「スッと」プレートの交換ができます。

まぁ、一番の理由がプレートの互換性ですね。

実は既にアイロテックのダンベルがあるので、同じアイロテックだとプレートも使い回しができると思ったのが決め手です。

 

EZバーの品質【アイロテックの梱包状態】

 

品質面でも梱包面でも問題はありませんでした。

安心して購入できますよ。

 

僕も、到着して使用するまでは不安でしたよ。

EZバーを自宅で使うとは思ってもいませんでしたから。

 

梱包状態

 

上の写真の下に映っている「筒状」の箱に入って到着します。

アイロテックのEZバーの重量は6㎏なので、重くもないですし家族のほとんどの人が受けとりが可能です。

安心ですね

アイロテックの品質

 

品質も特に問題はありません。

写真の様にプレートを付けてぶんぶん振り回して「EZバーカール」をしても緩むこともないです

EZバーとあわせて買いたい【おすすめはカラー】

 

EZバーを買うなら「あったほうがいい器具」を紹介します

  1. プレート
  2. カラー(留め具)
  3. ベンチ

 

プレート

 

プレートがないと始まりません。

単品でプレートのみを購入をしてもいいのですが、僕はダンベルを購入しました。

片側30㎏で、合計60㎏のプレートがあれば腕トレは十分ですし、上半身だけなら数年は満足できる筋トレが「自宅でも」できます。

カラー(留め具)

 

アイロテックのEZバーを購入すると、専用のカラーが付属していますが、回して止めるカラーです

メチャくそめんどいので、カラーを購入しましょう

実際に見るとメチャ小さいです

 

ジムにあるカラーを想像しますが、自宅用のカラーは小さいです。

ちいさなお子さんがいる家庭では気をつけましょう。

ちなみに我が家では到着して半日で、1個のカラーの行方が分からなくなりました。

ベンチ

 

ベンチがあれば筋トレの幅が広がります。

とはいえ、必須ではないのでとりあえずEZバーを購入してみて「ものたりないな」と感じたら購入するのもいいかもしれません。

自宅で今すぐできる【ベンチ代用品】なくてもできる最強の種目3選

EZバーでのおすすめ筋トレメニュー

EZバーの筋トレメニュー

 

EZバーで出来る代表的な筋トレ種目を上げておきます。

EZバーの本来の使い方ではない種目もあるので自己判断でお願いしますね。

 

EZバーカール

 

高重量で腕トレをするならEZバーカールです、鉄板ですね。

 

 

トライセプスエクステンション

 

手っ取り早く腕を太くしたいのであれば、三頭筋を鍛えましょう。

高重量のトライセプスエクステンションがおすすめ。

 

ちなみに、「ぶっとい腕」が欲しい人はこちらもご覧ください。

腕を太くしたい人が自宅で行うメニュー|腕の構造から詳しく解説

ベントオーバーロウ

 

EZバーがあると、背中の広背筋を鍛える「ベントオーバーロウ」ができたりもします。

ジムでの本格的な「ベントオーバーロウ」とは違いますが、低重量ならEZバーでも「ベントオーバーロウ」ができますよ。

筋トレ初心者さんは、低重量で「広背筋の筋肉を意識」できるのでおすすめ。

 

 

バーベルシュラッグ

 

バーベルシュラッグは主に「僧帽筋の上部」を鍛える事ができます。

もちろん、EZバーでもできますのでやってみてください。

 

バーベルスクワット

 

本格的な「筋肥大目的」でのバーベルスクワットは無理ですが、「健康目的」ならEZバーでもバーベルスクワットができます。

 

 

片側30㎏のプレートを両方に装着し、シャフトとカラーの重量を合わせると「67㎏」になります。

筋トレ初心者さんや、健康目的の下半身強化であれば十分ですよね。

ちなみにバーベルほど安定性はないので、安全に十分配慮したうえで自己責任でお願いします。

自宅に購入するおすすめのEZバーはアイロテックで決まり

 

以上でまとめます。

 

EZバーは、高重量のトレーニングを自宅でもできちゃうコスパがイイ筋トレ器具です。

  • 手首が痛い
  • 自宅で高重量で腕トレがしたい
  • 自宅での筋トレを充実させたい

という人は、今回の記事を参考にしてくださいね。

今回は以上になります。

繰り返しになりますが、EZバーはアイロテックに決まりです。

在宅需要によって品薄になっていますので買うならお早めに、いますぐポチりましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事